わろてんか (第52回・11/30) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第9週『女のかんにん袋』 『第52回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


仕事と子育てに忙殺されるてん(葵わかな)の負担を軽くしようと、藤吉(松坂桃李)は隼也の子守りをリリコ(広瀬アリス)に頼んだ。てんは自分に何の相談もなく勝手に藤吉が決めてしまったことに不満を募らせるが、伊能(高橋一生)に愚痴を聞いてもらって怒りも少し収まった。そこへ帰ってきた藤吉が新しい寄席を買うと言って、その日芸人たちに渡す給金を持ち出してしまい、ついにてんの堪忍袋の緒が切れてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

てんは "問題解決の方法が全部他人任せ" だから困る!

今朝もアバンタイトルからウンザリ… いい加減に主人公が自分で初節句の兜を買いに行けば良いのに。大した仕事もしていないし子守りもリリコがいるのだから、さっさと自分が動いて、イライラの1つ位、自分でブレークスルーして欲しい。ホント、この主人公は問題解決の方法が全部他人任せだから困る。

井戸端会議での「堪忍袋」の話が空回りし過ぎ!

主題歌明けの「堪忍袋」のくだりも、演出が空回りし過ぎ。背後にコミカルな劇伴を張り付けて、その上に効果音を乗せて、吉本新喜劇風にやっているつもりなのは理解する。主人公の白塗りが目立たぬように、主人公だけ逆光にした工夫も認める。しかし、2分間近くもやれば飽きて来るのは当然。どうして節度がないのだろう?

なぜ、算盤を弾く主人公の手をすぐに止めちゃうの?

5分過ぎ、衝撃の映像で始まった。主人公が仕事をしている! 算盤を弾いている! と思ったら即その手が止まってしまった。あと数秒だけ尺を伸ばせば “主人公が仕事をしている感” が出せるのに。必要と不要の映像の取捨選択もセンス無しか…。

仕事も子育てもしているように見えない主人公が言う?

描こうとしているとは間違っていない。上↑のあらすじにもあるように、仕事と子育てに忙殺される主人公が堪忍袋に次々と怒りを詰め込んで行かなければ、サブタイトルの『女のかんにん袋』が嘘になるから。ただ、致命的なのは、全くそうは見えていないことだ。まず、主人公は何に怒っているのか?

  ●子育てや子守りを手伝わない藤吉に怒っている?
  ●自分に相談無しに子守りをリリコに頼んだ藤吉に怒っている?
  ●家族三人の時間を作ろうとしない藤吉に怒っている?
  ●初節句の兜を何度も買い忘れる藤吉に怒っている?
  ●自分のしたいことだけやっている藤吉に怒っている?

他にも怒りの根源はありそうだが、ではそう言う主人公自身はどうなんだ?と言う話だ。おぶい紐一つせず、二度も息子を行方不明にさせて。正に “自分のことは横に置いておいて” 一体何を言う?

なぜ、てんを商売人として実家に金を借りに行かせない?

残念ながら、折角の伊能栞さま久々の登場シーンだが敢えて語る内容も殆ど無いまま終了。本当に高橋一生さんを “客寄せ” にしか利用しない展開に腹が立つだけ。でも敢えて書くなら…

こう言う時こそ、主人公が商売人として、堂々と藤岡家に行って「運転資金を貸して下さい」と借りに行けば、主人公も藤吉と一緒に風鳥亭を経営しているように見えたのに。口先だけで伊能に「うちら夫婦の問題」と言ったって、全く説得力不足。どうして、主人公を厚かましい女に描くの?また、好感度が下がるだけなのに…

儀兵衛からの借金を1年で返せて、給料分は自転車操業?

問題は、藤吉の手付金のくだりだ。何円持って行ったのか確認できなかったが、少なくとも誰でも盗めそうな机の上の金庫の中からわしづかみにして持って行って契約話を締結しようと言う経営者を描いたことで、改めて商才が無いことと、更にお金のありがたみを知らない男と言うレッテルを藤吉に貼り付けてしまった。

それに、風鳥亭の経営は、儀兵衛から借金500円(今の500万円)を1年で返済できる位に順調のはず。なのに給料分の話は自転車操業みたいに描かれている。これ、矛盾していないか?

「堪忍袋」だけ "虚構の中の虚構" ではおかしいでしょ?

実際に「堪忍袋」が少しずつ膨らんで、最後には割れたが、あれはどのように受け取ったら良いの? 「堪忍袋」だけ “虚構の中の虚構” と言う位置付け? それでなくても、ドラマに最重要な “虚構の中の真実” が描けていないのに…。本来は「本当に膨らんだ!ワハハ…」と言わせなければいけないでしょうに。

あとがき

昨夜に気付いたのですが、公式サイトの「主な出演者紹介」から主人公の祖母・ハツ(竹下景子)の存在が消えました。妹・りんの婿養子も掲載されていないのでスペースの問題なのか気になります。本作中では珍しく元気で優しいいいひとだったので気になります。

最後に。前回の感想に、110回ものWeb拍手と、たくさんの応援コメントを頂き、ありがとうございました。やはり、寺ギンはまともな男ですね。それと、主人公に近づく前回の風太と今回の伊能の言動が、ちょっと粘着質になっていませんか?朝ドラなので清々しく心温まる話が見たいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
笑いを愛した吉本せい (洋泉社MOOK)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 わろてんか 上
NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10756/

スポンサーサイト

[わろてんか (第52回・11/30) 感想]の続きを読む

奥様は、取り扱い注意 (第9話・2017/11/29) 感想

奥様は、取り扱い注意

日本テレビ系・水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』公式
第9話『最後のランチ会』、ラテ欄『最後の敵が仕掛けた罠!旦那の正体が遂に…!』の感想。


町に不穏な空気が流れ始める中、勇輝(西島秀俊)に‘秘密’があることを直感した菜美(綾瀬はるか)は、元仕事仲間のハッカー・小雪(西尾まり)に正体を探ってほしいと依頼する。一方、京子(本田翼)は渉(中尾明慶)の不倫を疑い、会社帰りを尾行。部下とホテルに消えるのを目の当たりにしてがくぜんとする。啓輔(石黒賢)との生活に息苦しさを感じる優里(広末涼子)は、合コンで知り合った安西(小関裕太)に誘われランチの約束をするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

結局、最終回で主人公が暴れるためのネタフリだけ?

冒頭から京子が身の上話(それもかなり長尺な)を話し出す25分頃までは、前回の空き巣窃盗犯事件の続き(と言うか、またやるの?って感じ)で、いつもの奈美のアクションシーンをカットしたようなお話。そして、なぜか25分過ぎからは突然主人公のお話はストップして京子と優里のお話へ…

かと思ったら、44分からは再び菜美と勇輝のお話。CMを挟んで49分から、また京子と優里のお話になって3人で女子会トーク。結局、主人公に直接関わる新情報は、序盤の「リバプールクリーニング」の店主・小雪と勇輝のくだり、後半の勇輝の高層ビル内のシーンと、57分からの奈美と小雪の数分間だけ。

あとは、次回の最終回で主人公が暴れるためのネタフリ。広末涼子さん目当てだから出番が多いのは嬉しいが、その贔屓目を引けば前回と今回で「1話分」で良かったのでは?完全に引き伸ばし感が漂い過ぎ…

脚本家の偏った「女性像」の描き方が気になる…

それに、前回で折角薄まった原案・脚本:金城一紀氏が男性目線で描く「女性像」が何となく一方的で決め付けるのが気になった。浮気をされた妻は反省して帰って来る夫を待つだけとか、女性が売るのは身体だけとか、海外赴任に「支えさせて」と言い付いて行く妻に「いつまでも大切にするよ」と言う夫とか。

やはり、女性軽視と言うべきか微妙だが、かなり偏った描写になっているのが本当に気になる。まあ、これは第1話から感じていたことだが…

あとがき

最終回の予告編を見る限り、全部スッキリさせてくれるのかちょっと心配になりました。何せhuluが全面的にくっついているので、まさかとは思いますが「本当の結末はhuluで」なんてありませんよね。『信長協奏曲』が「続きは劇場版で」でしたので無いとは言い切れない… とにかく、10分拡大の最終回でキッチリと終わらせて頂きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ 「奥様は、取り扱い注意」 オリジナル・サウンドトラック 得田真裕


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10755/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR