●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まんぷく (第123回・2019/2/26) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第22週『きれいごとは通りませんか』の 『第123回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


特許庁に呼び出された萬平さん。すると「本家」を名乗る偽物会社も即席ラーメンの製造法を特許申請していることが明らかに。動揺する萬平さんの不安を感じつつも、福ちゃんはラーメン作りに専念するよう思いを伝えます。一方、偽物ラーメン騒動のせいで、毎晩帰りが遅くなった神部さんと、赤ちゃんが生まれたばかりのタカちゃんの間に亀裂が…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

気になったり、訳の分からない描写ばかりの15分間

毎回書いて恐縮だが、折角、上京したのなら東弁護士に相談すれば良いのに…としか言いようがない。そして、ついに福子は「信じましょ」「待ちましょ」と周囲を落ち着かせているだけの存在に。また、なぜ重要な話を必ず茶々を入れるパーラー白薔薇でやるのかも、全く分からない。

それと、この当時の食品工場はマスクも手袋も無しで、無駄話し放題だったのだろうか? それに、益々ダークキャラ化するタカとその両親。もう神部は離婚しても良いレベルのような。鈴のヤモリの話も劇中も視聴者も朝食時だから気にならなくもない。まあ、脚本家が思い付きで書いているのだろうから、突っ込んでも意味無いが…

猿渡と坂部の関係などが、明瞭になったのは良かった

まあ、この15分間で良かった事と言えば、猿渡(田中哲司)が坂部(今野浩喜)を産業スパイとして送り込んだのでなく、猿渡が金銭で坂部を買収した事が明確になり、猿渡の悪質性が明瞭になった事くらいか。

『はんぷく』の法則に則れば…

それにしても、今回も話が進まない。予想以上に進まない。前回の感想に書いた通りで、脚本家のアイデア不足と、そもそも安藤百福さんのリアル物語がネタの宝庫でないから、引き延ばすしかないのだが、どうも理由はそれだけで無いような。

今こそ再登場されるべき東弁護士を使わないと言うことは、『はんぷく』の法則に則れば、以前に萬平たちの危機を何度も救った、大阪経済界の重鎮で大阪商工会の会長・三田村亮蔵(橋爪功)の代わりが出て来るはず。で、恐らく弁護士は使用済みだから、政財界の大物、まあ時代を考えると代議士だろう。

反復でも引き延ばしでも、楽しければ文句は無い!

とにかく、今週の客寄せパンダは猿渡を演じる田中哲司さんで、週末から週明けに掛けて更に客寄せパンダ投入。これまでも、客寄せパンダ登場の週は、無駄に一週間を費やして来た。それは、多くの視聴者が学習済みだとすると、まだ土曜日まで3回も同じものを見せられる訳だ。

いや、同じでも、繰り返しでも、反復でも、引き延ばしでも、面白ければ、楽しければ文句は無い。しかし、面白くないのだ。だから、残り一か月を切っての客寄せパンダによる引き延ばし作戦には賛成は出来ない。

あとがき

もう、夫婦二人三脚のドラマでも無くなりましたね。以前は、不快でウザイ程に萬平のものづくりに関わって、予言しまくっていた福子が、この案件では “ほぼ傍観者” になっています。ウザイのも困りますが、こんなに存在感が薄く魅力の少ないヒロインでは困ります。これなら、ウザイ位の特徴があった即席ラーメン開発時代の方がマシですよ。

また、昨日は月曜日にも拘らず結婚披露宴の仕事があり、感想の投稿時間が遅くなりました。関東の昼間は雨予報でしたが、本番の頃には青空が見えて大変素敵な披露宴になりました…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12488/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108 109
第20週『できたぞ!福子!』
110 111 112 113 114 115
第21週『作戦を考えてください』
116 117 118 119 120 121
第22週『きれいごとは通りませんか』
122

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェントルマン>『まんぷく』第123話

​​​​​​​​​​​カレーといったら、やはり福神漬! …だよね ラッキョウも単体では大好きなのだが カレーと一緒なら、やはり福神漬 色合いも良いし 今日は世良さんに共感したわ ここが感動の頂点だわ …こらこら(^^;) …ひじゅにですが何か? ​「狼を目覚めさしたらあかん」​by世良 ↑これは世良さんの逃げ口上だけど 今...

ジェントルマン>『まんぷく』第123話

​​​​​​​​​​​カレーといったら、やはり福神漬!…だよねラッキョウも単体では大好きなのだがカレーと一緒なら、やはり福神漬色合いも良いし今日は世良さんに共感したわこ...

連続テレビ小説『まんぷく』第123回

内容猿渡(田中哲司)との話し合いが上手くいかないなか、萬平(長谷川博己)は、特許庁から呼び出しを受け、真一(大谷亮平)と東京へ。担当者の事情聴取に違和感をおぼえた萬平は、あるコトを問い正すと。。。敬称略たとえクドくても、主人公夫婦の描写が多ければ、もっとマシに見えただろうに。。。。

【まんぷく】第123回(第22週火曜日) 感想

福ちゃんはラーメン作りに専念するよう思いを伝えます。 一方、偽物ラーメン騒動のせいで、毎晩帰りが遅くなった神部さんと、赤ちゃんが生まれたばか… 

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR