なつぞら (第26回・2019/4/30) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』の 『第26回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)を探して、東京からひとりの青年が柴田家を訪れた。十勝の丘で絵を描いていたなつは、近づいてくる青年を見るなり、感極まっていく。なつを東京に連れ戻そうとやってきたと勘違いした柴田家の面々の間に緊張が走るが、この青年もまた孤児院で育ち、なつの安否を確かめにやってきただけと知り安堵する。そして青年は、なつの兄について「居場所はわからないが、どこかで生きているはずだ」となつに告げて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

11分まで "信哉の説明台詞を聞かせるだけ" の単調な展開…

新聞配達をして学費を稼いでいる信哉(工藤阿須加)の旅費はどこから捻出されたのか…とか、11分過ぎまでが “まるでラジオドラマ” のように信哉の説明台詞を聞かせるだけの単調な展開だったことと、何とも強引な “話の埋め合わせ” なのかは、この際目をつぶる。ドラマだし、朝ドラだし、強引なのはいつものことだし…

第26回が第1回と "繋がった" と言いたいらしい…

要は、第26回が第1回と “繋がった” と言いたいらしい。まあ、映像、いや動画的には同じカットを使っているから間違いなく “繋がった” わけだが、どうもスッキリしない。その原因は、第3,4週とダラダラ描いた演劇部のくだりのせいなのは間違いない。

そもそも、あの演劇(演目含めて)、古代のアイヌ民族の話と現代の農協問題を強引にくっつけただけで説得力ゼロなのに、そんな演劇を終盤の数分間だけ観た泰樹(草刈正雄)が何故か心変わりをしちゃった。まあ、強引なのはいつものことだが。

なつが、10年間 "絵を描くのが好き" だったように見えない

しかし、もっと解せないのは、第1,2週での “こなつ” が “絵を描くのが好き” なのは描かれたのに、第3,4週では “なつ” が “絵を描くのが好き” と言う印象がほぼ無いこと。それなのに、今回の「強引な繋ぎ」を見ると、なつ(広瀬すず)は“絵を描くのが好き” らしい。らしい…と言うのが解せないのだ。

だったら、演劇部のくだりで、なつに主演女優役をやらせずに陽平(犬飼貴丈)と一緒に「書き割り」を描いて、そのなつの力強い画力で泰樹が心変わりした方が良かった。

だって、あんな抽象的で曖昧な劇で心を動かされるのだから、むしろ「なつが描いた書き割り」に感動した方が、今後の展開に有利だったと思う。だった、なつはプロのアニメーターになるのだから。まさか、第1回の脚本を書く前に全体の構成を決めちゃったとか…

何故なつは、"兄" だけ言及して "妹の安否" はスルーなの?

それに気になったのが、なつが信哉に言及していたのが、ほぼ兄の咲太郎の行方ばかりだったことだ。意地悪な見方をすれば、なつにとっては妹の千遥はどうでも良いのか、もう死んでいると諦めているように見えてしまった。

だって、信哉は千遥のことを知っている登場人物なのだから、むしろ千遥の名が出ない方が不自然過ぎる。終盤に取って付けたように回想シーンを入れたって、視聴者置いてけぼりで話を構築し過ぎでは?

あとがき

確かに、なつが東京に行かないとアニメーターになる話へ移行出来ないのは分かりますが、柴田家の人たちに家族同然に優しく育てられたのに、兄を探しに東京へ行くと言うのは、なんか急になつが余所余所しくなってようで、これまた不自然です。

あの当時の北海道で経済的に恵まれすぎのなつが、今後どんな判断をするのか見ものです。「行こう」と言われたら「行く」のがなつの性格ですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 なつぞら 上


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12733/

スポンサーサイト



[なつぞら (第26回・2019/4/30) 感想]の続きを読む

スパイラル~町工場の奇跡~ (第3話・2019/4/29) 感想

スパイラル~町工場の奇跡~

テレビ東京系・ドラマBiz『スパイラル~町工場の奇跡~』公式
第3話の感想。
なお、原作の小説、真山仁「ハゲタカ4.5/スパイラル」(講談社文庫)は未読。



希実(宝辺花帆美)のCM出演により、「娘を売った毒親」として、奈津美(野波麻帆)とマジテックへの批判がネット上で拡散、炎上する。芝野(玉木宏)や浅子(貫地谷しほり)らは関係各所に説明し誤解を解こうとするが、銀行との交渉は空振り続きで、取引先からもキャンセルが相次ぐ。そんな折、村尾(眞島秀和)は芝野らに、借金を返済しやすくする信用金庫のプランを提案する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:真山仁「ハゲタカ4.5/スパイラル」(講談社文庫)
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、黒革の手帖2017、昭和元禄落語心中)
演出:井坂聡(過去作/人間の証明2001、PTAグランパ!シリーズ) 第1,2
   松田礼人(過去作/あなたには帰る家がある、ホリデイラブ、官僚たちの夏) 3
   棚澤孝義(過去作/弱虫ペダル、下町ロケット、半沢直樹)
音楽:遠藤浩二(過去作/とと姉ちゃん)
主題歌:SING LIKE TALKING 「Spiral」(Univesal Connect)
制作協力:スパークル(グッドワイフ、初めて恋をした日に読む話、インハンド、わたし、定時で帰ります。)

盛り込み過ぎで、別のドラマを観ているような錯覚に陥った

これまで、かなり秀逸なドラマだったのに、この第3話は正直言ってつまらなかった。確かに、同時に色々な事が描かれているから、飽きると言うことはないのだが、前回までは元銀行員の主人公が町工場の再生に手を貸すヒューマンドラマだったのに、今回はほぼ企業買収のお話になっちゃった。

確かに、原作が『ハゲタカ』のスピンオフだから無理もないが、ここまでナオミ・トミナガ(真矢ミキ)と村尾(眞島秀和)の出番が多過ぎると、芝野(玉木宏)の存在感も薄くなるし、町工場の人たちが完全に脇役になっちゃって、まるで別のドラマを観ているような錯覚に陥ってしまった。

あとがき

前回までは『ハゲタカ』とは別の角度からのアプローチの企業再生ドラマとして楽しんでいましたが、今回の方向に舵を切るなら残念です。玉木宏さんを活かした “品のある日曜劇場風” が面白かっただけに…  終盤のほのぼのとした部分みたいなのを、もっとキッチリ描いた方が本作らしくて良いのに。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハゲタカ4・5 スパイラル (講談社文庫)
SING LIKE TALKING 「Spiral」(Univesal Connect)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12732/


【これまでの感想】
第1話 第2話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR