ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

フルーツ宅配便 (第9話・2019/3/8) 感想

フルーツ宅配便

テレビ東京系・ドラマ24『フルーツ宅配便』公式
第9話『カボス』の感想。
なお、原作の漫画、鈴木良雄「フルーツ宅配便」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)は、未読。



カボス(松本若菜)は訳があり、各地のデリバリーヘルスの店を転々としている。ある日、居酒屋で絡まれた彼女は、マサカネ(荒川良々)に助けられる。カボスはマサカネの、金に振り回されないマイペースなところに引かれる。そんな中、マサカネがカボスをホテルへ送り届けるが、彼女は走って逃げてくる。一方、えみ(仲里依紗)の前に母・智子(渡辺真起子)が現れる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:鈴木良雄「フルーツ宅配便」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
根本ノンジ:田口佳宏(過去作/相棒シリーズ、犬神家の一族2018)
演出:白石和彌(過去作/ドラマ「火花」) 第1,2,3
   沖田修一(過去作/ドラマ「火花」) 第4,5,6,9
   是安祐(過去作/映画「リバーズ・エッジ」助監督) 第7,8
オープニングテーマ:EGO-WRAPPIN’「裸足の果実」
エンディングテーマ:超特急「ソレイユ」(SDR)

借金に人生を翻弄される女性二人にスポットを当てた第9話

これは凄い。まさか、本作のマサカネ君で映画『ラ・ラ・ランド』のオープニングを彷彿させるミュージカルが『フルーツ宅配便』版が見られるとは思わなかった!

さて、物語の方は至って真面目。借金に人生を翻弄される女性二人にスポットを当てて、カボスではマサカネとの、ちょっとした恋人気分を味わうものの再び荒波の人生に戻って行く女性の姿を、えみでは母親との確執に悩み続ける女性の姿を描いた。

荒川良々さんの "存在感"と "演技力" が爆発した40分間

今回は、荒川良々さんの存在感と演技力が爆発した40分間。笑わせて泣かせて考えさせて…と、本当に素晴らしい俳優だ。そして彼が演じるマサカネも、とても魅力的な人間だ。

何も考えていないようで、考えていて、でも考えていない。そんな本性が掴めないマサカネだから、人間的な魅力にあふれている。ミスジ社長がマサカネを雇っている理由が見えて来たような第9話だった。

あとがき

今週の『さすらい温泉 遠藤憲一』にもゲスト出演されていた松本若菜さん。ミスジさんが言っていたように薄幸の雰囲気が人気なんですかね。どのドラマでも独特な個性を放っていて素敵な女優さんだと思います。次回は、えみと咲田と友人の小田の話のようですね。次回も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】フルーツ宅配便 Blu-ray BOX(5枚組)(オリジナル特典:A7サイズマグネットシート)
フルーツ宅配便 (1) (ビッグコミックス)
フルーツ宅配便 コミック 1-6巻セット


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12538/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: