[朗報] 綾野剛主演『コウノドリ』10月連ドラで復活

[朗報] 綾野剛主演『コウノドリ』10月連ドラで復活
©TBS

スペシャルドラマでも良かったのに、連ドラで復活!

先日の『[朗報] 永野芽郁さん 18年前期の朝ドラ「半分、青い。」のオーディションでヒロインに』に続いて、今回も嬉しいニュースが舞い込んで来た。2015年放送の最終回の感想で、「是非、スペシャルドラマでも良いので、帰ってきて欲しい」と書いた作品が、なんと連ドラで帰って来る。

綾野剛主演『コウノドリ』10月連ドラで復活「感謝しかありません」
     http://www.oricon.co.jp/news/2092872/full/

俳優・綾野剛が主演するTBS系連続ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜 後10:00)が今年10月に復活することが、わかった。2015年10月期に放送された前作から2年後を舞台にした新シリーズで、綾野はもちろん、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋ら前作キャストも出演。
あるときは冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医でありながら情熱的で謎多き天才ピアニスト『BABY』という2つの顔を持つ鴻鳥サクラを主人公に、『生まれること、そして生きること』というテーマのもと、引き続きリアルな産科医療の現場を描いていく。

あれから2年間の綾野剛さんの活躍を見れば期待が高まる

どうやら、綾野剛さんは前作が終わって3~4ヶ月後頃にはオファーをされていたそうだが、あれから約2年、綾野剛さんの活躍はスクリーン、テレビと素晴らしいものがあった。最近で言えば、放送中の『フランケンシュタインの恋』での “深志研” と言う複雑な役柄を完璧に演じている姿が、続編への期待感を高める。

あとがき

脚本担当が、前作の山本むつみさんと坪田文さんであるかどうかが未発表なのが気になりますが、前作の出演者とスタッフがほぼ勢揃いするそうなので、期待して良さそうですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 <    

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
コウノドリ Blu-ray BOX
コウノドリ DVD-BOX
TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック
[まとめ買い] コウノドリ(モーニングコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10058/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451097721.html でも受付けております。

スポンサーサイト

ひよっこ (第70回・6/22) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第12週『内緒話と、春の風』『第70回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


みね子(有村架純)は、啓輔(岡山天音)と祐二(浅香航大)に「みね子様」とあがめられるようになり困っていた。漫画を読んだときの愛想笑いを「ウケた!」と勘違いされたらしい。「本当はおもしろいと思っていないのに…」と悩んでいると、島谷(竹内涼真)にあるアドバイスをされる。ある日の休憩時間、省吾(佐々木蔵之介)に届け物を頼まれたみね子は、省吾の娘・由香(島崎遥香)に会いに近くの喫茶店に向かうが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回とキッチリと切り分けると思いきや…

前回の感想に、読者のちるちるさんから「よく今日の15分でここまで書けましたね。脱帽です」との(お褒めの?)お言葉を頂いた私だが、流石に前回の15分ではエピソードに締まりがないが、翌日も続けては観たくないと言う複雑な気持ちで臨んだ第70回。

『おはよう日本』明けは、桑田佳祐さんの軽快なナンバー「若い広場」のオープニング映像で、前回とキッチリと切り分けると思いきや、ナント漫画家志望の住人の話の続きとは驚いた。

「見ていなかった方のために」は必要だったか?

それも、日にちも時間も変わって、みね子(有村架純)が労働終了後の夜って設定。どうやら、岡田恵和氏は私のアドバイスを無視して、何が何でも新たな登場人物の紹介を、ヒロインの第一目的である「労働」より描きたいようだ。じゃあ、やるならとことんやってみろと思っていたら…

N「見ていなかった方のために、
  実はこんなことがあったんですよ」

まさか、語りでこんなこと↑まで言わせて、二度も描くとは!確かに人物紹介としてはシュールなコント風で工夫されてはいたが、前回も書いた通りに、“今日の15分、間違いなく、見なくてもこの先の物語の理解に影響を与えないような、(つまらないではなく)くだらないエピソード” なのに。

それなら、私もみね子の「お父さん…。つまんないです…」の言葉を借りて、岡田恵和氏に言っておこう。応援団の1人として…

みっきー「岡田さん…。つまんないです…。今のは嘘です。
     ちょっと苦言を呈した方がいいかなと。
     頑張って…下さい…」

桑田さんも、今日は出番が遅すぎます…

みね子は、母から一通りの台所仕事は教わってないのか?

主題歌明け、まだ漫画の話が続いていることにも驚いたのだが、それよりも意外に感じたのが、火に掛かったやかんからお湯を直接急須に注いだみね子だ。そう言う作法とまで言わない常識は、母・美代子(木村佳乃)から一通り教わって来たと勝手に解釈していたが…

以前、省吾(佐々木蔵之介)に谷田部家手製のおせちの味を聞かれて時に答えられなかったことも合わせると、意外とみね子は台所仕事はやってなかった、と解釈を変更した方が良いのだろうか?また、島谷(竹内涼真)に「美味しい」と言われて、みね子が照れながら言うこの↓台詞も私には違和感が。

みね子「一番安いやづですけど、すみません」

これまでのみね子なら、島谷が珈琲通なのを知っているのだから、ここは値段を恥じるのでなく、「私の淹れ方、上手ですか?」位が丁度良さそうだが。まあ、あの淹れ方では言えないか。どうも、「赤坂編」になってから、みね子のキャラクターがブレてるのがとても気になる。他にも最近気になることがあるが、それはあとで…

それにしても、みね子が島谷にキュンとしようがしまいが、漫画家のくだりを15分の半分以上8分間も描く必要があったのだろうか?語りでも「残念」と言ってるほど残念なくだりなのは、岡田氏もついに自虐ネタってこと?

休憩時間の従業員に私用を頼む経営者家族には閉口だ

やっと、漫画が一段落したら、久し振りの東京タワー。それも尺も長めに約5秒。演出家も編集室で気分転換が必要だと感じたに違いない。いや、「向島電機編」で、乙女たちの夏の海の思い出を演出した渡辺哲也氏の粋な計らいと信じよう。

暗いアパートのシーンが2日間で20分以上も続いたのだから、演出家なら明るい日差しの差し込むすずふり亭の店内の、ランチ時の繁盛っぷりと頑張って働くみね子を挿入したいと考えても、脚本にはまた「休憩」を書いてあるって訳だ。それも、休憩時間に経営者家族が私用の用事を頼むと言う快挙?いや閉口だ。

閉口するには訳がある。他の従業員には内緒で頼んだことと、従業員の労働を軽率に捉えている節が見え隠れしたからだ。第64回で、みね子がメニューを持ち帰り勉強したいと行った時、鈴子(宮本信子)はこう↓言ったはずだ。

鈴子「仕事って言うのはね、
   決められた時間内だけするもんなの。
   その分しか、私、給料払ってないよ。
   時間内に精一杯働く。終わったら忘れる。
   でないと良い仕事は出来ないよ。
   嫌になっちゃう。私は、そう思う」

しかし、省吾がやったことは、明らかに公私混同だし、今の時代なら一種のパワハラ。もちろん、そんな思いで脚本家が書いていないことは百も承知だが、この先の展開にサプライズ感を出すために、鈴子と省吾のキャラクターを捻じ曲げるのは頂けない。

みね子にお駄賃でもあげればマシだったが…

その上、死別した奥さんとの間の娘と上手くいっていないからと言う理由?で、父が失踪中のみね子に仲違い的なことを頼むのは、普通は出来ない頼み事では?それに、頼むなら一番の適任者である高子(佐藤仁美)にしないのは不自然過ぎる。

また、前回登場した明細書は面白かったし意味があったが、二度目の明細書はどうだろう?あれで笑え、みね子かわいそーなんて思えと言うのは強引過ぎる。せめて、省吾も鈴子も休憩時間に私用をみね子に頼む時に、昭和40代と言う公私混同が意外と普通だった時代を考慮して、お駄賃でもあげたら良かったのに。

「赤坂編」からの新要素が活かされないから、物足りない

では、最近気になることを書いておく。1つは、時子(佐久間由衣)と愛子(和久井映見)が殆ど登場しないこと。向島電機を出てから姿が見えない。それこそ、あかね荘の住人が個性的なんだから、向島電機に綿引(竜星涼)と雄大(井之脇海)が突然訪問したように、時子と愛子が『突撃!隣の晩ごはん』で一波乱なんてのは良くないか?

もう1つの気になることは、みね子の給料と給料日のこと。例の少ない給料から毎月1品ずつすずふり亭の洋食を食べて、最後には家族みんなで…ってあれ。「賄い」の時間は描くのだから、賄い食でも良いから描けば「お父さん…」も活きて来るはずだ。また、給料日に何かあっても良い気がする。

結局、騒動に頼らずに日常を丁寧に描くのは悪いことではないのは今も同じ。ただ、更に下がった給料、目の前にある洋食、一人暮らしと言う「赤坂編」からの新要素が活かされていないから、物足りないのだ。1つ屋根の下の出来事は「向島電機編」で済んでるんだから。

あとがき

前回は、結構頑張って応援しましたが、今回の15分は頂けません。どうして、奥茨城の家族に仕送りするために働くみね子を、小馬鹿にするような描写を挟んだんでしょう?やりたいのは分からなくもないですが、健気なみね子に感情移入している私としては、作品の方向性が変わってくるようで心配な15分間でした。

最後に。前回の「どうでも良いような漫画家のくだりをガッツリと解説した」感想に、93回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。今日のみね子は、かわいそうでした。由香(島崎遥香)はどう言う人物なのか?好き嫌いが分かれそうですね。という訳で、当blogは、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10057/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451095895.html でも受付けております。

[ひよっこ (第70回・6/22) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR