カーネーション:再放送 (第107,108回・2018/8/31) 感想

連続テレビ小説「カーネーション」

NHK総合・連続テレビ小説『カーネーション』公式
第19週『自信』の『第107,108回』の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第107回】
糸子(尾野真千子)の思いに反し、オハラ洋装店では筒型のサックドレスの注文が相次ぐ。どうしてもサックドレスがよいと思えず、糸子は八重子(田丸麻紀)に世の中に遅れを取る不安を訴える。予想どおり糸子がデザインした服は売れず、北村(星田英利)に頭を下げることに。夏休み、直子(川崎亜沙美)が源太(郭智博)たち同級生を連れて帰省してくる。その奇抜な格好にどぎもを抜かれ、糸子は若者との違いをまたも痛感する。

【第108回】
昭和34年。アイビールックが流行し北村(星田英利)は早速、糸子(尾野真千子)に見せびらかすが相手にされない。優子(新山千春)が卒業し、店を継ぐために戻ってくる。糸子は、優子に恋人の悟(内田滋)を紹介される。しかし仕事を紹介してほしいと頼られ、突き放して2人を見守ることに。優子は店での修業を始める。一方直子(川崎亜沙美)は、独り下宿で風邪をひいて寝込む。そこに思いがけず千代(麻生祐未)が現れる。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第107回】

ほ~お~、ここで「立体裁断」が登場かぁ

本放送時は、2012年2月9日(木)で、第19週『自信』の第4回目。ほ~お~、ここで、第37回で描かれた「立体裁断」が登場かぁ。不況で「枡谷パッチ店」を解雇された20歳の糸子が「紳士服ロイヤル」で再修業中に考案&習得したあの「立体裁断」が、約四半世紀後の糸子と繋がる物語。それが、この第107回。

糸子が直子と男子学生の前で立体裁断を見せる場面は秀逸

特に秀逸だったのが、終盤。男子学生らと帰省した直子。糸子が、直子と友人たちの目の前で、立体裁断を実演して見せるくだりだ。

糸子「ほんま 我流やよって 授業のとは 違うかもしれへんで?」

と言いながら、真剣な表情で立体裁断を始めると、学生たちは熱心にノートを取りながら、糸子の細かな技を観察する。そして、糸子が立体裁断をしながら説明する度、斉藤君たちは「お~!」と歓声をあげながら、ノートに書き込む。しかし、直子だけはノートを取らずに、母・糸子をじーっと見ている…。

この時の直子が糸子を凝視する表情が実にいい。直子は、見ていたのは “実の母親” と言うより “真のライバル” だったのかも知れない。

「立体裁断」を持ち出して描くタイミングが絶妙過ぎる!

流行と自分の感覚の狭間で悩んでいた糸子を立て直すのが「立体裁断」であり、本作をドラマとして初期から中期のあの素晴らしい朝ドラとして、再び立て直すのも「立体裁断」と言うことになるのだろうか。

どうやら、本作が勢いに乗っていた頃の、1週間を6回で一括りと捉えずに、週の半ばで一区切りを付ける構成に戻ってきたように思う。これは良いこと。次回が楽しみだ。



【第108回】

我が娘の恋愛事は気付かない糸子のモノローグが良かった

時は、雑誌『令嬢世界』の男版『紳士世界』が創刊された昭和34年(1959)。前回の予想通り、前回の木曜日で区切りをつけて、金曜日で時間経過させて、物語を大きく進める準備段階…と言った感じだろうか。

序盤では、優子がオハラ洋装店を継ぐために実家に帰って来る。そして、会って欲しい人がいると糸子に言う。相変わらず、自分の恋愛の時は猪突猛進なのに、我が娘の恋愛事は気付かない糸子の、このモノローグが糸子らしくて、良かった。

糸子(M)「分かってへんかったんは うちだけでした」

序盤の5分間を見ただけでも、アイビールックの北村を効果的に活用して、コミカルに小原家のひと時を描いた。これがホームドラマってことだ。

優子と悟を突き放す、糸子の一撃も良かった

そして、優子の恋人の梶村悟(内田滋)が、優子と一緒に東京から大阪に来ても良いから、仕事を紹介して欲しいと言い出す。優子も「大丈夫。うちのお母さん 顔が広いから ツテなんか いくらでもあるわよ」と援護するが、糸子は、こんな一撃を笑顔で言って、優子と悟を突き放す。

糸子「いや ないで ほんなもん」
優子「え?」
梶村「は?」
糸子「ちゅうか まあ あるとしても ないと思といて下さい」
梶村「はあ」
糸子「男のお宅が やっと成人して
   いよいよ 社会出てたろか ちゅう時に
   嫁の親のツテなんぞ あてにしたら あきません。
   どうぞ お宅が ほんまに勤めたい思う会社を
   自分で探して見つけて下さい。
   そら 最初は いろいろ苦労もあるかと思います。
   けど そうゆう事こそ 後の財産になるちゅうもんやのに
   先回って 取ってまうようなまね うちは ようしませんわ」

糸子と優子の母子関係の描写が、とても丁寧でいい

もっともなことを真正面から相手にぶつけるのも糸子の魅力。頑固者の母のことを悟に謝る優子。この一撃の直後に入る、糸子のモノローグがグッとくる。勝、そして周防のことがあったからこその、母の娘を思う気持ち。いいじゃないか。

糸子(M)「そら 好きなんやったら結婚したらええ。それも縁や。
     なんぼ気に入らんかて 縁ちゅうんは
     横から他人が ぶった切ってええもんちゃう。
     よかれあしかれ 本人が たどれるとこまで だどってるうちに
     いずれ 答えは出てくる。ほんで ええんや」

その後も、優子に直接は厳しく当たるが、心の奥では店を継いでくれる決心をした優子への感謝の気持ちを描く、糸子の接客シーン。とにかく、糸子と優子の母子関係の描写がとても丁寧でいい。

祖母と孫の心が和んで行く温かなシーンが素敵だ

そして終盤は、東京での直子と祖母・千代との、その昔に描かれた「神戸箱」に直子の部屋を例えた、微笑ましいやり取りが続く。大人になった直子が、突然 “お祖母ちゃんっ子” になったのは、ちょっと驚きだが、三姉妹が子役から交代してからは、ほぼ新ドラマ的な部分があるから、今さらどうこう言ってもしょうがない。

むしろ、ここは好意的な脳内補完で、“そう言うこと” としておこうと思う。とにかく、祖母と孫の心が和んで行く温かなシーンは素敵だし、チャーミングな千代ばあちゃんには、いつまでも長生きをしてもらいたいと思った15分間だった。

あとがき

1週間縛りでなく、3~4回でエピソードをまとめるスタイルは見易いですね。そして、テンポが良くて、よりドラマが面白く感じられます。この2回分は「名作の復活」が本物であることを証明したような内容でした。細かい部分には敢えて触れませんでしたが、どれも無駄のないエピソードばかりで、濃厚な夕ドラの30分間でした。

最後に。前回の感想に 75回もの Web拍手と数々のコメントを頂き、ありがとうございます。第19週『自信』は見応えがありますね。この調子で進んで欲しいです。


残念ながら、まだ、本人は気付かずに “ネタバレ” を書いて「教えてあげるよ」と言わんばかりの人がいます。本当に “ネタバレ” は止めて下さい! 私以外にも、この再放送が初見で、番組と私の感想を楽しみにしている読者さんがおられるので。引き続き、ご協力お願いいたします。 ※暫く、テンプレです(謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11804/

スポンサーサイト

[カーネーション:再放送 (第107,108回・2018/8/31) 感想]の続きを読む

半分、青い。 (第131回・8/31) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第22週『何とかしたい!』の 『第131回』の感想。


 先のあらすじを読んで、コメント等に書くのはご遠慮下さい。
 本作は、2018/8/17 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


東京でものづくりに情熱を注ぐ人たちと出会った鈴愛(永野芽郁)は、愛する花野(山崎莉里那)のスケート教室のためにも上京して、いずれはひとりでメーカーを立ち上げようと決意。晴(松雪泰子)や宇太郎(滝藤賢一)らも快く送り出そうとする。一方、律(佐藤健)は妻・より子(石橋静河)との関係がうまくいっておらず、家族のいる大阪に戻るか、アメリカに転勤するか、結論を出せずにいた。そんな律に鈴愛は、あるものを渡す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイルの季節はいつなんだろう?

一応、前々回の感想で、数名の読者さんから「今は秋」とのコメントを頂戴したので、私なりに以下のような分析をしてみた。

  ●2008年初夏:仙吉死亡
  ●2008年7月18日:和子死亡(2008年7月の満月は 18日(金)のみ)
  ●2008年9月5日:和子の死から「四十九日」の1日後
  ●また、2008年9月は残暑が厳しくない年だったので、9月の10日前後(敬老の日の前)の設定と想像しました。

さて、アバンタイルの季節はいつなんだろう。日差しの色温度から想像すると初秋の雰囲気がある。環境音にセミが無いから夏でも無さそうだ。鈴愛と翼は屋外で半袖。律と弥一は室内で半袖。前回のより子は半袖に長袖を羽織っていた。律の家の窓は閉まってる。これだけの情報だと、上記のように、残暑の厳しくない9月上旬となるが…

鈴愛は東京からとんぼ返りして「ともしび」で律とビール?

さて、主題歌明け。本作の放送前は、あれだけの永野芽郁さんのどアップでの長尺ショットなら大喜びしたと思うが。まっ、そんなことはどうでも良い。律と鈴愛がいる「喫茶ともしび」は、前回で鈴愛が東京へ下見に行ったその日なのか。店外の明るさを見ると夕方より前に見える。

でも、鈴愛は前回と同じシャツだ。律も前回と同じ白のTシャツ。でも、前回での鈴愛は長袖をずっと下ろしていた。しかし「喫茶ともしび」ではビールを飲みながら袖まくりをしている。店主も半袖、肴も夏風。とにかく、季節は不明だが、鈴愛はかなりのとんぼ返りをしたとしよう…。ってことは、9月上旬か…

遺骨が無いから納骨後だと思うが、本位牌が見当たらない

場面は、萩尾家の仏間? 遺骨が無いから納骨後と言うことで「四十九日」は過ぎているのだろう。しかし、仏壇に遺影の写真はあるが、本位牌がない。普通は「四十九日」には本位牌を準備するが、萩尾家には仮の白木位牌もない。そして、見ようによっては仏間の装飾そのものも「仮祭壇」のように見えなくもない。

お天道様の高い時間から、律と瓶ビールで起業宣言か…

そしてまた「喫茶ともしび」だが、今度の舞台は店の前。照明演出的には夕方のつもりだろう。東京から戻って、ビールを飲んで、外に出たらやっと夕方ってことか。だからなんだと言う訳でないが…

花野を靴屋に連れて行き、宇太郎が支払う姿を見せた方が…

今度は楡野家、相変わらず昼間なのに家族全員が居間に集合。今の庭に面した窓は全開。本日が店休日だから宇太郎が買い物に行ったのかと思いきや、草太はコックコート姿。晴はいつも客前でつけてるエプロン姿。まっ、いいや。

それより、スケート靴だがプレゼントで良いのだろうか。いや、もう鈴愛と花野が “人にたかる” とか “家族に寄生中” とか言わない。専門的なスケートシューズこそ、本人を店に連れて行き、みんなで「似合うよ」とか言って買ってあげるのが家族愛じゃないのかなぁって。

そして、宇太郎がお金を払うところを鈴愛が花野に見せて、宇太郎に「ありがとう」と言わせるのが教育であり躾じゃないのかなぁって。そう言う、ホームドラマ風の朝ドラが見たかった…それだけのこと。

劇中は「2008年9月18日(木)の夕方」で決定か!?

そして、やっと劇中の時期に決着を付ける時が来た。それが↓の弥一の台詞とナレーションだ。

弥一「早いもんやな。もう2か月か」
 N「月命日でございます」

と言うことは、現実の月齢表に準ずれば、劇中は「2008年9月18日(木)の夕方」となる。これで、一安心だ。

萩尾家は和子の死を悼み、楡野家は2号店だスケートだと大騒ぎ

さて、なぜ私が、ここまで今の劇中の月日に拘るのかと教えよう。確か、仙吉が亡くなって、程なく和子が亡くなった。そして2か月が経過した。これが劇中の時間の流れ。

そして、今回の劇中でメインで描かれたのは、死後2か月経っても、未だに亡き和子を思い慕っている弥一と律だ。弥一は妻を亡くし、律は母を亡くした、だから亡き和子を思い出し偲んでいるのだ。

しかし、鈴愛はどうだろう。散々世話になった祖父の仙吉が亡くなっても、偲ぶ姿なんてこれっぽっちも描かれず、仙吉が死のうが2号店の準備を進め、夏を過ごし、娘のために東京行きを決めたってことになる。

更に言えば、萩尾家はまだ「心の喪」は明けていない様子だが、一方の楡野家は仙吉の存在など頭の隅にもないようすで、2号店だスケートだと大騒ぎ。

仙吉の死後の描写で、鈴愛が人でなしであることが明白に…

結局、鈴愛が人でなしで、「立ってる者は親でも使え」の精神で、この2か月を過ごしたことが明白になっただけ。ネタバレ(と言っても私の予想だが、私の予想はよく当たる)になるから書かないが、あるアイデアのもとで設定を「2008年」にしたは良いが、その1年間で起こる出来事の順番も分量も思い付きで突っ込んだから、こうなるのだ。

あとがき

まあ、考えようによっては、2か月間も母の死を悼み、妻のいる自宅に帰らない律も、それを許す弥一やご近所さんも異常なレベルであると言えなくもありません。とにかく、北川悦吏子氏には、脚本を書く際にちゃんと「算数」をやって欲しかったです。

最後に。前回の感想に 121回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。ホント、不可思議な内容を良く分からぬ時間軸で描かれるので、疲れますね。

でも、今日で8月も終わり。明日から心機一転ですね。また、皆さんにもご心配頂いた妻の右手首骨折ですが、手首と肘の2点止めのギプスが先日手首だけの短いものになりました。しかし、3週間以上も肘を固定したので腕力がありません。指先もやっと動く程度。9月になっても、暫くは妻の介助と家事と仕事とブログの生活は続きそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

北川悦吏子氏が脚本を手掛けた、社会現象を巻き起こした名作ドラマ『ロング バケーション』が、ついに Blu-rayでリリースされます! 高校生の広末涼子さんも出演していました。今作こそ、全11話が「神回」です。名作は名作として認めますので、ポチッとしました。



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ロング バケーション Blu-ray BOX (メーカー特典付き)
秋風羽織の教え 人生は半分、青い。
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11802/

[半分、青い。 (第131回・8/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR