●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

歴史秘話ヒストリア「まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン」 (2019/3/6) 感想

歴史秘話ヒストリア「まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン」
©NHK

NHK総合・歴史秘話ヒストリア『まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン』公式サイト
『「まんぷく」でおなじみの安藤百福・仁子夫婦。今回家族への取材から、インスタントラーメン開発の舞台裏が明らかに!誰も知らない“魔法のラーメン”誕生の秘話に迫る。』の感想。


連続テレビ小説「まんぷく」でおなじみの安藤百福・仁子夫婦。すぐにおいしく食べられるインスタントラーメンは、世界の食文化を変えたとまでいわれる。今回、百福の家族の取材から、開発の舞台裏が明らかに!百福がしでかした大失敗に会社を揺るがす親子げんか。立ちはだかる困難を乗り越え、世紀の大発明を成し遂げたのは、百福の執念と仁子の献身的な支えがあったからだ。まんぷく家族の激しく熱い「魔法のラーメン」誕生物語。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

百福氏の放漫経営で信用組合が破綻したくだりはスルーか…

安藤百福氏が理事長を務めていた信用組合(大阪華銀)が放漫経営で昭和32年9月に取り付け騒ぎを起こしてからの “ほぼ犯罪行為” については、予想通りに一切触れる事なく、物語はチキンラーメンからカップヌードルのお話へ展開。

「まんぷく家族 愛の物語」は、明らかな誇大広告

また、サブタイトルは『まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン』とあるものの、本作で描かれたのは百福氏の息子・宏基氏から見た百福の偉業と、父と息子の物語であり、妻の仁子のくだりは極僅か。「まんぷく家族 愛の物語」と画面にずっとスーパーが出ていたが、誇大広告のような気がした。


情報不足の妻・仁子では最初から「まんぷく家族」は無理

でも、こんな感じになることは、ほぼ分かっていた。そもそも、百福氏の妻・仁子さんについては自伝等でも、ほぼ記載が無い。今作も『まんぷく』も、殆どが百福氏自身の著書と息子・宏基氏の著書を基にした構成だったが、仁子さんの事には殆ど触れられなかった。

結局、「まんぷく家族」を描こうとしても、安藤百福氏を主人公にした息子との日清食品ヒストリーにしかならないと言う事だ。だから、妻の仁子さんをモデルにした「立花福子」を、ヒロインに据えた朝ドラ『まんぷく』が半年間も持ち堪えられる脚本を書くのは、相当のアイデアが無ければ出来ないと言う事だ。

やはり、朝ドラの題材に選んだ時点で勝敗はついていたと思わざるを得ない…

あとがき

どうやら、『まんぷく』の残り20回は、「萬平と息子・源の対峙関係」が中心になり、福子はそれの仲裁役になると言うことを言いたかったようですね。だったら、最初から、もっと福子の子育てを丁寧に描くべきだったと思います。おっと、本作の感想では無くなってしまいました。本作は綺麗事だけ描いた印象ですが、もっと仁子さんを描いて欲しかったです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12528/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR