まんぷく (第145回・2019/3/23) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第25週『できました!萬平さん!』の 『第145回』の感想。


 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


「まんぷくヌードル」容器に麺を入れる方法で悩む萬平さんはある晩、不思議な夢を見ます。寝ていると、部屋全体が回り始め、天井が下に、床が上になって逆転。そして次の瞬間、萬平さんは“真下の天井”に落ちてしまうのです。驚いて目覚める萬平さん。叫び声で福ちゃんもビックリ。でも奇妙な夢がヒントになって、萬平さんは「麺を容器へうまく投入する方法」をおもいつき…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ脚本家と演出家は、アバンの福子を驚かせたの?

いよいよ残り7回だから、「いいとこどりの感想を書きたい」と思って観始めた第145回だが、アバンタイトルから望みは絶たれた。夢から閃いた萬平の姿を見た福子が、驚いた様子でこんな台詞を言うから、怒るどころか悲しくさえなってくる…

福子「どうして 思いついたのですか。萬平さん 凄い!」

なぜ、脚本家と演出家は福子に驚かせたのだろう? だって、きっかけが何であろうと萬平はこれまでずっと「閃きの人生」であり、それは福子も重々承知のはず。だから、これまでも何の根拠もないのに「萬平教の狂信者」だったのでは? だからここは、「流石 萬平さん!」で良かったのだ。

脚本と演出が演技力を無視し "浪花のオバチャン像" を創出!?

こう言う表現を見ていると、基本型に俳優の演技は言及しない私の立場でも一言言いたくなる。今作の脚本家と演出家は、演者の演技力を無視して勝手な “浪花のオバチャン像” を創出しようとしている節がある。

そう考えてしまうのは、例えば、今回のアバンタイトルでの “萬平に対して上から目線の偉そうな福子” なんて典型的だ。本来なら、あそこまでやる必要はないし、そもそも “上から目線” に見えないはずなのに、あの誤った計算による演技指導と演技が、視聴者に “偉そう” に見せ、イラッとさせるのだ。

一例を挙げるならば、先日最終回を迎えた “浪花のオバチャン” が登場するドラマ『後妻業』の主演女優も関西弁に苦戦しながらも、元気で親しみやすい “浪花のオバチャン” を演じている。あれが、脚本に対して適切な演技指導と演技だと思う。

カップのデザインも、忠彦と名木の師弟関係を丁寧に描けば…

カップのデザインのくだりも、一工夫あっても良かったと思う。単純に忠彦と名木の二人だけの関係で処理せずに、家族の一員として萬平や真一に師匠としての忠彦の「弟子を試してみたい」や「弟子の力量を試す機会にしたい」と言う気持ちを伝えるようなくだりにしたらどうだっただろう?

そうすれば、忠彦と名木の “師弟関係の集大成” 的なエピソードに仕上げたら、これまでの大量の無駄話も、少しはマシなネタ振りに見えたかも?

なぜ、鈴の退院に迎えに行ったのを "幸だけ" にしたの?

さて、そんな事より不思議であり残念だったのが、退院する鈴を幸しか迎えに行かなかったことだ。

福子も克子も専業主婦なのだし、萬平や真一、忠彦だって比較的時間が自由な立場なのだから、これまで散々無駄話にしか見えない見舞いシーンを入れたのだから、ここでこそ病院に家族で押し寄せて主治医や看護師らに明るくお礼を言い、楽しい退院に仕上げたら良かったと思う。

鈴の退院に付き添わない福子は、冷淡で偉そうな娘にしか…

それを、来週の死なないのが見え見えの “死亡フラグ” のために、わざわざ鈴を病み上がりに描くセンスがよろしくないと思う。こんなことを書くと、まんぷく信者に「病院には大勢で押し掛けるものでない」と噛みつかれそうだが、ドラマの正しい方向性として、幸しか迎えに行かないより、ずっとマシだと思う。

それをせずに、いくら鈴の寝顔を見て心配気な福子を描いても、専業主婦で裕福な福子が鈴の退院に立ち会わないのは、私には血も涙もない偉そうな娘にしか見えなかったし、更に、終盤の福子も演技指導と演技の勘違いから、ただただ偉そうに手柄を横取りして満足げなヒロインにしか見えなかった。心底。残念としか言いようがない…

あとがき

予告編の編集から察すると、鈴は最終回まで存命のようですね。だって、死んで退場するなら葬式をあんなに見せないのが本作だから。やはり、本作には厳しい私でも、ここまで来て鈴を退場させるのは可哀想過ぎると思いますもん。

また、安藤サクラさんのオーバーアクションや大袈裟な演技が、周りの出演者たちから完全に浮いていることに、5名の演出家たちの一人でも気付かなかったのでしょうか? それとも、サクラさんの親の七光りに黙って見ているしかなかった?

何れにしても、前作のヒロインの不快感と演者の演技力も誉められる代物ではありませんが、本作の方が上回っているのは間違いありません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12594/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108 109
第20週『できたぞ!福子!』
110 111 112 113 114 115
第21週『作戦を考えてください』
116 117 118 119 120 121
第22週『きれいごとは通りませんか』
122 122 123 124 125 126 127
第23週『新製品!?』
128 129 130 131 132 133
第24週『見守るしかない』
134 135 136 137 138 139
第25週『できました!萬平さん!』
140 141 142 143 144

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【まんぷく】第145回(第25週土曜日) 感想

…驚いて目覚める萬平さん。叫び声で福ちゃんもビックリ。でも奇妙な夢がヒントになって、萬平さんは「麺を容器へうまく投入する方法」をおもいつ… 

連続テレビ小説『まんぷく』第145回

内容“まんぷくヌードル”の製造に問題があるとわかり悩む萬平(長谷川博己)が、ある夜、奇妙な夢をみて、解決策を思いつく。一方で、真一(大谷亮平)が、忠彦(要潤)にカップのデザインを依頼。忠彦は、弟子の名木に。。。敬称略結局のところ。主人公・福子を目立たせたいだけだよね?もちろん“主人公”だから、仕方ない部分はありますが。でもね。ドラマの主人公って、そういうコトじゃ無いんじゃ?どうみても、無理矢...

完成>『まんぷく』第145話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​「まんぷくヌードル」遂に完成! ヒューッ! !(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!! …と言いたいんだけどさ ドラマが始まったばかりの頃は 最後はきっとそういう気持ちになるだろう やったー! って喜べるだろう …と思っていたのにさ… …ひじゅにですが何か? ​「この...

完成>『まんぷく』第145話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​「まんぷくヌードル」遂に完成!ヒューッ!!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!…と言いたいんだけ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR