ゲゲゲの女房:再放送 (第34,35回・2019/7/31) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第6週『アシスタント一年生』の 『第34,35回』の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第34回】
「少年戦記の会」の怪しげな看板のせいで警察から疑われる騒動はありながらも、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)はふたりで力を合わせて会報作りをしていた。しかしある日、浦木が発案した通信販売の商品の粗雑さのせいで返品の山が築かれてしまい、会は頓挫することに…。

【第35回】
「少年戦記の会」が行き詰まり、会報の郵送費を自分たちで負担しなくてはいけなくなった布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)。気持ちがふさぐふたりだったが、少数の読者から「墓場鬼太郎」の再開を求める投書が富田(うじきつよし)の会社に届き、富田の決断でついに連載の再開が決定する。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第34回】

「上手いなぁ」と思って、15分間見入ってしまった

本放送時は、2010年5月6日(木)で、この年のゴールデンウィークが終わった平日。「上手いなぁ」と思って、15分間見入ってしまった。前半では、警察から疑われると言う騒動を描きつつ、茂(向井理)の漫画への熱意や取り組みの真面目さを、警察官と言う他人の評価で描いた。

これで、改めて「ファンクラブ」が出来ても不思議でないと言う柱が立った。と同時に、漫画も生活も貧しいながらも順調に進んでいる時は、布美枝(松下奈緒)と茂の夫婦二人三脚が丁寧に描かれたのも良かった。

「布美枝と茂の陰に浦木あり」がドラマの面白さに…

そして、後半では、浦木(杉浦太陽)の発案した通信販売の商品の茶地さのせいで返品の山が築かれてしまい、「少年戦記の会」は頓挫しかねない状況との大騒動。お金が入り上手く行くパートでは布美枝と茂、信用やお金を失う上手く行かないパートでは浦木が陰で暗躍。

今回では、布美枝らと浦木の直接対決はなかったが、しっかりと、「布美枝と茂の陰に浦木あり」と言う表裏一定的な関係があるから、いつまで経っても貧乏から抜け出せないと言うドラマらしい面白さを醸し出していると思う。



【第35回】

流石に話が出来過ぎ!

序盤で茂が引用したゲーテの言葉になぞらえて言えば「好機の到来」だ。ラストチャンス到来の15分間。前回の終盤で、危機を迎えて、次の放送回でいきなり “好機到来” は、流石に話が出来過ぎのように見えてしまった。

やはり、富田(うじきつよし)が「今頃になって」と言ったのだから、ここは数日間でも1,2週間でも良いから時間経過をさせて、布美枝のヘアスタイルや衣装、茂との生活も、だいぶ荒んで来たような映像的な描写を見せてからのラストチャンスの方が良かったと思う。

ドラマとして急ぐ必要がない程、良く出来ているのだから…

だって、本作は「貧しいけれど愛おしい生活」を描くドラマなのだから、貧乏の底辺からのどんでん返しとした方が、メリハリも付くし、面白さも増すと思うから。ドラマとして急ぐ必要がない程に、良く出来ているだから…

あとがき

この2回分を一度に見てしまうと、貧乏暮らしを台詞やナレーションだけに頼らずに、やはり少し時間経過させて便王暮らしを映像で見せて欲しかったです。物語しては面白いですが、やはりドラマだから、映像で見たいし、もっと緩急付けた展開にもしてもらいたいから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13079/

スポンサーサイト



[ゲゲゲの女房:再放送 (第34,35回・2019/7/31) 感想]の続きを読む

なつぞら (第105回・2019/7/31) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』の 『第105回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


長編映画を任されることになった下山(川島明)の誘いにより漫画映画の演出をすることになった坂場(中川大志)。再び映画に携われるとなつ(広瀬すず)に報告し、なつへの想いも伝える。そしていよいよ、下山を中心に長編漫画映画の制作が始まるが、演出の坂場のこだわりが強く、一向に脚本が進まない。見かねた仲(井浦新)は、坂場と神地(染谷将太)に声をかけるが、仲に心を開かないふたりは聞く耳をまったく持たず…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まえがき

一部の読者さんはご存じの、メインで使用していたパソコンが突然壊れて修理中で。代替機の小さなパソコンで書いているので、長文がタイピングし難いため、暫くの間は、いつもより簡単感想になっている件ですが、昨夜修理が完了し、一両日中には我が家に帰還しそうです。

既に描いたことを、アバンの台詞で"無"にするのは酷過ぎる!!!

以前に坂場(中川大志)がなつ(広瀬すず)に思いを告げるシーンが描かれたのが、第16週『なつよ、恋の季節が来た』の第92回(7/16)だ。「子供だって、単純ではない世の複雑さを感じ取る。そんな漫画映画を一生かけてあなたと共に作りたい」と言ったのだ。

しかし、私も当時は既に「流し見」しているから記憶が定かでないが、ここに至るには、22歳のなつが、短編映画『ヘンゼルとグレーテル』に於いて「子供に怖いものは見せたくない」だの板場と議論(と言えるレベルでなかったが)がベースになり、その後の 26歳のなつがテレビアニメ『百獣の王サム』で演出が坂場で原画がなつになったと言う経緯があったはず。

それなのに、高校の演劇部でも見ることの出来ないような中川大志さんと広瀬すずさんの動揺する演技と共に、坂場となつがアバンタイトルでこんなやり取りをした。

坂場「ぼ… 僕の気持ちは ずっと前から分かっていたでしょう…」
なつ「いや… 全然分かりませんでした」
坂場「ずっと 長編映画の演出ができたら言おうと思ってたんです」
なつ「えっ…」

おいおい、ついに脚本家は、なつがこれまで坂場の気持ちに気付いていなかったことにしてしまった。

第92回で中庭で坂場が言ったのも、面倒だから敢えて細かく取り上げないが、この1か月くらい、例えば、21歳のなつが新作の漫画映画『わんぱく牛若丸』の制作がついに終了し、東洋動画のメンバーで打ち上げの席で、かつて農業高校で歌った曲を熱唱した第78回(6/29)での、なつと板場のやり取り。

他にも、短編映画完成し麻子(貫地谷しほり)が寿退社した第96話(7/20)頃からの、喫茶店のシーンなどでイチャイチャやっていたのも、全部幻だったと思えと言うのか。流石に既に描いたことを、たった数秒のアバン中での台詞で “無かったこと” にするのは酷過ぎる。

なつ、坂場、仲で描かれたアニメーション製作現場のシーンは良かった!

主題歌明け。桃代(伊原六花)を使って必死に長編映画と坂場と結婚の関連性を描いたり、坂場が演出家のように、なつがアニメーターのように描いたり、なつが原画担当のアニメーターで必死になっているように強調したり、先輩・仲(井浦新)との関係も意識しているようにも描き始めた。

本当に “今さら” とは思うが、今回のモモッチが退場してからの、なつ、坂場、仲で描かれたアニメーション製作現場のシーンは良かった。絵を描けない(描く必要もない)演出家と、絵を描くのが仕事の原画担当たちの「良い作品を創ろう」と言う共通の目的実現のための議論とぶつかり合い。

こう言うのをもっと前からやっておくべきだった。例え、面白くなくても、分かり難くても、やっておくべきだったのだ。きちんと、主人公がアニメーション製作と言う仕事に真摯に向き合い、主人公が中心に物語が形成され且つけん引されてこそ、ドラマとして面白みが出るのだから。

あとがき

「千遥の騒動」は別にして、「麻子の寿退社」「夕見子の駆け落ち」「雪次郎の乱」なんて無駄話をダラダラと描く時間があったなら、今回のようなシーンをただただ描き続けるだけで良かったと思います。

ただ、「話が進まない水曜日」のアバンで結婚を受け入れたので、週末までに一度ご破算になって…と、恋バナになるのでしょうが。だって今週は『なつよ、どうするプロポーズ』ですから、今回で決着が着くはずありませんから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13078/

[なつぞら (第105回・2019/7/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR