初めて恋をした日に読む話 (第4話・2019/2/5) 感想

初めて恋をした日に読む話

TBS系・火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』公式
第4話『勝負の勉強合宿は大混乱!二人きりの夜に僕だけのご褒美』の感想。
なお、原作の漫画、持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)は未読。


順調に成績を伸ばす匡平(横浜流星)は高校3年生に進級。順子(深田恭子)は山下(中村倫也)から、冷淡な父に加え母を亡くしているという匡平の家庭環境を聞き、その孤独を思いやる。そしてゴールデンウイーク、3泊4日の勉強合宿が開催される。当日、匡平と美香(吉川愛)は、東大クラスの鷲津(内藤秀一郎)らがおとなしい女子・大塚(神岡実希)をいじめている場面に遭遇する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)
脚本:吉澤智子(過去作/あなたのことはそれほど、きみが心に棲みついた)
演出:福田亮介(過去作/きみが心に棲みついた、チア☆ダン) 第1,2
   吉田健(過去作/あなたには帰る家がある、この世界の片隅に) 第3,4
   坂本栄隆(過去作/記憶、僕らは奇跡でできている)
音楽:出羽良彰(過去作/5時から9時まで、ダメな私に恋してください)
   兼松衆(過去作/あなたのことはそれほど、僕らは奇跡でできている)
主題歌:back number「HAPPY BIRTHDAY」(ユニバーサルシグマ)

『逃げ恥』『花晴れ』に負けず劣らずの胸キュンドラマの可能性!

TBS系・火曜ドラマ枠の最近の胸キュンドラマ、『逃げるは恥だが役に立つ』や『花のち晴れ?花男 Next Season?』に比べれば、明らかに無駄な要素が多く、恋バナドラマとしては格下になるのは明らかなのに、とある理由で前2作に負けず劣らずの胸キュンドラマに仕上がりつつあり、特にこの第4話に於ける胸キュン度数は相当なものだ。

その「とある理由」とは、主人公・順子の超個性的なキャラ設定の良さと、順子を見事に演じる深田恭子さんの演技と、“ユリユリ” こと匡平を演じる横浜流星さんの新鮮な魅力に尽きる。

順子の設定と、深キョンのぶりっ子演技の融合が素晴らしい!

特に素晴らしいとも言えるのが、本当の恋をしたことがなく「好きって何?」とあっけらかんと言えてしまうような恋愛に鈍感なアラサー女性と言う設定だ。

恋愛に鈍感な順子と言うだけでは魅力不足になるから、順子の周囲にいる男性たちとの交流を描くことで、少しずつ順子が変化し、極端に言えば、シーン毎にどんどん成長し変化する順子が見られる。更に、深田恭子さんのぶりっ子演技に今回は更に磨きがかかり、恋愛スキル最低層の32歳の独身女性を見事に演じている。

丁寧な演技で物怖じしない匡平を演じる横浜流星さんの魅力

また、ピンクの髪をした横浜流星さんの俳優としての魅力だ。私は流星さんが数年前から出演されている『痛快TV スカッとジャパン』内の『胸キュンスカッと』での彼の演技力と存在感には注目していたのだが、昨年劇場公開された映画『虹色デイズ』では少々残念だったから、ちょっと本作の抜擢には心配だった。

しかし、蓋を開けてみると無駄な心配だった。1つ1つの丁寧な演技による仕草で、ズバリ本質を見抜き物怖じしない、真面目な青年を演じている。作品と役どころに恵まれたからこそ、若手俳優として開花した…と言う感じがする。

丁寧な描写で、落ち着いて観て楽しめる胸キュン恋バナだ!

この順子と匡平のキャラが際立っており、個性を丁寧に丁寧に描いているから、落ち着いて観て楽しめる作品に仕上がっている。今回は、合宿と言う解放的な設定を活かして、お色気や笑いの要素も盛り込んで、より面白い胸キュンドラマになっていると思う。無駄とも思われる部分も終盤には必然に変わっており、今後に期待出来そうだ。

あとがき

決してテンポが良い作品ではありませんが、登場人物が丁寧にしっかりと描かれているので、むしろじっくり楽しめますね。次は折り返しの第5話なので、順子を取り囲む男たちが動き出しそうですね。なかなか見応えのある恋バナになって来ているので、ちょっと驚きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】HAPPY BIRTHDAY(初回限定盤)(DVD付)【特典:未定】
初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12406/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めて恋をした日に読む話 第4話

順子(深田恭子)は雅志(永山絢斗)から告白をされますが、超一級の鈍感さを持っているため、これが告白だとは気付きませんでした。 その場を目撃した匡平(横浜流星)は複雑な心境になりますが、気持ちを振り払うように勉強に励みます。 時は流れ2018年4月、匡平は高校3年生の春を迎えます。 一真(中村倫也)から、匡平の成績が驚くほど良くなったことと家庭環境のことを聞いた順子は、今まで...

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第4話

内容仕事を手助けしてくれた順子(深田恭子)に、思いを打ち明けた雅志(永山絢斗)しかし順子は、気付いてくれなかった。そんな2人のやりとりを見ていた匡平(横浜流星)は。。。。雅志から順子との出来事を聞いた美和(安達祐実)は、呆れるばかり。順子は重症だと。その順子は、雅志、匡平の気持ちを感じ取れないまま、雅志にも協力してもらいながら、匡平の東大受験へと打ち込んでいく。そして。。。年が明け。。。春。...

初めて恋をした日に読む話 #04

『勝負の勉強合宿は大混乱!二人きりの夜に僕だけのご褒美』

初めて恋をした日に読む話 第4話

初めて恋をした日に読む話の第4話を見ました。 雅志は順子を抱きしめて告白するのだが、超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。 「雅志、大丈夫?そんなに改まって感謝してくれなくても私、久しぶりに運転できて楽しかったし。もう、あ、車欲しくなっちゃった」 「は?いや、今俺お前に付き合ってくれって」 「飲みにならいつでも付き合うよ?会社で何かあった?珍しく弱気になっちゃって…」...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR