まんぷく (第107回・2019/2/7) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第19週『10歩も20歩も前進です!』の 『第107回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


図書館で麺のことを徹底的に勉強した萬平さん。その結果、蒸すことで水分量を増やさずに、麺を作れることが判明。そこで蒸した麺を陰干しして水分を飛ばすことに。陰干しの間、福ちゃんは萬平さんに息抜きしてもらおうと、散歩に誘います。すると、出会う人みんなにラーメン開発の進捗状況を尋ねられます。世良さんには「即席ラーメンは売れない」と言われ…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

発明家の福子が、萬平の尻を叩いて、ラーメン開発する話だっけ?

僅か30秒間のアバンタイトルだが、もしも今回を『まんぷく』の初見の人が見たら、どう捉えるだろう。

働いて家計を支えながら自宅の敷地内に「ラーメン研究所」を作った主婦発明家のヒロインが、仕事も無くボケーっとしている夫を助手にして、妻が夫の尻を叩きながら「即席ラーメン開発」をするかかあ天下の発明家のお話に見えないだろうか?

私なんて、第107回まで一度も見逃していないが、「あれ、福子がかかあ天下の発明家のお話だっけ?」と勘違いしてしまった。だから、ずっと言っているのだ。下手なアバンは止めるべきと…

忠彦の画風が、商品化の袋デザインに影響を与えるとかあるの?

そして主題歌明け。いつもなら「研究所 → 香田家 → パーラー白薔薇 → 研究所」の展開なのに、今回は珍しく鈴が立花家を来訪したから違う展開を期待したのに、結局は内容は順番通りに香田家の無駄話。

まだこの先、忠彦の変わった画風が即席ラーメン商品化の際のパッケージデザインに影響を与えるなんてくだりが用意されていれば良いのだが…

「乾麺にお湯をかけて、ラーメンに戻す」とは誰も言ってない!

さて、鈴が来たからには何か爪痕を残して欲しいと思っていたら、「乾いた麺にお湯をかけるとラーメンに戻ります」と言った萬平にたいして、鈴がこんなこと↓を言った。

鈴「スルメにお湯をかけたって イカには戻らないわよ」

この台詞、とても重要で意味があると思う。これまでの萬平と福子は「お湯をかけるだけで食べられるラーメン」と言っていた。「麺の味がお湯で溶け出してスープになって行く」とも言った。しかし、「乾麺にお湯をかけて、ラーメンに戻す」と言う表現は使っていない。糸昆布をお湯で戻すのを見て閃いたのは確かだが。

おまけに、終盤で世良まで「スルメとイカ」の比喩を持ち出したと言うことは、やはり脚本家も演出家もここへ来て、表現がおかしなのを修正しようとしている可能性がある。良いことだ。

「味付き乾麺=新発明=新商品」だから…

何を言いたいのかと言うと。萬平が作ろうとしている「即席ラーメン」での調理行程は唯一「沸騰したお湯をかける」それだけ。だから、お湯をかける直前の「味付き乾麺=新発明=新商品」なのだ。だから、「味付き乾麺」を作り上げる過程が重要な見せ場でもあり、視聴者にとっては大変楽しめる場面のはずなのだ。

偶然と閃きで一気に「味付き乾麺完成」まで行くべきだった

なのに、盛り上がらない。その幾つかの理由に第104回(2/4)に、「原点に戻る」として萬平が「新ラーメンの5か条」を掲げたことがあると思う。本作は既に10日分ほどと利用して、ず~っと「味付き乾麺」作りを描いて来たのだから、「原点に戻る」などせずに、偶然と閃きで一気に「味付き乾麺の完成品」まで行けば良かったのだ。

それをせずに、仕切り直しをしてしまったから、話が一向に進んでいないようにしか見えないし、同じことの繰り返しにしか見えなくなった。今後は「お湯をかけるだけで食べられるラーメン」と言う表現を「味付き乾麺にお湯をかけて、ラーメンに戻す発明」と強調した方が良いと思う。何より、分かり易いし映像とも合致するからだ。

「お湯をかけるだけで食べられるラーメン」は商品発売の際のキャッチコピーに取っておくべきだったと思う…

あとがき

今って「新ラーメンの5か条」の中の「常温で保存できること」と言う項目を攻略するために、様々な乾麺の製造方法を模索しているはずですよね。

でも、今回の描写を見る限りでは、お湯をかけるとラーメンに戻る乾麺の製造方法を模索しているように見えませんか? これ「便利であること」の研究ですよね。だから「新ラーメンの5か条」なんて不要だったのです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12413/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒸す>『まんぷく』第107話

​​​​​​​​​するめの天ぷら…を 以前スーパーで買って食べたんだけど ちょっと固いかな…くらいで 生のイカの天ぷらとの違いがよく分からなかった ヤバイでせうか? …ひじゅにですが何か? ​「するめにお湯をかけたってイカには戻らないわよ」 ​                                     byお母さん ↑そこは、...

蒸す>『まんぷく』第107話

​​​​​​​​​するめの天ぷら…を以前スーパーで買って食べたんだけどちょっと固いかな…くらいで生のイカの天ぷらとの違いがよく分からなかったヤバイでせうか?…ひじゅにで...

連続テレビ小説『まんぷく』第107回

内容様々な時間で、麺の陰干しをするが上手くいかず。福子(安藤サクラ)に言われ、もう一度、麺について調べる萬平(長谷川博己)すると、水分量が大切だと判明。麺を茹でず、蒸すことにして。その後、陰干し。時間を待つ間、福子は、萬平を誘い。。。敬称略「僕には見えるんです」。。。。。超能力者夫婦だね(笑)そこはともかく。ほんと。。。ダラダラ。

【まんぷく】第107回(第19週木曜日) 感想

…・陰干しの間、福ちゃんは萬平さんに息抜きしてもらおうと、散歩に誘います。すると、出会う人みんなにラーメン開発の進捗状況を尋ねられます。世良…・

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR