まんぷく (第124回・2019/2/27) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第22週『きれいごとは通りませんか』の 『第124回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


「まんぷくラーメン」製造法の特許が無事に認定。萬平さんは再び「本家」を名乗る偽物会社に乗り込みます。模倣品の製造を止めて、店頭から撤去するよう訴えると、偽物社長は悪びれることなく拒否。怒りに我を忘れ、自宅に帰っても荒れた様子の萬平さんに、心を痛める福ちゃん。その頃、偽物会社の前で、張り込んでいた岡さんたちが元まんぷく食品の社員を発見し…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

声を荒げて敵を屈服させるのは、萬平らしくない!

人間的には、お人好しで実直な反面で、意志が強いとも言えるが、頑固で偏屈とも言える。発明家としては、確かな才能と行動力がある反面で、熱中し過ぎると周囲が見えなくなり、後先を考えず強引な手段を選ぶ。これらが、これまでの萬平の性格、と言うか設定だ。

だから、今回の騒動を自分で解決しようと躍起になっているのは間違いではない。ただ、「裁判だ」と言い出してしまったら、やはり敵にハッタリを噛ます役としてだけでも、東弁護士に依頼するべきだったと思う。でないと、萬平の学習能力の無さが露呈してしまうし、声を荒げて敵を屈服させるのは、萬平らしくないだけだから。

"幽霊" でなく "深層心理の虚像" として描写すべきだった…

さて、また咲姉の幽霊が登場した。これは、もう諦めた。そして、咲姉の幽霊は福子や鈴の深層心理が幻視となった虚像だと納得することにして来た。しかし、今回では咲姉の幽霊と一緒に、缶詰を持参した野呂が登場した。野呂は先日、久し振りに牧と一緒に百貨店で登場したばかりなのに。

また、野呂の缶詰持参が次のカップ麺への伏線だとするなら、やはり、ここは『わろてんか』での藤吉の幽霊を幽霊として分かり易く描いたてん(点)を見習って、『まんぷく』では幽霊でなく想像の産物であるように分かり易く “はんぷく(反復)” して描くべきだったと思う。

今週は福子の存在感が、ほぼゼロ!?

あとは、取るに足らぬエピソードばかりだ。前回で猿渡が金銭で坂部を買収した事が明確になったばかりなのに、今回で反復。克子の言い分が時代背景と合わないのは置いておくとして、神部とタカのくだりも反復のし過ぎでつまらない。

とにかく、次の展開を土曜日から月曜日跨ぎにしたくてしょうがないから、何が何でも引き延ばそうとしているとしか見えない。その上、今週は福子の存在感が、ほぼゼロ。今日なんか鈴や克子より影が薄かった。先週までのようにウザいのもどうかと思うが、主人公なしで物語が進んで行くのは、もっとどうかと思う…

あとがき

『カーネーション』の最後の一か月も驚きましたが、『まんぷく』の最後の一か月が、肝心の即席ラーメン発売からここまで失速し “朝ドラの魔のラスト一か月” へまっしぐらな感じになるとは想像していませんでした。史実を考えると、ネタ的には盛り上がる可能性はありますが、この脚本と演出では希望の明かりは暗いですね。う~ん、困りましたね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12493/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108 109
第20週『できたぞ!福子!』
110 111 112 113 114 115
第21週『作戦を考えてください』
116 117 118 119 120 121
第22週『きれいごとは通りませんか』
122 122

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一人勝ち>『まんぷく』第124話

​​​​​​​​​​え~~~っ!? あんだけ強気で屁理屈かましてた猿渡さんを見せつけといて いつになく壊れた萬平さんを強調しておいて 岡&森本が坂部さんを拉致して 猿渡さんを「裁判」で脅しつけて アッサリ解決!? え? 何? これだけ? ここここれは夢!? …ひじゅにですが何か? ​​「金に目が眩んでしもたんです」​​by坂部 ...

一人勝ち>『まんぷく』第124話

​​​​​​​​​​え~~~っ!?あんだけ強気で屁理屈かましてた猿渡さんを見せつけといていつになく壊れた萬平さんを強調しておいて岡&森本が坂部さんを拉致して猿渡さんを「...

連続テレビ小説『まんぷく』第124回

内容特許が認められ大喜びの萬平(長谷川博己)が、福子(安藤サクラ)から、思わぬ事を知らされる。猿渡(田中哲司)の“本家”が、未だに売られているという。特許庁からは、双方で話し合えと。しかし、どれだけ萬平が求めても、猿渡は、売るのを辞めようとせず。敬称略どうやら、脇役を登場させるために、強引に重ねようとしているようだ。確かに、ドラマとしては、間違っているわけではないが。だからと言って、面白いか...

コメント

朝から気分悪くなる
最近のまんぷくはもはや初期の頃のような観ていて「さぁ、頑張るぞ!」って気合いをもらえるような内容でなくなり、益々ウザくなる主人公、どうでもいい脇キャラの無駄話、辛気臭い雰囲気で朝から不快な話になってしまいました。

坂部を警察でもないのに拉致して尋問して自白強要させるヤクザみたいな真似してて朝から本当に不愉快です。
  • 2019-02-27│13:11 |
  • ブロリー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR