●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[再]連続テレビ小説「エール」 (第29回・2020/7/31) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・[再放送]連続テレビ小説『エール』公式サイト
第6週『ふたりの決意』の 第29回:村野鉄男(中村蒼)の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。

 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。
【告知】個人的なことですが、8月以降も元のように仕事が動き出しそうにないので、毎朝起きると辛いです。従いまして、『エール』の再放送の感想は、出来るだけ前向きな内容に書くことにします。もちろん、「ここをこうした方が良かった」と言うのは書くつもりですが、済んだことに、あれこれ言っても、虚しさが募るだけですので… ※暫く“テンプレ”です。


音(二階堂ふみ)は、心を閉ざしてしまった裕一(窪田正孝)の音楽の道をさがすために、レコード会社を回って売り込みを続けていた。ある日、吟(松井玲奈)のお見合い相手の鏑木(奥野瑛太)の紹介で、以前訪ねたことのあるコロンブスレコードをふたたび訪れる。その時は、すぐに断られた音だったが、音の再訪を知った廿日市誉(古田新太)が駆け寄ってくる。廿日市の話は驚くべきものだった!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●原作:林宏司 ●脚本:吉田照幸 ●演出:松園武大(敬称略)

第29回は、アバンタイトルと終盤のギャップの良さが絶妙

前回の感想は、少々手厳しいことを書いたが、あれはあれで再放送に対しての私の本音。しかし、内容については、前回と今回は非常に良く出来ている。

例えば、アバンタイトル。本放送時の感想にも書いた通り、私は、今週から本格的に 「鈍感であり思慮の浅さもある裕一」を救うのが「問題解決能力、ブレークスルー出来る音」の物語が始まったと言う解釈だから、今回のアバンタイトルのような「鈍感であり思慮の浅さもある裕一」を視聴者に植え付けるようなエピソードはとても重要。

裕一(窪田正孝)が、つい「鈴木さんが『あのぐらいが ちょうどいい』って言ってた…」と栗が滑ってしまうところや、川俣銀行支店長の落合(相島一之)が裕一に「逃げんなよ 自分の心から」と釘を打つ感じも。裕一を万能選手に描かない方が、音の活躍が際立つから…

「裕一さん 喜ぶかな?」と言う台詞は、想像以上に重要

さて、主題歌明け。初見の時の感想にも、前回の再放送の感想にも書いたが、 裕一の「音楽を続けたいと言う気持ち」と、その延長線上にある「留学したい」と言う夢と、音(二階堂ふみ)が「裕一をレコード会社に売り込む」との間には、それなりの距離があって、そこを埋めて欲しかったのが前回の第28回。

しかし、その埋めて欲しかった部分を、この第29回では、吟(松井玲奈)に(仮なのか本契約なのか分からないが)契約書をチェックして貰った音が、「裕一さん 喜ぶかな?」と言うシーンがある。

このことで、留学をさせるのは金銭的に無理だけど、他のことなら出来るかも? と考えた音が、「問題解決能力、ブレークスルー出来る音」を発揮して、見合い相手から転がって来たコロンブスレコードの伯父の話に食いついて、更に前回での母・光子(薬師丸ひろ子)に 「ぐだぐだ言っとらんで お願いするんじゃない。契約してやるくらいの勢いで行くの! の亡者に 頭なんか下げるな!」と、強く背中を押されて動いた…と、この位の好意的な脳内補完はしても良いと思う。

だから、「裕一さん 喜ぶかな?」と言う台詞は、想像以上に重要だったってことだ。

「いつ、どこで、誰が」をきちんと描くと物語の軸が見える

また、音の行動力と機動力の良さを表すのに、音が呉服店「喜多一」に朝一で訪問する際に、開店前であることと、「朝早くから申し訳ございません。一刻も早くお伝えしたいことがあり」と、しっかりと説明を加えたのも良かった。

時々、本作は「いつ、どこで、誰が」を雑に描くことがあるから、こうしてきちんと描写されると、物語の軸がしっかりと見える。

いつもと違う茂兵衛の一面が見える病室のシーンも秀逸

昨日の感想で、「今週の解説が茂兵衛(風間杜夫)でも良かった」と書いた理由の一つが、8分頃の茂兵衛と裕一が、病床の妻・絹子(村上里美)を見舞うシーンがあるから。

のちに「本当は陶芸家になりたかった」と告白して、裕一と妻となった音を応援する意味を込めて、見た目ではどっちが夫用で妻用なのか区別がつかない手作りの夫婦茶碗を贈ったのを知っている分だけ、妻の手が僅かに動いただけで「動いた! 裕一 手 握ってやってくれ」と嬉しそうにしている茂兵衛の妻への愛情の深さ、源蔵(森山周一郎)と八重(三田和代)に押し付けられているような現状への辛さが心に沁みた。

いつもは威厳のある男だが、実は心根の優しい男の一面が見られる印象的なシーンだと再確認できた。

心を閉ざした裕一に、音と鉄男の声が届かないもどかしさ…

音楽を捨て、音も捨て、養子縁組を成立させることが、自分にとっても、家族にとっても一番良い選択だと必死に思い込もうと必死な裕一が描かれる中で、12分過ぎの教会でのシーンは、何度見てもいい。裕一と音のやり取りの序盤は、三脚に固定されたカメラで撮影されたカットの連続。

それが、音の「これ 断ったら 終わっちゃうよ」の台詞から手持ちカメラになる。(恐らく)都合3台のカメラが手持ちになって、完全に心を閉ざした裕一と、音楽を続けさせたい音をきっちりと描写していく。

そして、そこへ鉄男(中村蒼)が加わり、音楽を続けるように説得するが、この場面での裕一は、序盤にいた「鈍感であり思慮の浅さもある裕一」とは全くの別人で、こう言う15分間の中にしっかりと緩急を入れて来るは、本当にドラマチックだ。そして、このあとの裕一と音とのやり取りも良かった。

裕一「何で…? 何で? 何で みんな… みんな
   僕のこと ほっといてくれないんだ」
 音「救われたからよ! 励まされたからよ!
   元気をくれたからよ!
   みんな あなたに幸せになってもらいたいの。
   自分の人生を歩んでほしいの!」

完全に、心を閉ざしてしまっている裕一。その裕一の頑なさは、教会を出て、下宿に戻っても、音と鉄男の説得に必死に耐える。そんな中でも、「自分の人生… 家族の人生…」と自問自答して苦悩する裕一。窪田正孝さんの演技力が光ったシーンでもあった。

今週で最も鉄男の解説に工夫があり、聴き応えがあった

今回も、台詞は多いが、ナレーション自体がテンポ良く入っている上に、中村蒼さんによる “乃木大将” こと「村野鉄男」になり切った副音声による解説が、期待以上に感情を込めて入っていて良かった。

また、前回の第28回までは無かった、台詞と台詞の合間に解説が入る場面もあって、鉄男が裕一を心配している気持ちが、台詞と解説の相乗効果で、より鉄男らしさが際立ったと思う。やはり、アバンの銀行のシーンや、新聞社や教会のシーンの解説を聞くと、やはり今回の解説は鉄男で良かったと思う…

あとがき

あれよあれよと、明日は土曜日で、しかも8月1日。鉄男による解説も最終日ですね。そして、内容も第5週の金曜日放送分と言うことでキリも良いです。次回は、裕一が重大な決断をする大切な回。そこを、鉄男がどう解説して、再放送らしさを更に聞かせてくれるのか楽しみです。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 エールPart1 NHKドラマ・ガイド
連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説 エール Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)
古関裕而の生涯 傑作メロディーCD付き (TJMOOK)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14457/

スポンサーサイト



[[再]連続テレビ小説「エール」 (第29回・2020/7/31) 感想]の続きを読む

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 (第3話・2020/7/30) 感想

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

フジテレビ系・木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式
第3話『俺はあんた達とは違う』の感想。
なお、原作の荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)は未読。


透析治療中の小学校教諭・新田(浅利陽介)が入院。新田は大量の服薬が必要で、その管理や指導に疑問を抱いたみどり(石原さとみ)は、処方したドラッグストアへ乗り込む。だが、担当薬剤師の言葉に何も言えなくなる。一方、人手不足に悩む販田(真矢ミキ)は、くるみ(西野七瀬)を連れ、薬科大学へ。そんな中、新田に寄り添おうと悩むみどりに瀬野(田中圭)はある助言をする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、ストロベリーナイト、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京)
演出:田中亮(過去作/医龍、BOSS、コードブルー3、コンフィデンスマンJP) 第1,2
   相沢秀幸(過去作/グッド・ドクター、トレース~科捜研の男~、モトカレマニア) 3
音楽:信澤宣明(過去作/義母と娘のブルース、映画「ニセコイ」)
主題歌:DREAMS COME TRUE 「YES AND NO」(ユニバーサルシグマ)

序盤の、みどりと小野塚の激論のシーンは良かったと思う

序盤での、院内薬局勤務の薬剤師・みどり(石原さとみ)と、ドラッグストア勤務の薬剤師・小野塚(成田凌)のやり取りは良かった。とくに、小野塚の言っていた “24時間営業の院外薬局” の実情を熱く語って、みどりを論破するのは本作らしからぬ現実的な描写。

ただ、回想シーンで、小野塚が透析治療中の小学校教諭・新田(浅利陽介)に薬を渡していたのは「1剤1袋」なのに、新田が持っていた問題の薬は「一包化」されていた。ここは、1つの袋だけでも「一包化」がたくさん入った大きな袋にしたら良かったと思う。惜しいなぁ。

前回は薬剤管理、今回は患者管理に問題のある病院の設定…

でも、その後のドラッグストアの小野塚の勤務する姿なんて、いい感じだ。な、なのに、また患者が病室から逃亡って? もはや、看護師とか薬剤師とかの問題ではなく、病院自体の患者の管理体制に問題があるように見えてしまった。

そもそも、前回で、劇中に登場する 萬津総合病院は、「医師と看護師や薬剤師が積極的に協力をして薬剤管理をしていない設定」に見えて困ったばかりなのに。今回では、「医療従事者が積極的に協力して患者管理にも問題がある設定」まで加わってしまった。

「騒動」を起こして、そこからドラマの歯車を大きく回そうと言うのを全面否定はしないが、その「騒動」の “きっかけ” が病院側の落ち度ばかりなのが、本当に気になる。

ある程度は原作(未読)に縛られているのだろうが、あれだけ薬剤師が頻繁に病室の患者を訪れるような「患者に優しい病院」であるなら、入院患者が抜け出すのを見逃すはずは無いような気がしてならない。

今回はみどりでなく、小野塚が患者を探す自然な展開へ…

しかし、以前は、みどり自身が病院を飛び出して患者に関わって違和感アリアリだったのに、今回は、勤務が終わった小野塚が機転を利かせて新田先生の居場所を突き止めると言う自然な展開になった。

もう、小野塚が主人公で良いのに…と、思ったら、新田先生の処置が終わった処置室から出て来た瀬野(田中圭)が、唐突に「君 もしかして 小野塚君?」と言っていた。

初対面の、それも自分の病院のミスで抜け出した患者を助けてくれた薬剤師のことは、普通「あなたが薬剤師の小野塚さんですか?」でないの? なんか、こう言うちょっとしたことも気になる。なぜ、こうも「通院したくない病院」に描くのだろう…

お薬カレンダーのシーンも、かなり良かったと思う

後半に差し掛かった頃、新田先生の教え子が来てから、みどりが新田先生に退院後の服薬指導をする場面は良かった。まず、お薬カレンダーを知らない人がいるなら、その人たちへの啓蒙にもなっただろうし。

個人的には、部屋にお薬カレンダーがあると、「自分は病人」って感じがして暗くなるから、百均のダイソーで売っている「7daysピルケース」をお勧めしたい。1週間分の薬を「朝、昼、晩、寝る前」の4つに分けて入れられる。私は出張や旅行に行く時はそのまま持ち出すし、防災グッズの中にも、1ケース入れてある。やはり、薬は指示通りにきちんと飲んでこそ、効果を発揮するものだから。

今回の主人公は、やっと患者に寄り添う薬剤師に見えた

それに、毎回必要以上に患者へ肩入れし過ぎるみどりだが、今回は自然な感じで、患者に寄り添って、薬剤師としての仕事をした。

お薬カレンダーに生徒たちに書いて貰ったカードを入れると言うアイデアは、私も初期のレビー小体型認知症だった母が多剤併用(薬が多い)、複数診療科受診、複数病院受診をしていた時に、家族や母の友人やヘルパーさんたちで、28枚のメッセージカードを書いてやったことがあるから、それもいい感じだ。

薬剤師が病院から出て何かする違和感も、このエピソードなら十分にアリだ。こう言う描写が増えると、リアリティーの欠如も、少しずつ気にならなくなると思う。

薬剤師がバイアルから注射器に薬を引くなんてあるのかな?

一つ気になったのは、終盤での研修会のシーン。救命の処置の描写で、医師が薬剤師の瀬野の「薬剤師さん ベラパミル」と言って、別の薬を提案するまでは良かったのだが、いくら救命の現場でも、薬剤師がバイアル(注射剤を入れるための容器)から注射器に注射剤を引くことなんて、あるだろうか?

少なくとも、薬を注射器に引くのは看護師の仕事では!? 今回は、みどりよりも、清野の描き方に違和感を覚えた。まあ、本作は救命の現場では薬剤師が大活躍するのが定番の描写だから、あれこれ言ってもしょうがないが。

でも、いくら存在感を作りたいからと言って、あまり現実とかけ離れない方が良いと思う。現役&元薬剤師含めて多くの医療従事者も見ているわけだから…

第3話は、これまでの中で、最もベタだけどマシだった

ただ、全体的に、この第3話は、これまでの中で、最もベタだけどマシだったと思う。ちょっとお節介でウザいけど、みどりが小野塚に向き合って、理想と現実の話をするのも悪くなかったし、小野塚が自分の未来に向き合おうと気持ちを変えるのも、医療ドラマらしい清々しさもあった。あとは、新田先生と小野塚のエピソードが、もう少しまとまったら良かったと思う。

エンドクレジットの映像くらいに本編にも力を注いで欲しい

でも、まだまだ物足りない。特に、今回のラストのエンドクレジットの映像なんて、個人的に毎回大好きだし、あれだけ盛り上げられるのならば、本編の方に力を注いで欲しい。主人公が出しゃばらない方がベタで良いなんて本末転倒。きちんと本編で感動させて欲しい。

あとがき

今回は、ほぼ全編が薬剤師のお話でした。まあ、そうなるのも分からなくもないですが、やはりもっと「チーム医療」の今を取り入れて、もう少し薬剤師が医師や看護師と連携して動いているように描いても良いと思います。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」オリジナルサウンドトラック
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(上) (扶桑社文庫)
YES AND NO / G



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14456/


【これまでの感想】
第1話 第2話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR