●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

スカーレット (第53回・2019/11/29) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第9週『火まつりの誓い』の 『第53回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


喜美子(戸田恵梨香)は、絵付けの師匠・深野(イッセー尾形)と兄弟子らとの事実上のお別れ会を終える。家に帰ると、父・常治(北村一輝)と母・マツ(富田靖子)が待ち構え、常治から深野がクビになったのかと聞かれて喜美子は反発。ケンカになる。火まつり本番の日。信作(林遣都)がカメラ片手に来て、神社に出発する前の喜美子と八郎(松下洸平)と遭遇。二人を見送る。夜が更けて、松明を担ぐ喜美子たちは山道を登り始め…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

火まつりの袢纏を着た喜美子に惹かれる八郎が良かったから

終盤での「火まつり」の袢纏(ハンテン)を着た喜美子を見た八郎(松下洸平)が、徐々に喜美子に惹かれて行く様子がとても良かっただけに、今回はちょっと手厳しいことを書こうと思う。やはり、今回のような15分間は二度と無いことを期待したいから…

9分過ぎまでの親子喧嘩って、必要だった!?

9分過ぎまで描かれた、絵付けの師匠・深野(イッセー尾形)と兄弟子らとの事実上のお別れ会(数日間は、まだ一緒に仕事をするようだから)を終えて、喜美子(戸田恵梨香)が家に帰ると、父・常治(北村一輝)と母・マツ(富田靖子)が待ち構え、常治から「深野がクビになったのか?」と聞かれて喜美子は反発し、親子喧嘩。

あれ、必要だったのだろうか? そりゃあ、今回が初見の視聴者向けのサービスと言われたらそれまでだが。

東京に行って常治が変わったなら、その理由を絵がなくちゃ

毎日観ている視聴者なら、生活苦の川原家の中で、喜美子が深野を師匠として尊敬し、好きな仕事をすることで収入減になり、喜美子の妹の直子(桜庭ななみ)が上京して働くも家には一銭も入れず、常治は好きでもない仕事をしているのに、娘は好きなことをやっていて、その上それが首になるとかならないとかで…揉めたと言う話のようだが、それで一体何を視聴者に伝えたかったのだろう?

常治が直子に連れ添って東京に行き、そこで “何か” があって、ちょっとまともなことを言うようになったのを伝えたかったの? それなら、きちんと常治に起きた “何か” を事前に描いて貰わないと困る。で、良く分からないから録画を観なおしても、結局は、喜美子と常治が互いに自分の意見を主張していただけで、喧嘩のあとに外に出る喜美子を見ても、常治に言われたことが “何らか” 影響したようには見えないし。

親子のおかしな意見の言い合いっこに見せたのは失敗だった

いや、親子喧嘩なんて朝ドラにはつきものだし、3人の演技も悪くない。しかし、耳で “聞いているだけ” だと、わざわざ言い合う程のことかな? って思う。毎日観ていれば分かることを、むしろ変な台詞回しで、親子のおかしな意見の言い合いっこに見せちゃった…と言う感じ。

もう少し、これまでに常治がやりたくない仕事を一生懸命にやっている姿や、酒を我慢している姿でも描かれていれば、このシーンの印象もだいぶ違って来たと思う。本作って、たまにこのような雑な描写がある。働き方改革で短時間で制作しているのは重々理解するが、頑張って欲しい。だって、昨日なんて、とっても良かったのだから。

なぜ唐突に喜美子が今年の火まつりに参加するのかが不明瞭

そして、9分過ぎから描かれた「火まつり」。12分過ぎに祭りの衣装をまとった喜美子がこんなことを言った。

喜美子「今年は参加することにしてん」

と言うことは、「火まつり」は毎年開催されているが喜美子はこれまで参加しておらず、今年は深野がいなくなるから参加すると言う意味にしか取れない。実は、「火まつり」と言う行事を知らなかったから調べてみると…

「火まつり」は、古くは数百年前、江戸時代以前より続くと伝えられる祭りで、「陶器づくりに欠かせない火」、「産業や生活・文化に欠かせない火」への感謝と火に関わる安全を願って、新宮神社から、愛宕山山頂の神社に松明を奉納する祭り

だそうだ。ここで、2つの不満がある。

1つ目の不満:以前にも「火まつり」を登場させなかったこと

1つは、この「火まつり」を、未見の人には恐縮だが、朝ドラ『カーネーション』に度々印象的に登場した祭り「だんじり」のように、もっと以前から描くべきだったと言うこと。例えば、喜美子が大阪の荒木荘にいた3年間で住人たちとの会話の中に登場させて、故郷を思い出しても良かった。

大阪から帰って来た信楽での3年間の修業期間の中でも、信楽を象徴する行事として信作(林遣都)を絡めて1回位は描いても良かった。欲を言えば大阪に行く前の約10年間の少女期に「火まつり」を見に行く喜美子を描いても良かった。

2つ目の不満:まつりに「参加」の意味が不明瞭なこと

もう1つの不満は、「参加」が何を意味するのかが曖昧なまま話が進んでいることだ。恐らく、本作に於ける「参加」は、“信楽焼職人として松明を持って山を登る” ことだと想像できる。でも、一般的には “祭りを見に行く” ことも「参加」と言うし、“祭りの裏方として関わる” ことも「参加」と言う。だから、そこをハッキリして欲しかった。

脚本家や演出家や出演者が分かっていても、視聴者にそれが “正確に” 伝わっていなければ、既に冒頭で「事実上のお別れ会」は済んでいるのだから、悪く言えば蛇足。良く言えば、最後に一花咲かせてフカ先生の退場劇をやろうってこと。だったら、もっと丁寧に「火まつり」を説明しておくべきだったと思う。

あとがき

明日に描かれるであろう、「火まつり」の本番の様子が、ただの滋賀県の観光PR映像に終わらないことを祈るばかりです。そして、喜美子が今年「火まつり」に参加したと言うことは、喜美子が信楽に残ると言うことでしょうから、丸熊陶業唯一の絵付け師になる訳で、そこからの新たな展開に期待します。って、まだ土曜日分がありますが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
緋色のマドンナ: 陶芸家・神山清子物語
火火 [DVD]
スカーレット ノベライズ上巻
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13528/

[スカーレット (第53回・2019/11/29) 感想]の続きを読む

ドクターX~外科医・大門未知子~[6] (第7話・2019/11/28) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[6]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~[6]』公式
第7話『(不明)』の感想。



未知子(米倉涼子)は丹下(市村正親)の頼みで世界的な銀行家のセブンに会い、その物言いで彼を怒らせる。そんな中、セブンの胃がんが発覚し、嫌われた未知子に代わり加地(勝村政信)が手術を担当。加地は原(鈴木浩介)や多古(戸塚純貴)と共に問診を行うが、英語を聞き取れず不安を覚える。一方、妻・ナタリーと出掛けた未知子は、セブンが手術を嫌がる理由を知る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/ドクター-X 1,2,3,4) 第1,2,5,7
   林誠人(過去作/ドクター-X 2,3,4,5) 第3,4
   香坂隆史(過去作/火の粉、限界団地、、緊急取調室3、サイン) 第6
演出:田村直己(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5) 第1,3,5
   松田秀知(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5)) 第2,4,7
   山田勇人(過去作/ドクター-X 3)) 第6
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5)
主題歌:ソー・ホワット/P!nk

「悪性高熱症」で1話を作ろうする時点で、浅はか過ぎる!

ちょっと医療を知っている人なら、遺伝的体質により麻酔によって高熱を生じたり筋肉が硬直したりして死亡する人がいるのは、結構知っていること。我が家の “外科医でない医療関係者” でさえ序盤で速攻それを疑っていたから、間違いないと思う。

で、一応調べてみると、「悪性高熱症」は、約10万人に1人と極めて稀な確率の遺伝体質。だから、もう最初の段階で親の盲腸の手術後に熱発して死亡したのを聞いた時点で、加地(勝村政信)や原(鈴木浩介)が気付かない上に、アナフィラキシーショックと勘違いする時点では、日本一の病院を目指すと言う設定の帝都医科大学付属病院本院の外科がどの程度かお里が知れちゃうし、加地らを能力の乏しい外科医に仕立てて、未知子(米倉涼子)に気付かせて見せ場を作る位のアイデアしかない時点で脚本家のお里も知れちゃうって話。

患者の命を救う医療ドラマとフリーランスのドラマの面白味を失った!

さて、冒頭から、これまでのシリーズの本作の見所である「命を助けたい → 切らせて → 私失敗しないので」が、特に『6』になってから「切りたい → 私失敗しないので → 患者が助かる」の構造になっているから、患者の命を救う医療ドラマの面白味がかなり薄まり、更に「私、フリーランスだから」と言いながら、医局に常駐しオペ室もオペ看も使い放題で “腕が良ければ内をやってもOK” みたいだし、ほぼフリーランス感も乏しくなり、今回は特にその傾向が強まって、全く面白味を失ったと言わざるを得ない。

インバウンド観光時代とは言え、無駄な場面と演出が多過ぎ!

更に、患者を外国人にしたために、いつもの「患者の人生パート」で “泣けるドラマ” を作れなかったから、インバウンド観光時代とは言え、脚本による無駄なシチュエーションと、そこに力を入れちゃった演出が多くなり、これがあの『ドクターXなの!?」と言う仕上がりだった。

最終章へのネタ振りは数話で小分けした方が良かったのでは?

で、困ったことに、44分過ぎの高級ステーキ店から最後の逮捕のシーンを見れば、今回が最終章に向けてのネタ振りを兼ねていたことが分かる。既に第7話だから、最終章へのネタ振りをするのも、したいのも理解はするが、だとしたら、今回の外人設定も手術も全部必要なかったのでは? それよりも、こんな重要なネタ振りは、連ドラなのだから数分でやらずに、数話に小分けするべきだったと思う。

あとがき

今回、ユースケ・サンタマリアさんや内田有紀さんらが、その他にも準レギュラー的な俳優さんたちが出演していませんでしたが、出演料の節約ですかね。幾度も書きますが、 自分勝手で下品で稚拙な人間がフリーランスで雇われることなんて現実的でないし、もしもそうなら “腕が良ければ何をやっても良い” と言うことを助長しているようで、ちっともスッキリしません。脚本家の中園ミホさん、一体どうしちゃったの? 早く元の『ドクターX』に戻して下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
So What / Pink[Explicit]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13527/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR