まんぷく (第27回・10/31) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式
第5週『信じるんです!』の 『第27回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


福ちゃんが見た闇市での出来事をきっかけに、萬平さんはハンコ作りをすることを思いつきました。食料の配給などを受け取るため身元を証明するものが必要でしたが、空襲で焼け出されてハンコのない人が多かったのです。準備を始め、鈴さん、克子姉ちゃん、タカちゃんら子どもたちもみんなで協力してハンコ作りを始めた福ちゃんたちでしたが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

展開の早さが、見ていて気持ちが良い

へえ~。前回の終盤でハンコ作りを思い付いたから、今回は試行錯誤してハンコ作りを商売に乗せるまでを描くのかと勝手に想像していたら、なんと今回のアバンタイトルでは既に商売として成立し、繁盛しているところから始まった。この展開の早さは本当に見ていて気持ちが良い。そして、その気持ち良さがオープニング映像とも重なって来た。

今回が「夫婦二人三脚のスタート地点」だ!

で、主題歌明けで、ハンコ屋が実はそう簡単な商売で無いネタバラシが面白おかしく描かれた。愚痴をこぼしながら手伝い、子供たちは楽しそうに手伝い、いつの間にか1週間の時間経過で、家族の団結力をいとも簡単に描いちゃった。そして、順調にお金儲けが出来て、安心した表情で風呂に入る萬平と火を焚く福子の会話に注目だ。

福子は、ハンコ作りを思い付いた萬平を褒め称えるが、萬平は福子にこう答える。

萬平「お前のお蔭だ 福子。お前がいてくれたから思いついたんだ」

これを大層嬉しそうに聞く福子。しかし、この萬平の台詞はこの先の本作に於いて、とても重要な台詞になるはずだ。これまでも、萬平は数々の発明や、電気ショック漁などの新アイデアを生み出して来た。だが、それらの全ての発明は、萬平自らの興味関心がスタート地点だった。

そもそも起業家で発明家である萬平なのだから、萬平が闇市をふらふらと歩いていたら、もしかして「ハンコ屋」を思い付いた可能性もある。また、萬平は、福子が最初に「ハンコを必要としている人がたくさんがいる」と言う話を聞いて、「ハンコを作って売ろう」と考えたのだから、きっかけこそ福子だが、(物語的に)ほぼ萬平の手柄でも良いのだ。

しかし、この脚本家は手柄を福子にあげた。「福子がいたから思い付いた」と。前回で、世良の叱咤激励で発明家の再起を暗示させ、その晩の何気ない福子の闇市事情を聞いて思い付いたことを、「夫婦二人三脚のスタート地点」として位置付けて描いたのだ。

いや、もしかすると、福子と萬平、鈴、克子と4人の子どもたちだから、八人九脚か!? いずれにしても、明るく前向きなホームドラマの始まりだ。今回で丁度放送開始から1か月。その短時間でここまで幅広い年齢の登場人物を個性的に描いて、きちんとホームドラマに仕立てて来たのは朝ドラ『カーネーション』の中盤までを彷彿させる完成度の高さだ。

登場人物の心情描写で察するのが、ドラマの楽しみ

さて、「戦争の悲惨さの描写が生ぬるい」との感想が世間にはあるようだが、当blogは全くそうは思わない。例えば、夫が湯につかり、妻が火をおこす…そんな労働のあとの束の間の安らぎを描いた直後に、満月と猫の鳴き声のインサートカットから、夫の忠彦がまだ帰還せずに悲しむ克子、慰める福子が描かれた。

戦地に夫を送り出せなかった妹が、夫を戦地に送り出した姉を元気づける。それを克子の長女・タカが目を赤くして背中を向けて黙って聞いている。これだけで、戦争の悲惨さや恐怖は十分に伝わって来る。何も、隣の家に骨箱が届いたり、ケガした兵隊を歩かせたりするような直接的な表現をしなくても、心情で察するのがドラマの楽しみだと思う。

鈴が、アトリエで寝てしまうくだりも面白かった

さて、鈴が自分が夫婦と一緒にいるから子づくりが出来ないことを察知して、忠彦のアトリエで寝ちまうくだりも面白かった。克子のことは「そっとしておけ」と言うのに、福子の子づくりは「そっとしておけない」と言う鈴の矛盾。この辺も少々くどいが、ホームドラマとして無いのも不自然。特に当時の時代を考えれば…

つらい時代をどう生きたのかに重点を置いたホームドラマ

そして、突然の福子と敏子の再会と、敏子からのハナの近況報告。この辺もハンコ屋の設定がしっかりと活かされていて面白い。その夜、昼間の出来事を大きな独り言で喋る福子。で、いつぞやもあった、辛い時や苦しい時を楽しい時間にする福子のアイデアのくだりも終盤で描かれた。

N「こんな つらい時代ではあったけど
  福ちゃんたちは もしかしたら とても幸せだったのかもしれません。
  仕事もあって お金もたまってきて
  ケンカもするけど 充実した毎日でした。
  心配なのは 忠彦さんが帰ってこないことだけ」

ラストのこのナレーションを忠実に映像化した15分間。つらい時代を描くのではなく、つらい時代をどう生きたのかに重点を置いたホームドラマとして、とても良く出来ていたと思います。

あとがき

どうやら、次回から新キャラが登場しそうですね。戦地へ赴いている登場人物の分だけ人数が減っている中で、新キャラ登場までの “繋ぎ” としては、本当に良く出来ていますね。

事前の公開情報では、萬平を生涯に渡って支えるキャラの投入だそうで、これまた悪人でないようで、いい人たちの元気に生きる姿を毎朝見られるのは幸せですね。今回で忍び込んで来た人がそれかどうかは分かりませんが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まんぷく 上
連続テレビ小説「まんぷく」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12040/

スポンサーサイト

[まんぷく (第27回・10/31) 感想]の続きを読む

僕らは奇跡でできている (第4話・2018/10/30) 感想

僕らは奇跡でできている

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕らは奇跡でできている』公式
第4話『星降る夜のコンニャク!?』の感想。



歯が痛いという学生・新庄(西畑大吾)を連れて育実(榮倉奈々)のクリニックを訪れた一輝(高橋一生)は、虹一(川口和空)の来院日を受付で尋ねるが教えてもらえない。翌日、一輝は届け出なしで突然休講にし、事務長の熊野(阿南健治)をいら立たせる。その頃、群馬にいた一輝はコンニャク芋畑に入ってしまい、畑の所有者に泥棒と間違われていた。それをひょんなことから知った新庄ら学生達は、一輝に会うため群馬へと向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋部敦子(過去作/フラジャイル、A LIFE~愛しき人~)
演出:河野圭太(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~) 第1,2
   星野和成(過去作/あいの結婚相談所、ハゲタカ) 第3,4
   坂本栄隆(過去作/脳にスマホが埋められた!)
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
オープニングテーマ:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」
主題歌:SUPER BEAVER「予感」

変な事が自然な「コンニャク芋畑の1泊2日課外授業」を疑似体験

今回の演出も前回同様にファンタジー要素が少なめの星野和成氏が担当。そのお陰で、「コンニャク芋畑の一泊二日課外授業」に視聴者の我々も参加させて貰ったような “疑似体験” が出来た第4話。

とにかく、ある一点(後述する)を除いて、実に物語の流れが自然なのがいい。コンニャクのお使いを頼まれた一輝が、コンニャクに興味を持ったところから物語が動き出す。これが普通の主人公なら “ご都合主義” になるのだが、変人の一輝だから全く問題なし。むしろ、こう言う展開が自然。「変なことが自然」これが本作だから。

「動物行動学」の一輝がコンニャクに興味関心を抱く過程も面白い

その後も、見事な位に全編コンニャクで物語を紡いだ。そして、課外授業らしく「コンニャクうんちく」をあちこちに散りばめつつ、コンニャクは植物なのに「動物行動学」の大学講師が興味関心を抱くのかと言う点も見逃せない。

「なぜ作るのが大変面倒なコンニャクが奈良時代から廃れずに人間は作って残して来たのか?」と「コンニャクが1000年以上も絶滅せずに生き残ったのか?」言う2つの疑問を、コンニャクの味と、学生・新庄の父・徹と母・京子のコンニャクへの愛情から「動物行動学」で分析しようとし、始まるのが面白い。

結論は曖昧にし、捉え方は視聴者に委ねる "ゆるさ" が良い

そして、物語は一輝の疑問を解決する段階を利用して、それぞれの登場人物の考え方や個性を描いて、それもまた一輝が生徒を「行動学」で理解すると言う流れに集約して行くのがお見事。更にドラマはいつものように結論を曖昧にし、本作の捉え方は各視聴者に委ねて終わる。この “ゆるさ” が、これまた本作の大きな魅力でもある。

一輝と育実の接点をより描かないと、育実の存在理由が無い

さて、冒頭で書いた「ある一点」だが、それは歯科医・育実の存在とその周辺の描写だ。そもそも、育実は歯科医だから一輝との接点時間は短くなる。その上、育実の出番そのものも極端に少ない。一輝との関りも極端に少ない。なのに、物語の結構良い所にカットインして来ちゃう。

一輝と育実を対比させているのは理解するが、あまりにも接触時間も接触内容も乏しいために、もはや存在理由が分からぬ状態に。事実、一輝から影響を受けているのは生徒たちの方であるのは明らかだから、余計に育実は必要なの? と見えてしまう。育実が一輝の言動に心を動かされる設定なのだから、もっと接点を増やすべきと思う。

あとがき

「しらたきがすき焼きの肉を硬くする」との都市伝説が嘘であるのを証明したのは「日本こんにゃく協会」です。2017年2月のことです。初めて知った時は驚きましたよ。下記をクリックすると、プレスリリースを見ることが出来ます。 http://www.konnyaku.or.jp/pdf/2017.2.23.pdf(214KB)

それにしても、今回も安定の面白さでした。食わず嫌いの方には是非とも見て欲しい作品の1つです。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
カンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12039/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR