まんぷく (第109回・2019/2/9) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第19週『10歩も20歩も前進です!』の 『第109回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


ラーメンを常温保存する方法に悩む萬平さん。お湯をかけて元に戻る食べ物を検証しようと、福ちゃんの提案で高野豆腐に注目。早速、麺をその原理で作ってみることに。萬平さんは近所の氷屋さんに頼み込み、高野豆腐の原理を応用して、麺を冷凍させ、外で乾燥させることを繰り返します。一方、福ちゃんは、休みの日も遊んでくれない萬平さんに不満を持つ子ども達と…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ぼちぼち "諦めなくてはいけない潮時" かなと…

いつ、始めの頃のワクワクした『まんぷく』に戻るのか期待しているのだが、残り1か月半となり、ぼちぼち諦めなくてはいけない、潮時かなと思ってしまった第109週の土曜日。

皆が分かっていることをドラマチックに描くのは大変難しい

多くの視聴者は、萬平が天麩羅からフライ麺を閃き、現在はノンフライ麺まで存在することを知っている。だから、皆が分かっていることをドラマチックに描くのは大変難しいと思う。そして、難しいからこそドラマチックに魅せて欲しいのだ。だって、それが実在した人物をモデルにした朝ドラの醍醐味だと思うし。

吉乃に「魔法のラーメン」と言わせたのは誉めたい!

実在した人物をモデルにした朝ドラの醍醐味と言う意味で、一つ誉めたい台詞があった。

吉乃「もしかして 魔法のラーメン作ってるん?」

これまで「お湯をかけるだけで出来るラーメン」や「即席ラーメン」の表現はあったが、「魔法のラーメン」は初登場だ。そして、これを言ったのが吉乃なのも良かった。

吉乃は赤の他人ではないが、レギュラーの登場人物の中では、これまで比較的に萬平と関わりの薄い人物。そんな吉乃が客観的に萬平がやっていることを「魔法」と評価したのは、「萬平=発明家」を強調するのに、とても効果的だったと思う。

「私ならこうしたかなぁ?」の "4つの妄想" を書いてみる…

残念ながら、あとは首を傾げること、と言うか、「私ならこうしたかもなぁ?」と妄想したくなったような展開や演出が、4つばかりあった。

[妄想1] 萬平の製氷店主への配慮を巧く活かしても…

製氷店主への支払い交渉無しに、実験が成し崩し的に始まったのも「萬平=起業家」としてはどうかと思う。更に希望を言えば、萬平は研究費の節約のために製氷店で一日アルバイトしながら実験しても良かったし、無料で店先を借りるのに気が引けて店を手伝うと言い出しても良かったと思う。

[妄想2] わざわざ白薔薇で試食するなら椅子と小皿を…

また、わざわざパーラー白薔薇で試食会を開くなら、小皿に取り分けて座って食べた方が「今度こそ!」って感じが出たかなとも思う。いつもの、あの立ち食いは、あまりお行儀が良いとは言い難いから。

[妄想3] 白薔薇にいつも居て自然なのが敏子なのだから…

福子の友だちの敏子も「天麩羅の日」だけでなく、その前から、それこそパーラー白薔薇に居て一番おかしくない、いや経済的に居て当然なる人物のように思うし、白薔薇で日常的に福子と会っていれば、今回の野菜と海老も自然な流れで貰えたかも知れないし。

[妄想4] 高野豆腐の作り方は萬平が知ってた方が…

高野豆腐の作り方も本を読まないと知らなかった萬平が、天麩羅を揚げるのを見てフライ麺を閃く科学的な知識があるのもご都合主義に見えてしまったから、単純に高野豆腐の作り方は萬平がスラスラと福子に説明した方が良かったのに…とか。

「天麩羅からフライ麺」に辿り着いて良かったとするか…

とにかく、無駄話の方が多くて、前回の15分間が今回のアバンタイトル内に収まってしまう程に内容が薄っぺらなのだから、かなり強引にでも「天麩羅からフライ麺」まで辿り着いて良かったと思うしかないか…

あとがき

予告編を見ても、フライ麺が完成する以外は、大したことは無さそうですね。とは言え、福子が倒れていました。倒れるほど何か役目を果たしてくれるのなら良いですが、まさかあのシーンが来週土曜日のラストシーンで無いことだけ祈ります。

それと、祈りついでに。いい加減に「エピソードの繰り返し」は止めて欲しいです。このまま『まんぷく』が『はんぷく』になって終わるのは見たくないので…。

追伸:この雪の中、2組の結婚披露宴のお手伝いをして来ました。雪化粧のチャペル・ウェディングがとても素敵でした…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12421/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説『まんぷく』第109回

内容麺の保存方法の研究を続ける萬平(長谷川博己)だが、どうしても、上手くいかなかった。そんななか、高野豆腐に着目。敬称略前回の話が、アバンだけで終わるってのは、ホントに、ドラマとして、終わってるよね(失笑)で、あとは、どうでも良い話ばかり。一応、高野豆腐のくだりが入っているので、良いけど。う~~~ん。。。。。8割。。。無駄かな??

高野豆腐と天ぷら>『まんぷく』第109話

​​​​​​​​​​予告に天ぷらが出てきたから 今週はそれがメインか …と思っていたら それとは程遠い方法ばかりが続いたので アレコレ試行錯誤した後に天ぷらに辿り着くのね …と思い直したら 辿り着いたことは辿り着いたけど 辿り着いた瞬間で終わってしまった(笑) …ひじゅにですが何か? ​「ああいう顔は好みやないの」​by吉乃 ↑この台詞...

高野豆腐と天ぷら>『まんぷく』第109話

​​​​​​​​​​予告に天ぷらが出てきたから今週はそれがメインか…と思っていたらそれとは程遠い方法ばかりが続いたのでアレコレ試行錯誤した後に天ぷらに辿り着くのね…と思...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR