●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

後妻業 (第6話・2019/2/26) 感想

後妻業

関西テレビ制作・フジテレビ系・『後妻業』公式
第6話『不倫妻決死の反撃!ついに次の殺人決行』の感想。
なお、原作の小説、黒川博行「後妻業」(文藝春秋)は既読で、同原作の2016年公開の大竹しのぶ主出演の映画『後妻業の女』も鑑賞済み。



小夜子(木村佳乃)は笹島(麿赤兒)に遺言を公正証書にしてほしいと頼む。柏木(高橋克典)は博司(葉山奨之)から再度送られてきた朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)の画像を、小夜子に見せる。本多は、小夜子と司法書士の新井(河本準一)が、笹島邸に入って行くのを目撃。それを聞いた朋美は、自分にリフォームを依頼した笹島が、小夜子の新たな獲物だという偶然に驚く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:黒川博行「後妻業」(文藝春秋)
脚本:関えり香(過去作/結婚相手は抽選で) 第1,2,3,4,5,6
   阿相クミコ(過去作/カインとアベル、ワカコ酒) 第1,4
演出:光野道夫(過去作/BOSSシリーズ、絶対零度~未然犯罪潜入捜査~) 第1,2,5
   都築淳一(過去作/カラマーゾフの兄弟、ママとパパが生きる理由。) 第3,6
   木村弥寿彦(過去作/大阪環状線シリーズ) 第4
音楽:眞鍋昭大(過去作/モンテ・クリスト伯、SUITS/スーツ)
主題歌:冬の花/宮本浩次(UNIVERSAL MUSIC LLC)

前回で急に減速、今回も期待は撃沈されてしまった…

第4話までは、原作の小説や有名な映画版とは異なった、木村佳乃さんの弾けた演技で魅せるドラマとして、それなりの面白さを醸し出していたこの『後妻業』。しかし、「第二章」に突入した前回の第6話から急に減速。それ故にこの第6話に再浮上を期待したのが難なく撃沈された…それが、正直な感想だ。

ただただ面白おかしく奇を衒った場面の連続が残念…

とにかく、“後妻業” と言う職業のシュールさや怖さの描写が極端に減って、全体的にコメディドラマのような雰囲気が漂い、ただただ面白おかしく奇を衒った場面の連続と言った感じ。

また、前回にも増して小夜子(木村佳乃)と朋美(木村多江)の関係の描写が増えすぎて、肝心の小夜子の “後妻業” の描写が形式的になって、ハラハラドキドキ感が薄まったのが何とも言い難い。

次回からの小夜子と船山の対峙関係に期待するしかない!

ただ、今回は怪しげな見合い相手・舟山(中条きよし)の登場によって、次回からの盛り上がりに多少の期待が出て来た。確かに、小夜子と朋美の対峙を描くのは悪くはないが、やはり主人公は小夜子だから、小夜子の本業を丁寧に描いてから、朋美の順番で進めて欲しい…

あとがき

今回から登場した新ターゲット・舟山喜春は、映画版では笑福亭鶴瓶さんが演じた本作のキーマンですね。ネタバレはしませんが、中条きよしさんのキャスティングは、中々良いと思います。ここから巻き返しを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
後妻業 オリジナル・サウンドトラック
冬の花
後妻業 (文春文庫)
後妻業の女 DVD通常版


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12491/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

後妻業 第6話

内容博司(葉山奨之)に東京の朋美(木村多江)を見張らせた柏木(高橋克典)は、ついに本多(伊原剛志)の弱みを握るのだった。一方、小夜子(木村佳乃)は、笹島(麿赤兒)にプロポーズ。遺産を残して欲しいと懇願する。内縁であるコトも了承してくれて。。。そんななか、小夜子を見張っていた本多は、小夜子が司法書士の新井(河本準一)と笹島宅へ入ったことを確認する。本多から、小夜子の話を聞いた朋美は驚愕する。自...

後妻業 第6話

遺産目当てで笹島(麿赤兒)にプロポーズした小夜子(木村佳乃)は、籍を入れられない理由を美談として話していました。 一方、朋美(木村多江)との浮気現場の写真を柏木(高橋克典)と小夜子に押さえられた本多(伊原剛志)は、小夜子が司法書士・新井(河本準一)と笹島邸へ入って行く姿を写真に収めていました。 本多から話を聞いた朋美は、小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだと知って驚きます...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR