絶対正義 (第5話[全8話]・2019/3/2) 感想

絶対正義

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『絶対正義』公式
第5話[全8話]『彼女が親友を正す理由』の感想。
なお、原作の長編ミステリー小説、秋吉理香子「絶対正義」(幻冬舎文庫)は未読。



麗香(田中みな実)は亮治(神尾佑)から「一緒に未来を歩みたい」と言われるが、範子(山口紗弥加)が彼の子どもたちに2人の関係を明かすのではと不安を抱く。一方、不妊治療を続ける理穂(片瀬那奈)は、夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)が範子から卵子提供を受けると言い出し、がくぜんとする。由美子(美村里江)も和樹(桜井ユキ)も範子の正義感に振り回され、窮地に陥っていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:秋吉理香子「絶対正義」(幻冬舎文庫)
脚本:仁志光祐(過去作/ナポレオンの村) 第1,2,3,4
   谷岡由紀(過去作/最後のレストラン) 第2,3,4
   政池洋佑(過去作/マッサージ探偵ジョー) 5
演出:西浦正記(過去作/コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-シリーズ) 第1,2,5
   浅見真史(過去作/○○な人の末路) 第3,4
主題歌:嘘とカメレオン「ルイユの螺旋」(キングレコード)

範子自身のプライベートな "心の闇" が描かれた!

これまで、範子の正義が一体どの範囲まで及ぶのかが曖昧だったのが気になっていたのだが、今回で漸く「範子が認める “家族” にのみ適応させる」ことが序盤で描かれた。本来は第3話辺りで描いておくべきだったと思う。

ただ、これを描くに当たって、範子の夫との関係を含めた「範子自身のプライベートな “心の闇”」が描かれた訳で、まあ全8話の構成を考えると、これまでの “まとめ” を含めた第二章(後半)突入の第5話としては良く出来ていたと思う。

"15年前と同じ服装" の方が楽しかったのに…

さて、今回の後半で、ついに「15年後の記念写真」の場面がやって来た。15年前と写真のポーズまで拘る範子なら、マフラーの巻き方にも、いやいっそ「当時の服装で来るべし」とならない事に若干違和感が。

ただ、血の飛沫を目立たせるために範子に白色のコートを着せちゃったから、それが出来なかった。でも、当時の服装で範子だけが現場に現れた方が面白かったと思う。血がついたコートは足元に転がして置いてでも…

あとがき

なかなか面白い展開になって来ましたね。ここで一つだけ提案。今回の前半を倍速再生(1.5倍がおすすめ)で見ると、範子の正義感に於ける「恐怖と愚かさ」がとても強調されて面白いです。もちろん後半は通常再生で。次回の予告編を見ても面白くなりそうで良かった…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
絶対正義 (幻冬舎文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12509/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR