まんぷく (第125回・2019/2/28) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第22週『きれいごとは通りませんか』の 『第125回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


まんぷく食品から引き抜かれた元社員の証言で、「本家」を名乗る模倣品の特許侵害が発覚。萬平さんたちは模倣品の製造中止と、店頭からの撤去に成功します。喜び溢れて思わず「ひとり勝ちだ」と叫ぶ萬平さん。福ちゃんはそんな萬平さんの姿に複雑な気持ち。なぜならまだ他にも粗悪な即席ラーメンがお店で売られているから。福ちゃんは勇気を出して萬平さんに思いを伝えます。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

2月2日(土)放送の第103回を覚えているだろうか?

2月2日(土)放送の第18週の第103回を覚えているだろうか? 「スープを練り込んだ理想の麺」をどうしても作れない萬平、萬平を手伝う福子も落胆の日々が続く。そんな試行錯誤が一か月ほど続いたある日、やっと萬平が原料、水分の適切な配合を導き出すことに成功して味見をした。そんな内容だった。

あの頃の夫婦二人三脚がずっと続いていた上での、今回の “イケイケ体制の萬平さん” に自信を再確認させたい福ちゃんの図が繋がっていたら、さぞ楽しい朝ドラになっていたに違いない。

即席ラーメン開発秘話になってから、毎週演出家が交代した結果

実はその前、第16週から本作担当の演出家は今の第22週まで、毎週演出家が交代している。そして毎週、登場人物、特に主人公の福子がキャラクター変更を繰り返し、うるさくてウザくて、ただただ萬平を信じる妻に成り下がってしまった。やはり、即席ラーメン開発秘話の部分になってから、2~3週間は同じ演出家で描くべきだったと思う。

そうすれば、幾ら脚本が駄作でも連ドラとしての統一感(連続性とは別の話)は醸し出せたはずだから。しかし、それをせずに今週が「見習い演出家のお勉強週間」だからと、先生が弟子に「本家・福子」を再現して見せるから、おかしくなるのだ。

本来は今回のように"夫婦二人三脚"を描き続けるべきだった

本来は、今回で良いのだ。咲姉の幽霊の進言なんか描かずに、夫の萬平さんを助けたいがために、妻の福ちゃんが自ら他社製品を調査し試食し、自分の意見を伝えて、夫婦二人三脚で人々のためになる仕事を完成させる物語で。しかし、残念ながら本作は夫婦の二人三脚を描かずにラーメン開発を描いて来てしまった。

だから、本来は良いはずの今回が前回までと浮いてしまい、その結果として福子の進言に全く説得力が生まれなかった。私は、疲れて帰宅した萬平が願ったように、まず風呂に入って疲れを癒して貰ってから、福子が萬平に話しても良かったと思う。

そう言う優しさが夫婦であり二人三脚だと思うから。それを風呂に入れさせずに話し出すから、これまた自分の事だけ考えている福ちゃんに映ってしまうのだ。もう、演出が破綻していると言わざるを得ない…

あとがき

香田家のくだりも本当に時間繋ぎの役割しかありませんね。ところで、来週3月6日(水)放送の『歴史秘話ヒストリア』で『まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン』が放送されます。再現ドラマは勿論別の俳優さんが演じます。そちらを見て、お口直しをした方が良いかも知れませんね。私は観ます…

歴史秘話ヒストリア「まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン」
放送日時:3月6日(水)午後10時25分~ 午後11時10分

歴史秘話ヒストリア「まんぷく家族が生んだ魔法のラーメン」
©NHK

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12498/

スポンサーサイト



[まんぷく (第125回・2019/2/28) 感想]の続きを読む

さすらい温泉 遠藤憲一 (第七湯・2019/2/27) 感想

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京系・ドラマパラビ『さすらい温泉 遠藤憲一』公式
第七湯『網代温泉~極上料理対決~』の感想。



静岡県の「南熱海網代山温泉 竹林庵みずの」に派遣された中井田(遠藤憲一)は、女将・和佳奈(酒井若菜)の下で働き始める。和佳奈は美人だが独身で、仕事一筋の人生を送っていた。そんな中、有名な料理評論家・倉本(嶋田久作)が出演するテレビ番組の取材が入る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:田中眞一(過去作/チーム・バチスタシリーズ、みんな!エスパーだよ!)
演出:後藤庸介(過去作/花ざかりの君たちへ2011、世にも奇妙な物語、パンセ)
挿入歌:ビッケブランカ「まっしろ」(avex trax)
主題歌:石崎ひゅーい「あなたはどこにいるの」(エピックレコードジャパン)

毎回の豪華な女優さんは満足だが。今回は、イマイチ…

今回は、これまでの6話とは全く違う展開。宿の料理と有名料理評論家の対決は、本作でなく何処かで観たようなエピソードだし、後味もいつものようなスッキリ感に乏しく。やはり、あまり “仲居の健さん” が俳優の遠藤憲一さんである設定を入れない方が楽しいです。でも、毎回豪華な女優さんが登場するのは見応え十分です。

あとがき

DVD-BOXの発売が決定しましたね。でも、私が興味を持ったのは『さすらい温泉 遠藤憲一 極上温泉ガイド』と言う健さんの温泉ガイドブックが発刊される事。これは、ポチッとしてしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
さすらい温泉 遠藤憲一 DVD BOX [ 遠藤憲一 ]
さすらい温泉 遠藤憲一 極上温泉ガイド


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12497/


【これまでの感想】
第一湯 第二湯 第三湯 第四湯 第五湯 第六湯


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR