●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

まんぷく (第103回・2019/2/2) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第18週『完成はもうすぐ!?』の 『第103回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


「スープを練り込んだ理想の麺」をどうしても作れない萬平さん。手伝う福ちゃんもガッカリする日々が続きます。試行錯誤が一か月ほど続いたある日、萬平さんはようやく原料、水分の適切な配合を導き出すことに成功。早速、試作の麺にお湯をかけて味見します。ところが、麺としては問題ないものの、肝心の味がありません。またもやラーメン作りは壁にぶつかります。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ここ1か月の中で最も "萬平らしさと福子らしさ" を描いた

珍しく無駄のない短い尺のアバンタイトルで始まった第103回。アバンを入れるなら、毎回この程度にして欲しいものだ。さて、今回はどうしのだろう? 主題歌明けから、萬平は麺作りに没頭している姿を、福子は育児と家事をしている姿を並行に描いた。恐らく、ここ1か月の中で最も萬平らしさと福子らしさを描いたと思う。

“らしさ” とは、萬平は発明と開発、福子は家事育児と萬平の手伝い。これがきちんと描かれた。最初から、このように描いていれば、夫婦二人三脚が表現出来たのに…

褒めてばかりはいられない。本作には致命的な欠陥がある!

しかし、褒めてばかりはいられない。致命的な欠陥がある。いや、あったと過去形にするべきだろうか。それは、第100回でまだ萬平すら発言していないはずの「お湯をかけるだけで食べられる即席ラーメン」を萬平が作っていると “予言” してしまったことと、前回では萬平が、今回では森本も「お湯をかけるだけで食べられる」と言った。

「お湯をかけるだけ」と「麺を茹でる」は相反する!

だが、「お湯をかけるだけで食べられる」と「麺を茹でる」ことは、現実的に相反することをやっているのだと、発明家の萬平は愚か、恐らく脚本家も演出家も気付いていないことだ。なぜなら、ここ数日間の描写では、萬平は濃縮粉末スープを練り込んだ生麺を作っている。

しかし、先日の初めての試食の時は味付き生麺にお湯を注いで「不味い」と皆から言われたはず。だとしたら、賢明な萬平なら生麺にお湯をかけても無駄であると思い付かないとおかしい。だって、萬平が目指すのは「お湯をかけるだけで食べられる即席ラーメン」なのだから。

福子が "予言" したのを "精査" していないから破綻する…

まあ、チキンラーメンやカップヌードルが無い時代の話だから、「味付き生麺の即席ラーメン」を袋入りで売り、家でお湯をかけるだけで食べられる即席ラーメンを発売することになる可能性も無い訳ではない。

ただ、やはり解せないのが、最初に「お湯をかけるだけで食べられる即席ラーメン」と福子が “予言” してしまったこと。これさえ無ければ、まずはフライ麺に行く前段階で「味付き生麺の即席ラーメン」を目指しているのは納得出来るのだが。スタッフがきちんと精査していないから、肝心な部分で破綻するのだ。

あとがき

今回の終盤で萬平が「根本から考え直す」と言っていましたが、「お湯をかけるだけで食べられる」と福子が予言してしまった時点で「麺を茹でる」行為は無駄なのです。それをダラダラと描いたのが今週の後半でしたね。

そして、予告編ではフライ麺に辿り着くのはほんの少しで、あとは本筋に無関係な無駄話ばかり。受信料なのですから「真面目に作れ」と言いたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12388/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一歩前へ>『まんぷく』第103話

​​​​​​​​​​​​考えたら>考えなくても チキンラーメンもカップヌードルも 食べたことあるけど チキンラーメンぶっこみ飯も 食べたことあるけど チキンラーメンどんぶりは未体験だった …ひじゅにですが何か? ​「スープを練り込んだのが間違っていた」​by萬平 ↑懸念した通りだな 試行錯誤の末 “麺”の形にすることに成...

一歩前へ>『まんぷく』第103話

​​​​​​​​​​​​考えたら>考えなくてもチキンラーメンもカップヌードルも食べたことあるけどチキンラーメンぶっこみ飯も食べたことあるけどチキンラーメンどんぶりは未体...

連続テレビ小説『まんぷく』第103回

内容スープを練り込んだ麺作りに苦戦する萬平(長谷川博己)試行錯誤でひと月ほど経ったある日、思っているような綺麗な麺が出来上がる。敬称略おかしなセリフを、わざわざ、なぜ、盛りこむかなぁ。。。。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR