ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ハケン占い師アタル (第7話・2019/2/28) 感想

ハケン占い師アタル

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』公式
第7話『偉くなりたい…出世にすべてを捧げた部長の嫌われ人生を救う』の感想。



アタル(杉咲花)は母・キズナ(若村麻由美)のことで気をもむ。一方、代々木(及川光博)が大崎(板谷由夏)らに嫌がらせのような仕事を持ち込む。それは気難しいピアニスト・タカオ(佐藤貢三)のコンサート企画で、1週間で考えなければならず、大崎らは助け合って奮闘する。そんな中、代々木は念願だった本社への異動話がなくなり、ぼうぜん。代々木の心を読んだアタルは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:遊川和彦(過去作/家政婦のミタ、純と愛、○○妻、過保護のカホコ)
演出:遊川和彦(過去作/映画『恋妻家宮本』) 第1,2
   日暮謙(過去作/家政婦のミタ、○○妻、過保護のカホコ) 第3,4,6
   伊藤彰記(過去作/過保護のカホコ) 第5,7
音楽:平井真美子(過去作/映画『60歳のラブレター』)
主題歌:JUJU『ミライ』(Sony Music Associated Records)

事務机が斜めに配置されている "意味" に気付けなかった…

実は、演出的にとても気になっていた事がある。それは、シンシアイベンツの制作Dチームの部屋に置かれた事務机が、出入り口と窓に対して斜めに配置されていた事だ。なぜ、斜めなのか? その答えが今回で描かれた。空いたスペースは、そこに座るべき代々木(及川光博)のために空けてあったのだ。

いつもなら、ディレクター目線で気付くような部分なのに、今回は見事に騙された。もう、これだけで演出として天晴! と、言いたい。

表裏のある男が、アタルの占いで心を入れ替えた感動物語!

さて、いよいよ第7話は、その空いたスペースを埋めた佐々木が、なぜそこに座るべき男だったのかを描いた物語だった。

序盤から、佐々木の「心の声」を強調して “裏表のある男” を印象付けつつ、佐々木の本音は全てお見通し済みであるアタル(杉咲花)の能力を小出しに描きつつ、中盤からは、気難しいピアニスト・タカオ(佐藤貢三)のコンサート企画は本番日が迫れば迫る程に、一難去ってまた一難の連続で緊張感を高めて…

本番直前のタカオからの佐々木への告白で一気に視聴者を納得させて終わるかと思いきや、まさかの佐々木の社長への本音ぶちまけ、妻との仲直り、チームへの謝罪と巧みに畳み掛けての、ハッピーエンド。本当に良く出来た構成だ。

佐々木がアタルに占って貰う過程が、見応え十分だった!

特に見応え十分だったのが、佐々木がアタルに占って貰う事になり、占い中(過去のシーン)から占い終えるまでの、一連の脚本と演出を演技は素晴らしかった。ミステリアスな占いと、リアルな現実を上手に交錯させて、佐々木の心の変化を丁寧に且つドラマチックに魅せた。

そのお陰で、実は敵だと思っていた佐々木が、実はしっかりとチームDの面々の事を以前から見ていた事が分かり、それ故のチームDへの配置転換がきちんと “最後のピースが埋まった感” を醸し出して、爽快で痛快でホロリと来ちゃう素敵な後味を残した。クセの強い「遊川和彦ワールド」の真骨頂と言っても過言でないと思う。

あとがき

まさか、佐々木の話で感動させられるとは思いませんでした。その理由はドラマ自体の完成度もありますが、私自身の経験とも重なったから。

まだ駆け出しの映像ディレクターだった頃、とある発足したばかりの心臓外科の研究会のプロモーションビデオを作りました。かなり斬新で刺激的な内容で保守的な医師たちからは反対されましたが、それから15年以上経って、ある中堅の心臓外科医の研究会発足に関わる事になりました。

すると、その先生が「私、学生の時にあのビデオを見て心臓外科医を目指したのです」と言って下さいました。今でも、そう言って下さる心臓外科医との再会が度々あります。だから、今回の佐々木とタカオの物語には、余計に感情移入してしまいました。

さて、次回からは、アタル本人の問題へ切り込みそうで楽しみです。それと、サントラ盤のジャケットが決まったようです。白黒の本作らしいデザインですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」オリジナル・サウンドトラック
ミライ(初回生産限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12501/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』第7話

内容アタル(杉咲花)のおかげで、順調な“Dチーム”が、大崎(板谷由夏)が、アタルの母・キズナ(若村麻由美)に、アタルのことを話してしまったため、会社にやって来る。大崎が、アタルが辞めたと説明してくれるが。。。出世を夢見て、本社へ戻るため、社長に媚びを売る代々木(及川光博)が、大崎たちに企てを阻止されてしまい、逆恨み。有名ピアニスト・タカオのコンサートを命じられる。気難しくて有名なタカオ。細か...

ハケン占い師アタル 第7話

大崎(板谷由夏)を占った占い師・キズナ(若村麻由美)は、アタル(杉咲花)の母親でした。 大崎からアタルと一緒に働いていると聞いたキズナは、会社を訪れます。 訳ありの親子関係だと悟った大崎は「アタルは突然、会社を辞めた」とウソを付き、キズナを追い返します。 一方、本社へ戻る日と華々しい出世を夢見る代々木(及川光博)は、自分の手柄になるはずだったリストラ計画を大崎に潰されて逆恨...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: