ドクターX~外科医・大門未知子~[6] (第3話・2019/10/31) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[6]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~[6]』公式
第3話『(不明)』の感想。



失言で世間を騒がせた厚生労働大臣・梅沢が、ほとぼりが冷めるまでの間、うその入院を希望。丹下(市村正親)は断るが、不起訴で釈放された蛭間(西田敏行)が病院長として戻り、入院をねじ込む。そんな中、未知子(米倉涼子)は梅沢の病気を見抜き、手術を買って出る。院内では、丹下と蛭間の水面下の抗争が勃発。丹下は未知子ではなく、浜地(清水ミチコ)による治療を進める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/ドクター-X 1,2,3,4) 第1,2
   林誠人(過去作/ドクター-X 2,3,4,5) 3
   香坂隆史(過去作/火の粉、限界団地、、緊急取調室3、サイン)
演出:田村直己(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5) 第1,3
   松田秀知(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5)) 第2
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5)
主題歌:ソー・ホワット/P!nk

脚本家が「未知子の生みの親」から交代するとこうも違うか

第1,2話ですら、「大門未知子」の生みの親である 中園ミホ氏が脚本家に返り咲いたのに、「フリーランスの外科医」の設定があやふやで活かされておらず、その上、本作の見所である “未知子のオペシーン” も少なくなり、本作シリーズのファンとして、フリーランスで働く人間の一人として応援して来た『ドクターX~外科医・大門未知子~[6]』の第3話。

既に、これまで脚本家が交代する度に設定が微妙に変化するから、今回も驚きはしないが…

やり方次第で"未知子の千里眼"が活かせただけに悔やまれる

なのに、医療の素人の私でも「視野狭窄」や「飛蚊症」は気付くのに、それをわざわざ大袈裟な “がん” の病名を付けて…。まあ、「高血圧症」や「糖尿病」ではドラマにならないのは分かるが、やりようによって “大門未知子の千里眼” が活かせた設定だけに悔やまれる。

あとがき

結局、何らこれまでのシリーズよりも良くなった部分がないのが、この『6』。ギリギリで目新しかったのは、比留間院長の院長回診改め院長徘徊くらい。普通に見ている視聴者なら「いつも通り」と納得できると思いますが、折角の続編に大きな期待をしていた私には、第3話まで残念でしかありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
So What / Pink[Explicit]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13415/


【これまでの感想】
第1話 第2話

スポンサーサイト



ゲゲゲの女房:再放送 (第90,91回・2019/10/31) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第15週「チャンス到来!?」の 『第90回』と、 第16週「来るべき時が来た」の 『第91回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第90回】
茂(向井理)は、豊川(眞島秀和)からきた「別冊少年ランド」への“宇宙もの”漫画の依頼を断ってしまう。“宇宙もの”が苦手だから、というのがその理由だった。布美枝(松下奈緒)も浦木(杉浦太陽)も、その答えに驚き、茂の真意をはかりかねる。茂は「自分が、本当に自信を持って描くことのできるジャンルの漫画で、勝負すべきだ」と言い、「必ずもう一度チャンスがくる」という確信を布美枝に告げる。そして、ある日…。

【第91回】
布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)のもとを、雄玄社の豊川(眞島秀和)が再び訪れる。豊川は、「ジャンルは問わないので、テレビよりも面白い漫画を『別冊少年ランド』に描いてほしい」と茂に依頼する。戌井(梶原善)は、茂に対し「『別冊少年ランド』への依頼は登竜門であり、そこをクリアできれば『週刊少年ランド』への執筆の道が開ける」と語り、多くの子どもたちの心をつかんでほしいと激励する。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第90回】

貧乏神が見えたから依頼を断るなんて本作らしくて良かった

前回の終盤で登場した大手漫画雑誌社の雄玄社の豊川(眞島秀和)の「別冊少年ランド」への “宇宙ものSF漫画” の依頼を、茂(向井理)が断ってしまうアバンタイトルで始まった第90回。

何となく、豊川との会話中の茂の目線が下手(画面の左)の一点を見ていたのが気になったが、12分過ぎに “貧乏神” が登場して、依頼を断わる理由にするとは! それを布美枝と視聴者が共感。そして、次なるチャンス到来を待つと言う訳か。これは中々面白かった。

布美枝が今更なタイミングで「ミシンを質に入れる」と言ったのが…

“貧乏神” のオチが面白かったけに、布美枝が今更ってタイミングで “ミシンを質に入れる” と言い出したのが残念でならない。だって、誰が見ても貧乏暮らしなのは間違いない割に、本作の描写では “貧乏の度合い” が分かり難いのだ。

だから、もっと度々「質屋通い」の場面を入れて、質草を取り戻しては、また入れて…みたいな描写を重ねていたら良かったと思う。どうも、本作は貧しさの描写の “積み重ね” が足りないような気がしてならない。それに、その部分で布美枝の存在感を描かないと、この先の展開で益々存在感が薄まる可能性もあるから…



【第91回】

梅雨の季節を利用して男の汗で緊張感を描いた

再放送だけに、期待感を高める予告編の直後に、月曜日分が見られるのは幸せだ。本放送時が2010年7月12日(月)で夏の始まりで、劇中も蒸し暑い梅雨の季節感を巧みに使って、「男の汗」で緊張感を表現して始まった。

前回と今回で茂の慎重さを"積み重ね"て描いたのも良かった

主題歌明けには、再び水木家を訪れた豊川から、「ジャンルは問わないので、テレビよりも面白い漫画を『別冊少年ランド』に描いて欲しい」との再依頼。今度は断らず5日の考慮期間を貰った。この辺の茂の慎重さを描くのは実に良い。

豊川が精巧な戦艦模型から茂の画力に興味を持つ流れは秀逸

また、豊川が、茂が作った精巧な戦艦の模型に興味を抱いて、茂と話が噛み合って行きながら、茂の漫画の “画力” に興味を持つのも印象的だった。出版社での同僚らの会話の中でインサートされた、茂との回想シーンも色合いを含めて凄く良かった。

茂と長年苦楽を共にして来た戌井の茂を称賛する姿に感動!

そして、久し振りに戌井(梶原善)が登場した。戌井の出版会社「北西出版」も何とか経営を続けていたのか。それが今回の一番の驚きでもあったが、茂と共に貸本漫画の黎明時代から必死に生きて来た戌井だからこその、茂を称賛する台詞にとても説得力があり、感動的でもあった。

ただ、その分、布美枝の存在感が薄まったのが残念。まあ、今回は茂にチャンス到来と言うことだから、こんな感じでも良しとしよう。

あとがき

戌井の「40万人の心をつかむ何かを見つけて下さい! それが 日の当たる場所への扉を開く鍵です!」と言う台詞も表現も演技も良かったです。この週跨ぎはドラマチックで楽しかったです。ここから、どんな調子で貧乏暮らしから脱出するのか、いよいよ期待が高まります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13414/

[ゲゲゲの女房:再放送 (第90,91回・2019/10/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR