わろてんか (第26回・10/31) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第5週『笑いを商売に』 『第26回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


藤吉(松坂桃李)がほとんど店に姿を見せなくなり、北村屋の使用人たちは店の先行きに不安を覚える。てん(葵わかな)は藤吉を信じて店の仕事に精を出すが、手代までが辞めてしまい、その負担が啄子(鈴木京香)にのしかかってきた。無理がたたって腰を痛めた啄子は、てんについ弱音を語ってしまう。そのころ藤吉は、キース(大野拓朗)が持ち掛けてきたもうけ話で一山当てて店の借金を帳消しにしようと目論(もくろ)んでいた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今週の流れが見えてしまった第26回

そうか、パーマ機を大量に輸入するために、店の土地を担保に高利貸しから金を借りようとする藤吉を知り、てんが伊能に相談し、伊能に藤吉の態度も大博打も全部反対され、啄子にも借金は反対されて、てんが「寄席を作ろう」と提案する…と言うのが土曜日までか。それなら名目上は『笑いを商売に』で終わるな。

そんな今週の流れが見えてしまった第26回。この直前に月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』での高橋一生さんを見て思い付いた私のお得意の「妄想」なのだが…。では、前回の感想は奇襲攻撃みたいだったので、今回は通常運転で時間軸に沿って見てみよう。

今や「わろてんか名物」の "不愉快極まりないアバンタイトル"

今や「わろてんか名物」と言っても過言ではない、不愉快にさせまくるアバンタイトル。今回もきっちりイラッとさせてくれた。まず、この↓てんの台詞。何の根拠もないし、せめて愛情から信用に繋がるようなエピソードが過去にあれば説得力はあるが、視聴者にも女中トキにも無いからポカーンと聞くしかない。

てん「藤吉さんが 必ず 店を立て直してくれはるさかい」

この↑てんの台詞の直後に、また気持ちの悪い妙な抑揚をつけたこちらの↓ナレーションが続く…

N「本当に? 大丈夫でしょうか」

悪いが、この1か月の『わろてんか』のせいで、『ガッテン!』でも小野文惠アナの声を聞くとイラッとするようになってしまった。毎朝の習慣とは恐ろしいものだ。

文楽の「山姥」の1カットのインサートでいろいろ見えてくる

主題歌明けは、元番頭・又八を引き抜いた天野屋に上得意(常得意でないと推測)を次々と取られる北村屋の図。そこへ、嫌味を言いに天野屋の女将が又八と一緒にやって来る。それに腹を立てる啄子の直後に人形浄瑠璃の「山姥(やまうば)」が1カットだけインサートされるが、これ一体どんな意味があるのだろうか?

因みに、人形の口が急に耳まで裂けて、金色の歯が光り、目玉がひっくり返って金目となり、髪の中から金色の二本の角を出すことを文楽では「がぶ」と言う。では話を戻そう。

撮影段階では編集まで考えられて演出されていない

実際の構成はこうなっていた。天野屋が帰って「作り笑顔の啄子が無表情になりてんを睨み付ける→人形が山姥に→慌てた表情で塩を取りに行くてん」と。

これ、最初に啄子が作り笑顔から一度無表情になって、てんの方を向いた時に改めて啄子が「山姥」みたいに口角を上げて、てんを睨み付けた直後なら、インサートも生きるし、「山姥」の直後のてんが笑っていたら「てんの想像」と言う意味を持つから、てんが「笑い上戸」と言うのも表現できたのに。

結局、「撮影段階では編集まで考えられて演出されていない」と言わざるを得ない。脚本も行き当たりばったりならば、演出も同じと言うこと。それがこの「山姥」の1カットで見えてしまった。もちろん、私の顔も「山姥」みたいになったのは言うまでもないが…

従業員の提案に、啄子が反対するのはおかしくないか?

さて、今回もおかしなことが幾つか起こるが、最初のおかしな場面が4分過ぎにあった。天野屋が帰った後に従業員の佐吉と豆蔵がこんな↓ことを言う。

佐吉「噂では 一等米に安い米をぎょうさん混ぜて
   うちの半値で売りさばいてるとか」
豆蔵「うちらも そないしたら どうですやろ」※佐吉の台詞かも?
啄子「北村屋の のれんにかけて そんな事はできまへん」

ここでおかしいのは、啄子が否定すること。よーく考えてみよう。まず、先日に又八は藤吉に「悪かろう安かろうの米を売る店」と言ったのは確か。そして、店が傾いた理由は、藤吉の父、啄子の旦那の借金の返済と啄子が藤吉に言ったのも間違いない。従って、店の経営難に元番頭の又八は無関係と言うことになる。

好意的解釈しても、啄子の言動は矛盾だらけ!

となると、ここで矛盾が生じる。北村屋は又八の証言から「悪かろう安かろうの米を売る店」なのは明らかで、そのことを女将の啄子が知らないはずがない。だとすると、啄子の指示で「悪かろう安かろうの米を売る店」になったのと考えるのが順当だ。なのに、啄子は従業員の提案を拒んだ。これ、一体どう言うこと?

超好意的な脳内補完をすれば、又八は売り上げを伸ばすために、庶民向けの一部の低等級の米にだけ「更に悪かろう安かろうの米」を調合して売り、儲けを出していた。しかし、その事は啄子には内緒で行われていたと言う解釈だ。ただ、又八は儲けを出していたのは確かなのだから、やはり啄子が知らないと言うのは合点がいかない。

藤吉がやっているのは「仕事」でなく「大博打」では?

さて、今回最大のおかしなくだりが、11分過ぎから本格化する。前回で「店を立て直す」と大見得を切った藤吉は、前回の終盤で米を乗せた荷車を曳いて新規客を探していた。しかし、前回のラストで吉蔵とキースに再会し、今回の11分過ぎに再びシーンが繋がった。

キースが持ち掛けて来た儲け話で、一山当てて店の借金を帳消しにしようと目論む藤吉だが、これって仕事?「ちゃんと仕事をする」と啖呵を切った藤吉のやっていることは、明らかに仕事で無くて博打だ。それも大博打。お世辞にも投資とは言い難い。だって、キースはお調子者で信用できない男なのだから。でも藤吉はこの話に乗っかってしまう。

今の藤吉が一番やってはいけないこと=仕事をしないこと

これ、今の藤吉に対して一番やってはいけない描写なの。なぜか?だって、この度の「店を立て直すこと」は、「藤吉が北村屋の一人前の主として啄子に認められるか?」と、もう一つのここが肝心ね。「藤吉のてんへの愛情の深さや真剣さが試されること」の直接的表現だから。

言い換えれば、藤吉がしっかりと仕事をしている姿を視聴者に提示なければ、仕事のことはもちろん、「おてんちゃんへの気持ちもその程度かよ!」ってことになる訳だ。でも、仕事は全然していないよね。これまでも今も。それで良いのかな?いや、絶対に間違っていると思うぞ。

あとがき

連続ドラマなのに、毎回キャラは変わるし、言動に一貫性も無いし、各騒動に整合性も無い。ラストのナレーションでは「店を立て直すこと」が「男の意地」と書き換えられ、「仕事をせずに大博打をしようとすること」が「あらぬ方向」と訳されました。藤吉の “てんへの気持ち” は「男の意地」と言う解釈で良いのでしょうかねぇ。

また、先日も少し触れましたが、NHK受信料制度の合憲性が争われた訴訟の最高裁での上告審で、NHK側は「豊かで良い番組を放送するために受信料は不可欠だ」と述べました(情報源)。一体、最近の人気作の寄せ集めみたいな『わろてんか』のどこが「豊かで良い番組」なのでしょうか。皆さんは、どう思われますか?

最後に。前回が嫌がらせみたいな構成の感想だったにも関わらず、74回ものWeb拍手と、たくさんの応援コメントを頂き、ありがとうございました。冒頭で、今週末までの流れは「妄想」したので、残りの4回分の感想は週明けにまとめて書こうかな?そう思ってしまう位に、雑な朝ドラですよ。そして、明日から2か月目突入です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
笑いを愛した吉本せい (洋泉社MOOK)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 わろてんか 上
NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10633/

スポンサーサイト

[わろてんか (第26回・10/31) 感想]の続きを読む

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ (第2話/今回も15分拡大・2017/10/30) 感想

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~

フジテレビ系・月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』公式
第2話/今回も15分拡大『新人議員VS議会のドン&居眠り議員!信念か忖度か…運命決する初登壇!』の感想。



初登庁し、本会議に出席した智子(篠原涼子)は、市長・河原田(余貴美子)の施政方針演説中に居眠りする前田(大澄賢也)を注意。その動画がインターネットにアップされ、前田は笑い者になる。前田は‘市議会のドン’と呼ばれる犬崎(古田新太)派の幹部。新人議員で、犬崎の存在を知らないのは智子だけだった。早速、犬崎に呼び出された智子は、自分の勘違いだったと本会議で謝罪するよう迫られ、犬崎派に入れば安泰だと告げられる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

この5つが気になって、更にウザくて見づらいドラマに!

脚本:黒沢久子(過去作/映画「花芯」、映画「お父さんと伊藤さん」)
演出:金井紘(過去作/貴族探偵、好きな人がいること)※第1,2話

直前放送の『痛快TVスカッとジャパン』からチャンネルを変えていないのに、別のドラマが始まったのか疑いたくなるような高橋一生さんとデリヘルの意味不明なシーンでスタートした第2話。結局、このアバンも回収されずに終わっちゃうし。まっ、今回の15分拡大版の第2話を見た感想はこれ↓。

相変わらず、
   ●ファンサービス向けのカットの多さに閉口
   ●篠原涼子さんのキンキン声の早口が聞き取りにくい
   ●大量のモノローグが邪魔
   ●カメラ目線のカットがつまらない
   ●時間軸をいじって回想を織り込からテンポが悪い
以上の5つが気になって、ウザくて見づらいドラマだ。

主人公、桁外れにおバカさん過ぎて共感できない!

ウザくて見づらいドラマだと思いながら、30分過ぎまで見てみても、第1話から描こうとしていることがやたらと多過ぎる上に、上記に挙げた演出が重なって、何を描こうかが全く見えて来ない。いや、そもそもコミカルなのかシリアスなのかさえもハッキリしないありさま。

従って、主人公がどう言う人物なのか?40分過ぎても分からない。やはり、桁外れにおバカさんで周囲に振り回されているだけにしか見えなず、議員報酬の950万円目当てで当選した新人議員と言うのが魅力に乏し過ぎる。せめて、もう少し常識あると印象が変わるのだが、それでもこの人格で市議は頂けない。

テンポの悪さは致命的 篠原涼子さんの演技も新鮮味なし

それにしても、どう作ったらこんなにテンポが悪いドラマになるのだろう?更に、15分拡大しているから助長しているのは間違いない。また、あまりにダラダラと進むために内容を理解しているのも面倒なレベルなのに、内容に合わない賑やかなCMがタイミング悪く小刻みに挿入されるから、スポンサーの印象まで悪くなる始末。

主人公をもう少し常識があって、若さで許せちゃうみたいな可愛らしいキャラクターだったら智子を応援できたかも?やはり、篠原涼子さんのいつものぶりっ子と姉御肌の演技で智子を演じられてしまうと、それだけで既視感満載。折角『月9』で政治ドラマなのに、主演が新鮮味を削いでいるのはどうだろう…

あとがき

今回の結末のように次回からもするなら、大人の事情はともかく徹底的に主人公以外の部分は削除して構成し直せば、まだ見られる作品になるような気がします。

和美って元とは言え政治記者でマスコミ側なのに、和美の贈り物を議員が貰って???これ以外にも、いくらフィクションでも「政治」を扱う割に、第1話からリアリティが乏し過ぎるのが大変気になる作品。そこで、本作の監修をした麗澤大学地域連携センター客員研究員の松野豊氏のTwitter(@matsunoyutaka)を見ると、こんなツィートが。

「ドラマですから忠実に表現していたら尺が足りなくなるので、ご理解ください」や「これは選挙や政治の解説ドラマではないのでエンターテイメントとして、お楽しみくださいな(^_-)v」、「ドラマですので突っ込みどころ満載で、ご笑覧くださいませ(^_-)」とあります。そもそも本作はリアリティなんて、ほぼ無視しているってことですよね。

私もNPO活動をして市会議員を何人も知っていますが、流石に市議を馬鹿にし過ぎであり舐めて書いているなと言う印象が頭を離れません。やはり、きちんと描くべきは正しく描いた上で、主人公が生き生きとしたドラマに仕上げるべきだと思います。次回が見極めになるかも知れません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
LIFE(DVD付)(スマプラ対応)AAA
LIFE(スマプラ対応)AAA


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10632/


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR