まんぷく (第17回・10/19) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式
第2週『…会いません、今は』の 『第17回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


福ちゃんにまた会いたいと、憲兵隊の厳しい取り調べに耐え続ける萬平さん。福ちゃんはそんな萬平さんを救うために奔走しました。協力を買って出た世良さんの調べによって、怪しい人物の影が浮かんできます。そしてついに三田村会長が動き、憲兵隊に顔のきくある大物に会いにいくことに…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回は、ちょっぴりカメラのお勉強会をします

今回のアバンタイトルは、なかなか興味深い編集が施されていた。本作のカメラワークの特徴の1つに「俯瞰(ハイアングル)と煽り(ローアングル)」と「ローとハイのポジション」と言う縦軸移動のカットの多用がある。因みに「俯瞰」とは被写体を上から見下ろすようなカメラアングルのこと。逆に「煽り」は被写体を下から見上げるアングルのこと。

カメラの高さと向きの組合せは全部で9通りある
カメラの高さと向きの組合せは全部で9通りある

「ローポジション」は子どもや小動物など低い位置にカメラを置くこと。ハイポジションは高い位置にカメラを置くこと。この「2×2」の組合せで、それぞれの意味があるのだが、文章で書くととんでもない量になるので、それは別の機会に…

アバンの5つのカットで、実践編やります!

例えば、福子が部屋から月を見上げているカットは「ローポジション×煽り」の組合せで、且つ被写体が画面下手(左)を向いているから、まず「ローポジション×煽り」で未来を案じる雰囲気を出して、下手向きでその未来が暗雲であることを示している。

次のカットの福子は「ハイポジション×俯瞰」に下手向きの組合せ。これは上からの圧力に抑圧されている上に、左上を見る福子で未来を案じているものの、その未来は明るくないってことを示す。

次の5つのカットは画面右上を見る萬平の「アイレベル」のカット。「アイレベル」は被写体の顔の高さにカメラを置くことで、強く被写体の心情を描くのによく使うポジション(高さ)。それで萬平が明るい未来を感じさせる画面右上を見ている訳だ。

この次のカットはその直前のカットの意味を更に強調するために、「ローポジション×煽り」の右上目線にして、より明るい未来を信じる萬平が表現されている。そして次のカットは「ハイポジション×俯瞰」で右上目線の顔に寄って行くカット。これで、より萬平の信じる気持ちの強さが表現された。

この4カットが連続することで、福子も萬平も不安な気持ちは一緒なのだが、福子はネガティブ、萬平はポジディブに「互いが再び生きて会えることを願っている」ことが強調される。なぜネガティブとポジティブなのか? 福子はポジティブ派じゃないの? と思われるかも知れない。

でも、ここで描くべきは2人が離れていても「感じる不安」が一緒で、未来への思考回路は違うと言う個性の描写。それを僅か30秒程度内の4カットで表した。この4カットを初めて見た人はナレーション無しでも、投獄されている理由は分からなくても、男性の投獄で引き裂かれた男女が再会を信じていることは分かると思う。

映像だけで表現すると言うことはこう言うこと。それをアバンでサクッとやるから堪らない…

こちらの記事も、参照して頂けると分かり易いです。
[演出プチ講座] 映像の掟~画面内の人物の位置や視線(目線)の向きには意味がある~

なぜ「永遠の愛を誓った男女の運命の再会」に見えたか?

さて、今回の逮捕からの釈放劇。正直、数回しか会っていない福子と萬平が、どうしてここまで互いを大切に思い、互いの未来を信じられるのかは、実は微妙なのだ。そして、釈放される理由についても実に説明っぽくて、本来ならシラケるはずなのに、そうならない。むしろ、その逆、「永遠の愛を誓った男女の運命の再会シーン」に見えた。

それは何故か? 答えは簡単。福子と萬平と言う人物が、視聴者に応援され共感される登場人物として描く努力をし、それが視聴者に伝わっているから「虚構」になんて見えないのだ。「2,3度会っただけなのに?」「大袈裟じゃないの?」なんて、微塵も感じさせない説得力。それが本作の脚本と演出、そして俳優の演技によってもたらされているのだ。

フィクションを作りものを思わせず、自然に「虚構の中の真実」として受け入れさせるのは、決して俳優の演技力だけでは無理。計算し尽された脚本と演出の上で、登場人物たちが自ら考えて動く姿を丁寧に描き紡いでいくしかない。それを本作は出来ているから面白いし、連ドラとして「続く時間軸」を楽しめるのだ。

物語を創り紡ぐのは登場人物であってナレーションでない!

さて、感動の再会の場面は、思いの外、尺を短くしたのも良かった。何故って?

だって、本作は「永遠の愛を誓った男女の運命の再会する朝ドラ」ではないのだから、2人のこの先長い人生の忘れられない出来事ではあるが、所詮はその先の出来事に比べれば「ただの1ページ」。そう言うことも感じさせる意味もあったと思う。

そして、世良の「毎日 ご苦労さん」のたった一言で、福子と萬平の距離感が一気に縮んだことも分かった。例えばここで、「福ちゃんは〇日間、毎日萬平さんのお見舞いに来ています」なんてナレーションが入ったら一気に興覚めしてしまうに違いない。あくまでも物語を創り紡ぐのは登場人物であってナレーションでない。この鉄則も守られているのだ。

あとがき

ラストは「食べることは生きること」できれいに締め括るかと思いきや、鈴の「武士の娘です」で明るく「つづく」へ送り出しましたね。今回も見応えのある15分間でした。とても良い感じで第3週を終えそうで、それも良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
世界の食文化を変えた安藤百福 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11988/

スポンサーサイト

[まんぷく (第17回・10/19) 感想]の続きを読む

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~ (第2話/15分拡大スペシャル・2018/10/18) 感想

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

テレビ朝日系・木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』公式
第2話/15分拡大スペシャル『女性役員パワハラ裁判3億円!?録音データに勝つ!』の感想。


大手企業の元役員・美鈴(斉藤由貴)が「京極法律事務所」を訪問。パワーハラスメントを理由に不当解任されたため損害賠償請求の民事訴訟を起こしたが、弁護士が降りてしまったという。断ろうとした翔子(米倉涼子)は成功報酬の額を聞いて態度を一変。先方代理人は古巣「Felix&Temma法律事務所」の美奈子(菜々緒)だ。罵声の証拠データの存在が判明する中、青島(林遣都)は美鈴の元部下・城野(平山浩行)に証人を頼む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋本裕志(過去作/死神くん、オトナ高校)
演出:田村直己(過去作/ドクターXシリーズ) 第1,2
   松田秀知(過去作/ドクターXシリーズ)
音楽:菅野祐悟(過去作/アイムホーム)
主題歌:SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

前回より「大門未知子」が薄まった主人公の設定に難あり

報道によれば、主人公の「小鳥遊翔子」が「大門未知子」と似ている(いや、ほぼ同じか?)のは、演じる米倉涼子さんが「大門未知子役はやりたくない」のと、演じさせるテレ朝が「大門未知子をやって欲しい」のとの大人の事情同士のせめぎ合いで構築されたからやむを得ないのだろう。

しかし、未知子と翔子の差を作るために “鉄オタ” 設定を付け加えたのが失敗だったような。むしろ “医療ドラマオタ” で「私、失敗しないので」が口癖…くらいのドクターXファンへのサービスをしちゃう位に突き抜けたら良かったのに。その位はテレ朝がオスカーを説得するべきだったと思う。

まだ、第2話の視聴率は発表されていないが、第1話の視聴率が『ドクターX』に及ばなかったことからも、やはり主人公の設定に難ありって気がしてならない。ただ、第1話よりも「大門未知子」は影を潜めたのは認めるが…

法律実務家監修をちゃんとしているのか?

さて、ドラマを面白おかしく見せるために、ある程度のことは認めるが、法律の素人の私でも、法律実務家の言動にご都合主義によるデタラメが多過ぎるような。法律実務家監修をちゃんとしているのか甚だ疑問だ。

『99.9-刑事専門弁護士』や『リーガル・ハイ』は、その点はしっかりと監修された上にフィクションの楽しさがあったのだから、出来ないのではなく、やっていないと言わざるを得ないのも残念。

「大門未知子」が薄まって主人公の魅力や存在感まで…?

そして、肝心の本編。「大門未知子」が僅かにではあるが影を潜めたお蔭で、逆に主人公の魅力や存在感まで影を潜めてしまったのはどうかと思う。指示を出しているか、幾つかの美味しい所を持って行くだけかって印象しかない。ラストを見ても「元敏腕弁護士」らしさを表現したにしては物足りないご都合主義だし…

流石に展開が間延びし、遅過ぎる

更に、物語は個性はあるが法律事務家としての能力は今一つな所員たちばかりだから、前半は小ネタの連続とダメさを強調。小ネタ自体が楽しいのは認めるが、幾ら何でも所員たちのダメなお蔭を描くために、ドラマが動き出すのは、翔子が「まだ方法はあるわよ」と言った43分過ぎから。流石に展開が間延びし、遅過ぎると思う。

あとがき

前回は、それなりに楽しめたのに、大門未知子色が薄まった途端に、あちこちのほころびが見えて来たって感じです。でも、一番の問題は、『ドクターXシリーズ』の面白さを、違う番組に知らず知らずの内に求め期待していることかも知れません。

でも、『ドクターX』も『99.9』も『リーガル・ハイ』も無ければ…とは言えませんしね。拡大版でない次回が本作の腕の見せ所になるかも知れません…。で、今回で最も印象的だったのは、翔子と対立する弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)が秘書・中沢淳美に赤ワインをぶっかける場面。

1976年公開の悲しきホラー映画の金字塔『キャリー』で、女学生のキャリーが苛めに会い、パーティの席で天井からブタの血を全身にぶっかけられる名シーンです。ホラー映画なのに実に切なく悲しい物語。久し振りに名作の余韻に浸りたくなりました。未見の方は必見の名作です。



キャリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ドクターX ~外科医・大門未知子~5 Blu-ray-BOX(2018年4月始まり卓上カレンダー付き)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11987/


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR