ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

グッドワイフ (第7話・2019/2/24) 感想

グッドワイフ

TBSテレビ系・日曜劇場『グッドワイフ』公式
第7話『消された真実』、ラテ欄『狂気の夫が覚醒へ!!反撃!!消された真実を取り戻せ!!』の感想。
なお、原作の 米国CBSドラマ「The Good Wife」は、未見。


壮一郎(唐沢寿明)の弁護をすると表明した杏子(常盤貴子)。その会見映像を見ながら、多田(小泉孝太郎)は杏子に電話をかける。会見後、杏子は壮一郎が内閣官房副長官・南原(三遊亭円楽)の汚職疑惑を捜査中、収賄の罪を着せられたと知る。南原の不正を暴くには、情報提供者と接触し証拠文書を入手するしかないという。その一方、杏子は多田の案件のサブに回ることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:米国CBSドラマ「The Good Wife」
脚本:篠崎絵里子(過去作/まれ)
演出:塚原あゆ子(過去作/アンナチュラル) 第1,2,3,6
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車、コウノドリ[2] ) 第4,5
   青山貴洋(過去作/オー・マイ・ジャンプ!第3話のみ、ブラックペアン第7話のみ)
   松木彩(過去作/下町ロケット2018 第10話のみ) 7
音楽:ワンミュージック(過去作/もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~)
主題歌:BUMP OF CHICKEN 『Aurora』(TOY'S FACTORY)

前回は、「杏子のキャラ変」や痛快さに欠けたが…

前回では、第5話まで描かれた主人公・杏子(常盤貴子)らしからぬ言動が多くて「キャラ変更?」と思ったり、一話完結の部分よりも杏子の夫・壮一郎(唐沢寿明)の謎の縦軸の部分が多くて、痛快さに欠けた『グッドワイフ』の第6話。

最終章に向けて、"杏子の人間性" が試される時が来た!

しかし、今回は杏子が壮一郎の弁護をすることになり、良い意味で、これまでのバラバラだった縦軸のエピソードが一本化され、その意味では、かなり見応えがあった。

特に今回で良かったのは、前回で中途半端に描かれてしまった、杏子は壮一郎を信じて最後まで弁護を続けられるのか、母として子どもたちを守って行けるのか、そして多田(小泉孝太郎)の気持ちをどう受け止めるのかと言った、杏子に与えられた様々な試練が、前回の延長戦上として丁寧に描かれ、いよいよ最終章に向けて盛り上がって来た事だ。

ヒロインの “強さ” を描く連ドラとして完成度が高まった!

夫の不倫と逮捕と言う最悪な出来事で人生が一変してしまった杏子が、弁護士と言う仕事を通して、次々と我が身に襲い掛かる困難や心の痛みに、時には果敢に、時には躓きながらも、立ち向かって行く…

女性主人公の “自分の心情を貫く精神力の強さ”、いやそんなヒロインの “人間性の成長” を描いた作品として、鋭く、時にコミカルに描く連ドラとしての完成度が高まった第7話だった。

今回も、気になるところはある…

ただ、縦軸がここまで重要且つ面白く描かれると、一話完結の部分に杏子を絡めて描く必要があるかな? と。ドラマとしては、間違っているとは言わないが、かなり主人公の杏子が過労過ぎるような(笑) それに、結果オーライとは言え、本件に私情を挟む杏子もどうかと思うが。

あとがき

流石に、杏子に2つの案件を担当させる必要性を感じませんでした。そんなことしなくても、十分に面白いのに…。それと、もう少し、いつも通りにユニークな演出も欲しかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】TBS系 日曜劇場「グッドワイフ」オリジナル・サウンドトラック (ジャケットサイズライナーノーツ付)
TBS系 日曜劇場「グッドワイフ」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン1 DVD-BOX part1


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12483/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

グッドワイフ 第7話

杏子(常盤貴子)への多田(小泉孝太郎)の告白を携帯電話で聞いてしまった壮一郎(唐沢寿明)は、怒りに満ちてそのメッセージを削除します。 多田の告白を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として事件の全容を聞くことに。 一方、神山多田法律事務所にはIT企業社長・剣持(浜野謙太)からの大きな案件が持ち込まれます。 剣持がモデルだと思われる人物を主人公にした映画が無断で公開され、それは彼を...

日曜劇場『グッドワイフ』第7話

『消された真実』「狂気の夫が覚醒へ!!反撃!!消された真実を取り戻せ!!」内容夫・壮一郎(唐沢寿明)の弁護をすることにした杏子(常盤貴子)その記者会見を見ていた多田(小泉孝太郎)は、杏子に連絡を入れ、思いを打ち明ける。が。。。杏子のスマホを持っていたのは壮一郎で。。。その後、佐々木(滝藤賢一)も交えて、壮一郎から、事件の全容を聞く杏子。政治家・南原次郎(三遊亭円楽)の汚職が関わっているという...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: