カーネーション:再放送 (第91,92回・2018/7/31) 感想

連続テレビ小説「カーネーション」

NHK総合・連続テレビ小説『カーネーション』公式
第16週『揺れる心』の『第91回』と、第17週『隠しきれない恋』の『第92回』感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第91回】
千代に「毒気を抜かれて」以来、北村(星田英利)は素直になってしまった。開店が近づき、残業しようとする糸子(尾野真千子)だが、周防(綾野剛)に勧められて組合の月会合に出る。戦争で焼かれたものは戻らない、時代を切り開け、と語る三浦(近藤正臣)。北村、周防、それぞれが抱えているものに思いをはせる糸子。帰り道に周防への切ない思いをかみしめる。開店の朝、美しい洋服姿の糸子は、ある決意を固めていた。

【第92回】
糸子(尾野真千子)を周防(綾野剛)が抱きしめたところを、北村(星田英利)が見ていた。動揺する糸子。家に戻った糸子は着物に着替えず、洋服のまま店に出る。その夜、初めて自分のために女性らしいデザインの洋服を仕立て、次々に新しい服を縫って店に出すようになる。ある日、三浦(近藤正臣)から、糸子と周防にだまされたと北村が言っていると聞き、北村も糸子にほれていたと知る。驚く糸子だが、そこに周防が現れる。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第91回】夜空を仰ぎ、ポツリと言うモノローグと台詞にグッと…

本放送時は、2012年1月21日(土)で、第16週『揺れる心』の最終日。

組合の月会合に出席した糸子。「時代を切り開け」と唱える組合長や、男所帯に育った北村らを見て、ふと、善作、勘助、泰蔵、勝と言う自分が好きだった男性が、全て戦争で焼かれてしまったことを思い出す。

切ない気持ちでの帰り道。アメリカ兵と洋服を着た日本人女性の楽しそうなカップルと擦れ違い、つい目で追ってしまう。そんな糸子が、夜空を仰ぎながらポツリと言うモノローグと台詞…

糸子(M)「そういう人らを 全部なくして
     開いた でっかい穴のところに
     えらい人が 入ってきてしもた」
糸   子「かなんなあ…」
糸子(M)「恋しいて 恋しいて…」
糸   子「人のもんやのに…」

月明りを浴びながら、天からのお告げでも待っているような糸子の目から、一筋の涙が零れ落ちる。う~ん、グッと来る、いいシーンだ。

序盤で商売人の糸子、中盤で女の糸子、終盤はその集大成

15分の序盤で、4月15日に開店が決まった北村の店「北村商店」で、商売人としての糸子を描き、中盤では女としての糸子を描く。そして、それらの集大成として、ラストシーンが来る。

糸子と周防、そして北村たちは、着々と開店準備作業を進めて行く。そして、開店当日の早朝。糸子は珍しく白いブラウスと黒のスカートの洋装で、紅を差し化粧をした。糸子が工場に来ると、徹夜状態の周防がソファーで寝ていた。

糸子は周防に「無事 開店おめでとうございます」と、花のついている桜の枝を渡す(現代では、桜の枝は折ってはいけません)。周防が糸子が洋風を着ていることに気付いて、糸子の全身を見て…

周防「よう似合っとですよ」
糸子「周防さん。うちは 今日で しまいです。
   最後に 言わせて下さい。
   好きでした。ほんなけです。ほな さいなら」

糸子は、出来るるだけ感情を込めないような淡々とした口調で喋り、出入り口のドアを開けようとする。すると、周防が糸子の腕を掴み、一時の間があって、糸子を抱き寄せる。

周防「おいもです。おいも… 好いとった。ずっと…」

そんな2人を廊下の窓の外から、北村がじっと見ていた…

周防が糸子を意識しているように描いて来なかったから…

個人的には、描いて欲しいと思っていたが、NHKが、それも朝ドラで描くのか半信半疑だったが、まさか周防に「おいも… 好いとった」と言わせたのには驚いた。実は、この展開は史実から予想していたのだが、これまで “周防が” 糸子を “意識している” ように描かれて来なかったから半信半疑だった。

だが、実際にこうして映像になると、敢えて “周防が” 糸子を “意識している” ように描かれて来なかったからこそ、妻子持ちの周防の苦悩と言うか、整理出来ない気持ちをラストで描いたように見えた。なかなか、面白くなって来たぞ。

あとがき

いよいよ、と言う感じはするのですが、どこか物足りなさもあります。

特に、次週の予告編を見ると、どうやらガッツリと描きそうな「糸子と周防の関係」とのバランスを考えると、それ以外のこと、例えば、糸子と玉枝や奈津とのその後や、糸子の三姉妹との親子関係、そして何より仕事パートに欠かせない新たな存在である松田恵について、もっと掘り下げて描いておいても良かったかなと。

だって、あと2か月と少ししか無い訳で、当初の2か月と比べると、勢いが落ち着いてますから。それに、更に言うなら、年明けに周防が登場してから、ずっと引っ張っている訳で。でも、気合の入ったNHKの次週に期待しようと思います。



【第92回】糸子が「機関車」なら、「恋心」も「石炭」…

本放送時は、2012年1月23日(月)で、第17週『隠しきれない恋』の初日。確かに、糸子が働いたり、洋服を作ったりするのを「機関車」に例えると…

これまでは「父・善作への対抗心」や「男性社会への反発心」や「世間体への不満」などが「石炭」の役目を果たしていたのが、実は「恋心」も大きな「石炭」になると言うのは、亡き夫・勝との結婚や。勝と菊乃との浮気への言動から脈々と続いていた訳だ。

それらが、この度の糸子と周防の抱擁を描いたことで、朝ドラとしては斬新なエピソードとして「不倫」が描かれるのは興味深いし、残り2か月と少しの本作としては、視聴者側に対しても大きな話題性を振り撒いたとは思う。

勿体ない! 北村の描写にぞんざいさと違和感が…

ただ、そこを描こうとするがあまりなのか、北村が糸子を好きだったことや、今回の北村のやり口の子どもっぽさなど、正直これまで描かれて来た北村からは想像し難い展開になったような。

ラストシーンでも、北村がドアを開けて登場するかと思いきや周防。『隠しきれない恋』のサブタイトルだから、1週間は描くだろうが、どうなるか?

あとがき

当時は、朝ドラのヒロインの不倫を描くのは賛否両論があったんでしょうね。「女一代記」としては面白いと思いますが、あまり引っ張っても興味本位な内容で進んでしまうと、折角の雰囲気が壊れてしまいそうな気もします。

そして何より、本作はモデルがある訳で、あの有名な三姉妹を育て上げた岸和田のおばちゃんだから脚光が浴びた訳ですから、何よりも三姉妹の子育てに孤軍奮闘する姿を描くべきと思います。でも、予告編を見る限りでは、そうならないような気がして、月曜日分から今週はちょっと心配です…

最後に。前回の感想に 103回ものWeb拍手と数々のコメントを頂き、ありがとうございます。再放送の公式サイトを見ると、8月6日(月)の放送予定が書かれていません。従って、私の予想通り、高校野球の放送で、6日(月)から21日(火)まで、また一時休止になるようです。この1週間、大切に見ましょう!

残念ながら、ご本人は気付かずに(だと思いますが、結果的に)ネタバレを書いて「教えてあげるよ」と言わんばかりの人が増えて、困っています。本当にネタバレは止めて下さい! 私以外にも、今回が初見で番組と感想を楽しみにしている読者さんがおられるので。引き続き、ご協力お願いいたします。 ※また、今週末までテンプレです(謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11667/

スポンサーサイト

[カーネーション:再放送 (第91,92回・2018/7/31) 感想]の続きを読む

半分、青い。 (第104回・7/31) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第18週『帰りたい!』の 『第104回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


一足遅れて花野がいる病院に駆けつけた涼次(間宮祥太朗)。高熱の原因がオタフク風邪と聞いた鈴愛(永野芽郁)は、花野に自分と同じように後遺症が残るのではないかと気が気ではない。花野の熱が無事下がったころ、光江(キムラ緑子)は涼次を呼び出し、花野が病院に運ばれたときに何をしていたのか問い詰める。すると涼次は、祥平(斎藤工)と弓子(若村麻由美)に呼び出され、映画の脚本と監督を依頼されたことを打ち明ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイトルから、つまらない

アバンタイトルから、つまらない。前回のラストで光江(キムラ緑子)が涼次(間宮祥太朗)の携帯電話に掛けたら、電話の相手は女性だった…と、さも今度は涼次に女性問題でも発生したように釣って、翌朝には作家の佐野弓子(若村麻由美)だったと言うオチ。

こんなことするなら、前回のラストカットを会議室で鳴った携帯電話を弓子が取って電話に出ちゃう…にした方が、「まだ映画でごちゃごちゃやるのか?」と視聴者が諦められて精神的に精神的に優しくなれたのに。悉く、本作は視聴者の気分を悪くさせたいようだ。

脚本家の個人的な感情で、こんなに物語がねじ曲がるのか?

さて、本編。何と涼次の脚本家の才能が弓子に認められたらしい。だから、先日に言ったのだ。演出家と脚本家の才能は別物だと。あの時、自分が夢を挫折した鈴愛(永野芽郁)が「涼ちゃんは、脚本家の才能がある。私には分かる!」と言って、喜んで後押しをしていれば良かったのだ。

もちろん、既にあちこちで報道されているように、今後は涼次が映画監督の道を諦められずに離婚する展開になるから、脚本家で成功しては困る訳だが、結局本作の脚本家が離婚ありき、離婚と言う1つの結果に向けて思い付きでしか書いていないから、このような不自然な展開になるのだ。

一度、鈴愛の応援があって涼次は脚本家を目指して、それこそお得意の時間経過で涼次が、そこそこ脚本家で成功した姿を描いてから「映画監督の夢を諦められない」とするのが筋ってものでは?

あの~、このドラマの主人公は誰? 涼次を励ますべき登場人物は誰? 若村麻由美さんでも弓子でも無いだろうに。ここまで脚本家の個人的な感情で物語がねじ曲がるものか?

登場人物全員が超過保護だから、統一感はあるが…

夢を諦め、大納言で働き始めたから偉そうなことを言えるようになった涼次。

涼次「鈴愛ちゃんとカンちゃんは僕が守る」

しかし、妻を「鈴愛ちゃん」と呼ぶのは良しとして、我が娘を「カンちゃん」と呼ぶには抵抗がある。まあ、昭和の頃から我が子に「ちゃん付け」や「あだ名」で呼ぶ親はいたが、私にはちょっとくすぐったい。夫婦と子供だけの極小さな空間ならともかく、それ以外で「ちゃん付け」は相当な過保護のイメージ。

もちろん、感じ方は人それぞれだろうが「旦那さん」「奥さん」も似たように聞こえてしまう。まあ、本作の場合は全員が超過保護だから統一感があるとも言えるのだが。

花野を演じている "赤ちゃん" が本作で一番演技派だ

しっかし、なんだろうな。ヒロインの初めての娘が、母親と同じムンプス難聴であるかどうかの診察シーンで、普通ならそれだけでハラハラドキドキして、医師から「正常」と言われたらホッとしたいのに、相変わらず鈴愛に共感出来ずにいるから、このシーンで感じたのは、花野を演じている赤ちゃんが本作で一番演技派だってこと。

あんな夫婦が両親なのだから、あの子の泣き顔を見たら、こちらまで貰い泣きだ。って、これで良いのか。そして、片耳失聴の話から親子の絆の話に展開していく鈴愛と晴(松雪泰子)の会話劇が、どれだけ長く感じ、空を切って、寒々としたことったらありゃしない。取って付けたとは、正にこのことだ。

それにしても、涼次が働かない…

それにしても、涼次が働かない。正確に言えば、涼次が働く姿が映らない。11分過ぎても1カットも入らない。確かに、涼次が働いていない時間に、あれこれ偶然に発生しているとも受け取れる。ドラマだからそう言うのも、時にはアリだとも思う。しかし、働かなすぎでは無いだろうか。確か前回でも僅か数秒だけ働いただけ。

その上、インサートされる回想も、いつも鈴愛と一緒だから、働けと言いたくなる。今回も12分過ぎに大納言が26秒映ったが、涼次が仕事をしているカットの尺は10秒だけ。まあ、涼次も涼次なら鈴愛も鈴愛で。時間経過と騒動ばかり描くから、まともに育児をしているように見えない。

まるでアリバイ作りのように12分過ぎに突っ込んで来たが、全く子役が永野芽郁さんに馴染んでいないのがバレバレで、ここでまた子役に感情移入してしまった。どうせ、時間経過して出番はすぐに終わるからってね。

"5歳児" の結果だけ描くから、花野にも感情移入出来ない

と思っていたら、何と時は2003年から2007年12月23日へ4年間も時間経過。夢を諦めて働くと言ったのに働いている映像が無い。愛娘が生まれて難聴も無く安心して子育てすると思ったのに育児の映像が無い。そして時間経過して、5歳になった(成長したとは書けない)子役の山崎莉里那さんが演じる新たな登場人物が増えたって印象だ。

14分頃のシーンなんて、三叔母が近所の子どもの誕生会でバカ騒ぎしているのと一緒だ。成長過程がすっ飛ばされて、5歳児と言う結果だけ押し付けるから、花野にも感情移入出来ないのだ。

あとがき

本作って、斬新だ神回だと言ってきていますが、まあ普通のホームドラマですよ、視聴者にとっては。だから、ヒロインが成長して結婚して、出産して、発明して幸せになれば良いだけのことです。

なのに、ここまで時間経過をさせて、騒動を描く必要ってありますか? むしろ、それを多用し過ぎて、脚本も演出も既に破綻してますよ。その上、また気を持たせるように最後の最後で離婚を切り出す。これで「明日が楽しみ」なんて視聴者がどれだけいるのでしょう…

最後に。前回の感想に 82回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。ついに、残り52回となりました。ここを訪問して下さる読者の皆さん、全体の 2/3を過ぎたってことです。意外と忍耐力があることを自覚した今朝の『半分、青い。』でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11666/

[半分、青い。 (第104回・7/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR