半分、青い。 (第43回・5/21) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第8週『助けたい!』 『第43回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


秋風(豊川悦司)の事務所から追い出され、岐阜の実家に帰ってきた鈴愛(永野芽郁)。突然の帰省に晴(松雪泰子)も宇太郎(滝藤賢一)も驚くばかり。そのころ東京のオフィス・ティンカーベルでは、鈴愛がなくしたと思っていた原稿が、実は秋風が酔っ払ってある場所に置き忘れていたことが発覚する。秋風は、弟子の裕子(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)、マネージャーの菱本(井川遥)たちに囲まれて責め立てられて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

脚本家と演出家の "したり顔" が鼻についただけ!

何て言うのかな? 回想シーンを挟んでみたり、鈴愛の鉛筆書きの漫画アニメを挟んでみたり、いろいろやっても、鈴愛が捨てたとされたネームは、実は秋風が酔っ払って電子レンジの中に置き忘れたと言う「衝撃の事実でした!」との脚本家と演出家の “したり顔” が鼻についただけの月曜日の前半。

結局「トヨエツ劇場」で始まった第8週…

後半は、どう言う訳か、律が正人と秋風を連れて鈴愛の実家を訪問。結局、前半は秋風と菱本、後半は秋風の濃過ぎるキャラに頼っただけの15分。

中村雅俊さんも滝藤賢一さんも松雪泰子さんも、劇伴の後押しまでやっても、流石に豊川悦司さんの強烈な個性の前に太刀打ちできず。もちろん、本来なら最も個性的でなければいけない鈴愛、いや永野芽衣さんは足元にも及ばず。結局「トヨエツ劇場」で始まった第8週。いよいよ2か月が過ぎようとする今、これで良いのか。

どんどん鈴愛の好感度が下がっていく…

良く分からないのだが。今回、秋風は鈴愛が捨てたのは「ゴミ」とハッキリと言っていた。でも、以前の描写では、鈴愛は「ネーム」が何かを知らないと描かれていた。だから、秋風が、自分の大切な「ネーム」を捨てたと誤解して破門した鈴愛に、謝罪するのは理解できる。

でも、その事実を知って、「え~? 私は悪くないじゃん」みたいな顔をした鈴愛は理解できない。だって、過ちとは言え、「ネーム」を捨てたことを認め、お礼(謝罪)までしたのだから。

そして今回、晴が「私の育て方が悪かったんです」と言っていた。私は、心の中で「その通り!」と叫んだ。こうなると、どうせお育ちの良くない鈴愛は早速手のひらを返したように態度を変えて、仕事もろく出来ないのに、ティンカーベルに戻る際に条件闘争するんでしょうね。あーあ、どんどん鈴愛の好感度が下がっていく…

あとがき

秋風と菱本のお蔭で、それなりの面白さが表現されているのは認めます。でも、それは過剰とも言える秋風と菱本のキャラに頼り過ぎた脚本と演出によるもので、『半分、青い。』と言う朝ドラが面白い訳では無いです。鈴愛が言葉少なくなった分、秋風が “ポエム” で朝ドラらしく見せているだけ。

こうなるなら、幼少期も「耳」も無しで、秋風先生と鈴愛の凸凹漫画家師弟コンビのお話で良かったのでは?

最後に。前回の感想に、96回のWeb拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。脚本家と演出家の “したり顔” が見え過ぎて興ざめしている…それが、今回の正直な感想。作り手の顔の方が、演者や登場人物よりも見えるってダメですよ。それに『助けたい!』って、また脚本家のしたり顔で秋風の秘密でも後出しか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11392/

スポンサーサイト

[半分、青い。 (第43回・5/21) 感想]の続きを読む

ブラックペアン (第5話・2018/5/20) 感想

ブラックペアン

TBSテレビ系・日曜劇場『ブラックペアン』公式
第5話『涙の決断!子どもの命を絶対に助けて!!』の感想。
なお、原作の海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)は既読。
[読書] ブラックペアン1988 新装版 (海堂 尊/著・講談社) 感想


高階(小泉孝太郎)の裏切りで、理事長選は西崎(市川猿之助)が佐伯(内野聖陽)をリードした。一方、渡海(二宮和也)はスナイプ手術を受けた少女・小春(稲垣来泉)の異変に気付き、佐伯に報告。佐伯は医療雑誌編集長・池永(加藤浩次)に高階の論文の撤回を要求する。検査で小春の心臓の中隔に感染が見つかるが、論文撤回を避けたい西崎はそのまま退院させるよう指示。葛藤する高階に、渡海が小春の退院許可証を突き付けて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)
脚本:丑尾健太郎(過去作/無痛~診える眼~、小さな巨人) 第1,2,3,4,5
   神田優(過去作/ラブホの上野さんシリーズ) 5
演出:福澤克雄(過去作/半沢直樹、小さな巨人、陸王) 第1
   田中健太(過去作/下町ロケット、小さな巨人、陸王) 第2,4
   渡瀬暁彦(過去作/クロコーチ、アリスの棘、小さな巨人、監獄のお姫さま) 第3,5
音楽:木村秀彬(過去作/コウノドリ1&2、小さな巨人)
主題歌:小田和正「この道を」(アリオラジャパン)

渡海が他の医師らといる時に、引きの画が多くなった

特に前回と変わった部分と言えば、渡海が他の医師たちといる時にも引きの画が多くなって、全身が映るカットが妙に多かったことか。前回は、理由はともかく、不自然なまでに渡海のアップが多かったから。

スナイプがダーウィンに変わっただけ

それ以外は、スナイプがダーウィンに変わっただけで、相変わらず終盤に天才外科医の渡海がお手柄を持って行って終了。と、1時間の構造は前回とほぼ同じ。いや、35分頃、手術を見学しにナースたちがごっそりと講堂に見に来ていたのは不自然だし、ダーウィンの使い手として登場した外科医が、アームがつっかえるとか縦列駐車が出来ないレベルって?

大風呂敷を広げ過ぎ

流石に、第5話になっても、物語の核みたいな部分が全く見えて来ず、理事長選と医療機器と天才外科医と新人医師とナースが、なんだかあれこれ病院で動き回っているだけ。流石に、大風呂敷を広げ過ぎだ。風呂敷を上手に畳みつつ、「そうだったのか!」と納得させてくれる最終回を用意できるのか…が最大の問題だ。

あとがき

理事長選で子供の命をもてあそぶ展開もどうかと思っちゃいました。フィクションですから、必然性があれば良いですが、アームがぶつかると言うことだけに子供にしたとしか思えず、もやもやしました。面白ければ、こんな感情は湧いてこないのですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)
この道を / 会いに行く / 坂道を上って / 小さな風景 小田和正


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11391/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR