まんぷく (第143回・2019/3/21) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第25週『できました!萬平さん!』の 『第143回』の感想。


 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


入院中の鈴さんを見舞う萬平さん。「まんぷくヌードル」の試作容器を手に、仕事の話ばかりで鈴さんは不満顔。福ちゃんがなだめると、鈴さんは最近、変な夢に悩まされていることを明かします。一方、開発の最終段階を迎えた「まんぷくヌードル」に問題が発生。容器の底に当たって、揚げた麺が砕けてしまうのです。悩んでいたその時、鈴さんの容体が急変したという電話が入り…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

萬平は、病床の義母相手に自慢するようなキャラだっけ?

良く分からない事を1つ1つ挙げていたらキリが無いのが本作なのは重々承知しているつもりだが。

主題歌明けの鈴の病室で、自分の成果を自慢する萬平で脚本家は何を描こうとしたのだろう? そもそも、萬平は自分の手柄を自慢するような人間では無かったと記憶している。むしろ、他人の目を気にせず発明や研究に没頭し過ぎて、妻の福子に叱られた位だったのでは? なのに、病床の義母相手に自慢って、まさか放送残り9回でキャラ変か?

病室で仕事の話をするのが、福子はOKで萬平はNGって?

それに萬平が一方的な自慢話とは言え、鈴があそこまで怪訝な表情を相手に続けるのも違和感が…。そして、何より腹立たしいのは、目をキョロキョロさせ変顔で萬平を見るだけの福子。その上、先日には福子が「まんぷくヌードル」の現状を話すのは鈴は快諾していたのに、萬平が話すのは拒否ってどう言うこと?

その思いで録画を見直すと、目をキョロキョロさせる福子が、「報告するのは私の役目だから」と勘違いしている萬平に驚いているように見える。流石に、福子が自己中心的過ぎると言わざるを得ない。

鈴の孤独感を娘と婿が和らげているように見せるべきでは?

また、萬平が病室を出て行った後、ベッドの上の鈴がこんな事を言っていた。

鈴「もう 嫌! 私のことなんて どうでもいいのよ みんな」

ハッキリ言う。残り9回まで生きて来たのだから、せめて最終回まで鈴をご存命扱いにして欲しいとは思うが、正直「もう 嫌! 鈴のことなんて どうでもいい」と、みんなが思っていると思う。咲姉の幽霊やら夢の話やら一体これ、何のためのシーンなの?

本来は、病気の鈴の孤独感を娘と婿さんが和らげているように見えるべきだと思うのだが。なのに、これまで散々自分勝手にものを言いウザかった天罰が鈴に下ったように見えるのは嫌味? それとも親子にも存在する厳しさでも描いているのか?

遂に福子が自主的に「発明家・福子」になっちゃった(失笑)

香田家のくだりは、無駄話故に完全に無視する。そして、またまた登場の「会社に立派な研究室があるのに、自宅の台所で夫婦揃って実験する…の図」。もはや、今回に至っては、これまでの「予言者・福子」や「閃き担当・福子」を遥かに超越した、自主的に「発明家・福子」になっちゃった(失笑)

その上、脚本と演出が稚拙だから、萬平が “福子の閃き” を待っているようにしか見えない事も、萬平の研究が “福子のアイデア” が無いと先に進まないように見えている事が分かっていないようだ。

問題提起担当が萬平で、考えるのが福子になっちゃった!?

だって、台所のシーン頭(シーンの一番最初のカット)が、麺を揚げる萬平の手のアップで、台詞は「麺が折れる?」と言う福子だった事から、問題提起担当が萬平で、考えるのが福子になっちゃったから。

ここ、本来なら今のテーブルの上で萬平がカップ麺を広げて悩んでいるのを福子が見つけて「どうしたの?」と福子の問いが先で「麺がカップの底にぶつかって折れてしまうんだ」とするべきだったと思う。これなら、何とか萬平が “福子の閃き” に期待をしているように見えてはしまうが、頼り切っているようには見えないと思うから…

発明家の夫を支える妻としては"言語道断のNGワード"発令!

あとは、いつもの… いや、いつも以上に大袈裟なウザい福子がこんな事を…

福子「いけない。小さいカップに入れてしもた」

苦笑、失笑、冷笑だ。爆笑とは程遠い描写。その上に、13分過ぎの再びの病室のシーンで、今度は娘の幸がいる場面で、福子からとんでもない一言が飛び出した。

福子「せや まんぷくヌードルが また完成に近づいたの。
   私が手柄を立てました

先週まで『見守るしかない』だったのに、ついに脚本家は、発明家の夫を支える妻の台詞としては言語道断のNGワードを言わせちゃった。いくら今週のサブタイトルが『できました!萬平さん!』だからとは言え、脚本家と演出家の稚拙さに呆れるばかりだ。

あとがき

流石に福子が「私が手柄を立てました」と言ってしまったら、夫婦二人三脚でも内助の功でも無くなってしまう事に、作り手は気付かないのでしょうか? まさか、残り9回でここまで馬鹿馬鹿しい展開になるとは想像出来ませんでした…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12586/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108 109
第20週『できたぞ!福子!』
110 111 112 113 114 115
第21週『作戦を考えてください』
116 117 118 119 120 121
第22週『きれいごとは通りませんか』
122 122 123 124 125 126 127
第23週『新製品!?』
128 129 130 131 132 133
第24週『見守るしかない』
134 135 136 137 138 139
第25週『できました!萬平さん!』
140 141 142

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パックとサイズ>『まんぷく』第143話

​​​​​​​​​​​​​​​​肝心の絵を描いてないじゃん、名木さん!? …と思っていたら 描いてたよ(笑) 「先生の真似をやめようと、 自分の絵を描こうと、それを心掛けて…」 色使いは忠彦さん風 絵柄はあれほど抽象的ではなく 唐変木ひじゅにには ​もみじ饅頭​ に見えてしまった>スミマセンスミマセン …ひじゅにですが何か? ​「...

パックとサイズ>『まんぷく』第143話

​​​​​​​​​​​​​​​​肝心の絵を描いてないじゃん、名木さん!?…と思っていたら描いてたよ(笑)「先生の真似をやめようと、自分の絵を描こうと、それを心掛けて…」...

連続テレビ小説『まんぷく』第143回

内容ついに、蓋などの密閉方法を思いついた萬平(長谷川博己)は、入院中の鈴(松坂慶子)にも報告する。そんななか、神部(瀬戸康史)から問題が見つかったと。。。敬称略それにしても、今回も“発明家・福子”が発動だね。それも、かなり大げさなリアクション(失笑)

【まんぷく】第143回(第25週木曜日) 感想

…一方、開発の最終段階を迎えた「まんぷくヌードル」に問題が発生。容器の底に当たって、揚げた麺が砕けてしまうのです。悩んでいたその時、鈴さ… 

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR