●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

初めて恋をした日に読む話 (第10話/最終回・2019/3/19) 感想

初めて恋をした日に読む話

TBS系・火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』公式
第10話/最終回『嵐の合格発表全ての初恋の大結末!君と出逢えた奇跡!!』の感想。
なお、原作の漫画、持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)は未読。


匡平(横浜流星)の2次試験当日、交通事故に遭った順子(深田恭子)。これまでの順子の教えを思い返して、病院へ行かず試験に臨んだ匡平は、強い意志を山下(中村倫也)に褒められるも自己嫌悪で見舞いに行くことができない。一方、重要なパーティーを放り出して病院に駆け付けた雅志(永山絢斗)は、順子に寄り添い続けていた。順子に会わないまま、合格発表の日を迎えた匡平は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)
脚本:吉澤智子(過去作/あなたのことはそれほど、きみが心に棲みついた)
演出:福田亮介(過去作/きみが心に棲みついた、チア☆ダン) 第1,2,6,8,最終
   吉田健(過去作/あなたには帰る家がある、この世界の片隅に) 第3,4,9
   坂本栄隆(過去作/脳にスマホが埋められた!) 第5,7
音楽:出羽良彰(過去作/5時から9時まで、ダメな私に恋してください)
   兼松衆(過去作/あなたのことはそれほど、僕らは奇跡でできている)
主題歌:back number「HAPPY BIRTHDAY」(ユニバーサルシグマ)

展開が遅過ぎ! 順子と匡平の2ショットも、胸キュンも少な過ぎる…

「絶対に最終回は見逃せない」ようにした秀逸な第9話を受けての、期待大の最終回。本当に、これまでの流れが秀逸だったから、どんな結末を持って来るのか楽しみだった。そんな期待大が裏目に出たのか、正直観ている途中から何となく暗雲が漂い始めた。とにかく、展開が遅過ぎるのだ。

「作り手が焦らしている」と言うには無理がある位に遅過ぎた。全体の半分を過ぎても、順子(深田恭子)と匡平(横浜流星)の2ショットのシーンが無いまま進んだのには驚いた。なぜ、最終回で “脇役たちのエピローグ” を並べたのか?

ラスト1分までの焦らし方を大失敗! だから物足りなくなった!

焦ら方を失敗した…と言わざるを得ない理由は、幾つかある。事故ってから2人が一度も連絡を取らないのも不自然だし、東大に合格した時の匡平のリアクションも物足りなかった。

もちろん、何故か最終回が最も胸キュンシーンが少ないのも不満だが、何よりの不満であり失敗だと思うのは、ラスト1分での匡平からの告白からの断りに至るくだりの脚本と演出。順子と匡平の幸福の時間をラスト1分間しか見せないのも、幸せ絶頂の2人を最後の30秒間しか見せないのも、正直じっくり見て来た視聴者には物足りなかった。

「無事に合格→告白→ハッピーエンド」を描くだけで良かった…

このイライラとかモヤモヤの原因は、恋愛と受験を同時並行で描いて来たのを、ハッピーエンドでまとめたのは良かったのだから、きれいにまとまると言う次元まで昇華しなかった事だと思う。

殆どの連ドラの最終回で描くべきは、主人公のエピローグだ。脇役が今後どうなるかなんて、描くべきものを後回しにして描く必要なんて無い。普通に、無事に合格を経て告白してハッピーエンドで良かったと思う。

例えば、ラストカットは堂々と手をつないで歩く順子と匡平が交差点の真ん中で、順子は塾へ、匡平は大学の方向へ歩いて行く…を描くだけで良かったのだと思う。

あとがき

最終回に期待し過ぎたようです。もっと、全編に胸キュンを散りばめて、幸せな順子と匡平を丁寧に描くだけで良かったのに…。第9話までが大変良かっただけに、最後の最後が残念でした。

しかし、横浜流星さんの俳優として秘めた才能には、今後も注目して行こうと思います。それと焦らせないなら、1時間7分枠を54分枠に戻した方が賢明だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】初めて恋をした日に読む話 Blu-ray BOX(ポストカード4枚セット付)
【早期購入特典あり】TBS系 火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」オリジナル・サウンドトラック (ジャケットサイズライナーノーツ付)
【早期購入特典あり】HAPPY BIRTHDAY(初回限定盤)(DVD付)【特典:未定】
初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12580/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めて恋をした日に読む話 最終話

匡平(横浜流星)の東大二次試験当日、順子(深田恭子)が交通事故に遭ってしまいました。 雅志(永山絢斗)は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して、順子の元へ・・・ 匡平は美和(安達祐実)から連絡をもらい、激しく動揺しますが、目の前の試験を受ける道を選ぶのでした。 匡平が東大に行くのは、順子の夢でもあったので・・・ しかし、匡平は受験のために...

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第10話(最終話)

内容東大受験の初日が終わった匡平(横浜流星)は、順子(深田恭子)が交通事故にあったと知る。病院に駆けつけたかったが、雅志(永山絢斗)から。。。。。敬称略脚本は、吉澤智子さん演出は、福田亮介さんいやぁ。。。なんていうか。。。もの凄くモヤモヤする(笑)正直、結末が、どうなろうが、そこは、どうでも良いのだ。あまりにも展開が遅すぎて、ずっとイライラしてしまった。そしてそのイライラの原因は複数。恋と受...

初めて恋をした日に読む話 #10 最終回

『嵐の合格発表 全ての初恋の大結末!君と出逢えた奇跡!!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR