まんぷく (第94回・2019/1/23) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第17週『ラーメンだ!福子!』の 『第94回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


福ちゃんと萬平さんに何度も食べる喜びを与えてくれたラーメン。でもラーメンは簡単に家では食べられない。そこで萬平さんは、家で手軽に食べられるラーメンを作ろうと考えます。早速、屋台やお店を食べ歩いて、ラーメン作りを研究。ところが店主にコツを聞いた所、一朝一夕で作れるものではないと、一蹴されてしまいます。福ちゃんがまわりに話しても反応はイマイチで…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やはり、水曜日は物語が動かない…

水曜日は物語が動かない…が定着しつつある『まんぷく』だが、今日も正にその通り。前回のラストに今回の福子の漬物の話に直結すれば、僅か5分程度で済む話だ。

遠回しと言うより、的外れに感じた "ぬか漬けの話"

それになぜ、福子は萬平のラーメン作りの話を香田家にしに行ったのかも良く分からないし。とにかく、萬平が「家で作るラーメン」と閃くのも、福子がぬか漬けと一夜漬けの話をするのも唐突過ぎる。それに(素麺のような)乾麺は室町時代から存在していたのだから、ぬか漬けの話より、「乾麺の技術を活かせないの?」の方が…まっ、いいや。

"食"を扱い顔芸も多い『ごちそうさん』は上品で楽しかった

それと、福子の顔芸がどんどん強調された映像になっているにも落胆を隠せません。なぜ、あのような表情をさせるのでしょう? 今回の屋台のラーメン屋でのシーンや、ぬか漬けの話をしている時の福子を見て、やはり顔芸が多く食べ物を扱った朝ドラ『ごちそうさん』は、同じ大阪制作なのに上品で楽しかったなぁと再確認。

あとがき

萬平のモデルとなった安藤百福さんは、理事長を務めていた信用組合が破綻したのが1957年(昭和32)で、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売したのが翌年の1958年(昭和33)でした。因みに、百福さんが塩と栄養食品を製造販売していたのは約2年間で、本作では第31回から第79回の約2か月半で描かれました。

ですから、「家で簡単に作れるラーメン」で引っ張れるのも、1か月が限界だと思います。と言う訳でこの先1か月がダラダラと進むのは間違いなさそうです。もっと、萬平と福子が二人三脚で商品開発をしたら良いと思います。たまに福子が閃くだけでは、存在感も役割も無さ過ぎますから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
学習漫画 世界の伝記 NEXT 安藤百福 インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福 私の履歴書 魔法のラーメン発明物語 (日経ビジネス人文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12341/

スポンサーサイト

[まんぷく (第94回・2019/1/23) 感想]の続きを読む

初めて恋をした日に読む話 (第2話・2019/01/22) 感想

初めて恋をした日に読む話

TBS系・火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』公式
第2話『しくじり先生の人生講義!!元ヤン同級生との運命の再会!!』の感想。
なお、原作の漫画、持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)は未読。


塾の後、エンドー(永田崇人)らが匡平(横浜流星)を合コンに誘う。順子(深田恭子)の友人でキャバクラ店主の美和(安達祐実)がなぜか合コンの監督を申し出て、順子も同行する羽目に。順子に片思い中のいとこ・雅志(永山絢斗)は、美和から匡平と順子の様子を聞き、複雑だ。一方、順子は出張講師として匡平の高校へ。そこで、高校時代の同級生で教師の山下(中村倫也)と再会する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)
脚本:吉澤智子(過去作/あなたのことはそれほど、きみが心に棲みついた)
演出:福田亮介(過去作/きみが心に棲みついた、チア☆ダン) 第1,2
   吉田健(過去作/あなたには帰る家がある、この世界の片隅に)
   坂本栄隆(過去作/記憶、僕らは奇跡でできている)
音楽:出羽良彰(過去作/5時から9時まで、ダメな私に恋してください)
   兼松衆(過去作/あなたのことはそれほど、僕らは奇跡でできている)
主題歌:back number「HAPPY BIRTHDAY」(ユニバーサルシグマ)

序盤の無駄話で離脱しようかと思ったが…

序盤の無駄話で離脱しようかと思ったが、順子(深田恭子)が山下(中村倫也)と再会と再会した20分頃から物語が動き出し、どうやら今回で登場人物が全員集合したらしいから、結果的に最後まで観てしまった。

胸キュンも良いが、もっとキュッと引き締まったドラマを観たい…

第1話よりも、メインを “胸キュン恋バナ” に絞り込んだために、各登場人物が分かり易くなったのは良かった。ただ、全体的に無駄話が多いのと薄味なのが気になる。まあ、胸キュン度はそれなりにあるから、そこがお目当てなら楽しめそうだ。で、かく言う私は胸キュンも良いが、もっとキュッと引き締まったドラマを観たい…

主人公の本心が真面目に描かれる場面に見応えアリ!

47分頃の、文科省局長で匡平(横浜流星)の父・由利菖次郎(鶴見辰吾)が登場し、順子と対峙するシーンや、51分頃の、順子が山王高校の言う事を聞かない生徒たちと向き合うシーンは、演技も台詞もなかなか見応えがあった。あのような主人公の本心が真面目に描かれる場面が、もっと所々にあると作品としてキュッと引き締まると思う。

『重版出来!』『逃げ恥』『ぎぼむす』に続く可能性アリ!

まあ、順子の本心を真面目に描くシーンを、コミカルと恋バナとの間に上手く挟み込むのは、簡単なことでは無いが、やってやれないことは無い。それが可能な俳優は揃っていると思うし、このTBSの「火曜ドラマ」枠なら、『重版出来!』『逃げるは恥だが役に立つ』『義母と娘のブルース』と言う成功例はあるのだから。あとは脚本家の腕次第か…

あとがき

「出演者のファンだけが楽しめるドラマ」に向かってまっしぐらに進むのだけは回避したようなので、それは良かったです。また、無駄話や引き延ばし感はありますが、深田恭子さんの抜群の存在感で強引に胸キュン恋バナに進んでいるのも悪くないです。

back numberが歌う主題歌も、内容に合っていますね。どうやら。全員揃った第3話が継続視聴か離脱かの見極めになりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】HAPPY BIRTHDAY(初回限定盤)(DVD付)【特典:未定】
初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12340/


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR