[読書] 地図をグルグル回しても 全然わからない人の 方向オンチ矯正読本 (北村 壮一郎 /著・秀和システム) 感想

地図をグルグル回しても 全然わからない人の 方向オンチ矯正読本
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


方向オンチの人には、どうやって道順を教えたら効率的か?

サブタイトルに「地図をグルグル回しても全然わからない人の」とあるように、かなり重症な方向オンチのための克服本だ。因みに、私は初めて行った巨大ショッピングモールの駐車場でたまに迷う位で、仕事や日常で道に迷うことは殆どない。

しかし、以外と周囲には “自称・開き直りの方向オンチ” がたくさんおり、毎回説明に苦慮している。従って、方向オンチの人には、どうやって道順を教えたら効率的か知りたくて、本書を手にした。

曲がり角情報を、行きと帰りで、2つずつ覚える

その意味では、本書はそれなりに有効だった。私の予想通りに、彼ら彼女らは自分を俯瞰で見ることができず、自分の居場所情報だけに頼っていることが分かった。

肝心なのは、自分が今どこにいるかでなく、自分が目的地に行くまでに通った(通る)経路における曲がり角情報(本作ではアンカーと言う)の付け方。曲がる度に自分の興味のある目印情報を、行きと帰りで、2つずつ覚えることらしい。

方向オンチを無理に治す必要もない

いや、これ私は自然にいつもやっている。初めて行く道では曲がる度に、例えば目印のカフェを「往路」と「復路」の両側からの見え方を記憶する。なぜなら、行きと帰りでは見え方が逆になるから。

私のやり方はともかく、著者の「脳内マップ」を作る方法は有効そうだ。また、方向オンチを無理に治す必要もないと書いてある。便利なスマホアプリの紹介もあるし、道を見知らぬ人に訪ねることでの「一期一会」も人生の楽しみだと。

あとがき

方向オンチで悩んでいる人は、頑張って治すか治さないかを含めて、一度読んでみると心が楽になると思います。また、方向オンチの仕組みを知りたい人にもオススメです。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
徳大寺有恒のクルマ運転術 アップデート版
運転テクニックおさらいBOOK 新版
スウガクって、なんの役に立ちますか?: ヘタな字も方向オンチもなおる!数学は最強の問題解決ツール
伝わる イラスト思考 (アスカビジネス)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10087/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 困ったときは、トイレにかけこめ! アドラーが教える こころのクセのリセット術 (星 一郎/著・晶文社) 感想
[読書] 「あるある」で学ぶ 余裕がないときの心の整え方 -マインドフルネス入門- (川野 泰周/著・インプレス) 感想
[読書] 自分を操る超集中力 (メンタリストDaiGo/著・KADOKAWA/かんき出版) 感想
[読書] 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法 (千田 琢哉/著・KADOKAWA) 感想
[読書] ポジティブ・チェンジ (メンタリスト DaiGo/著・日本文芸社) 感想
[読書] クレーム対応の全技術 (古谷 治子、工藤 アリサ/著・かんき出版) 感想
[読書] あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法 (ごんおばちゃま/著・興陽館) 感想
[読書] 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート (神岡 真司/監修・永岡書店) 感想
[読書] 遺品整理士が教える 「遺す技術」 豊かに生きるための〝備えと片づけ″ (木村 榮治/著・メイツ出版) 感想
[読書] 精神科・心療内科にかかる前に読む本 精神科医が患者さんの目線で書いた物語 (中山 靜一/著・星和書店) 感想
[読書] 人を操る禁断の文章術 (メンタリスト DaiGo/著・かんき出版) 感想
[読書] 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ (メンタリスト DaiGo/著・ダイヤモンド社) 感想
[読書] 伝え方が9割 2 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書] 99%の医者が知らない言葉のおくすり ‐心のお医者さんが6万人に伝えたストレスをみるみる癒すメッセージ27‐ (井上 裕之/著・アチーブメント出版) 感想
[読書] 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄 (南 直哉/著・筑摩書房) 感想
[読書] 自分でできるお祈り生活のススメ (酒井 げんき/著・二見書房) 感想
[読書] 座らない!―成果を出し続ける人の健康習慣 (トム・ラス/著,牧野 洋/翻訳・新潮社) 感想
[読書] 服を買うなら、捨てなさい (地曳 いく子/著・宝島社) 感想
[読書] 賢人たちからの運命を変える質問 (マツダ ミヒロ/著・かんき出版) 感想
[読書] 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ (水島 広子/著・大和出版) 感想
[読書] 地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。 (斎藤 一人/著・サンマーク出版) 感想
[読書]仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン (橋本英樹/著・祥伝社) 感想
[読書]「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ- (渡邉洋介/著・実務教育出版) 感想
[読書]困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典 (村上英記/著・日本実業出版社) 感想
[読書]伝え方が9割 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書]100%好かれる1%の習慣 (松澤 萬紀 /著・ダイヤモンド社) 感想

スポンサーサイト

SONGS「関ジャニ∞~目の前の向こうへ~」 (第427回・2017/6/29) 感想

SONGS「関ジャニ∞~目の前の向こうへ~」 (第427回・2017/6/29) 感想
©NHK

NHK総合・『SONGS』公式
第427回『関ジャニ∞~目の前の向こうへ~』の感想。


関ジャニ∞が初登場!バラエティー番組での活躍はもちろん、バンドとして音楽活動にも全力で取り組む彼らが原点の地、大阪の街を全員で巡り、過去、現在、未来について語り合った。歌う曲は、思い出の場所 大阪松竹座で生まれ、メンバーとファンが大事にしてきた「大阪ロマネスク」、初のバンドスタイルでのシングルで、転機の曲「LIFE~目の前の向こうへ~」、そしてakira nise作詞作曲の最新曲「今」。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

関ジャニ∞ 7人の、真摯な思いと強い絆を感じた25分間

これまで、関ジャニ∞出演のドラマやバラエティー番組の感想は書いてきたが、今回はNHKの『SONGS』に歌手として登場したので、その感想を書いてみる。と言いつつ、現在テレビ朝日系列で放送中の『関ジャム 完全燃SHOW』は放送開始から毎週欠かさず観ており、彼らのミュージシャンとしての素質は十分に評価済みだ。

とにかく、当blogでは、個々の俳優としての活動については、それなりに事細かく書いてきたが、1つのバンドとして書くのは初めてかも知れない。そして、今回の『SONGS』で関ジャニ∞の原点の地、大阪で過去を語り、現在、未来を語ったのはとても興味深かった。

メンバーにとっても大事な歌「大阪ロマネスク」

セットリスト1曲目は、渋谷すばるさんの印象的なヴォーカルで始まるデビューアルバム『KJ1 F・T・O』の3曲目に収録され、のちに4thシングルのカップリングで発売された「大阪ロマネスク」。もう何十回と聴いているが、7人の原点となった大阪松竹座での本作の誕生秘話やメンバーやファンたちの込められた思いは初めて知った。

東京生まれ育ちのオジサンにとっては、キャッチ―なイントロと大阪各所の地名が登場することや、「あの日の僕らは迷っていた」と言う歌詞から、何となく想像はしていたが、番組で語られたほどに熱い思いが詰まっているとは。バンド色は薄まってはいるが、7人の声が重なり奏でる歌詞の世界は、ファンとの一体感を感じさせた。

7人の多いから生まれた初のバンドスタイルのシングル

確かに、デビュー当時から暫くは、“面白くてカッコ良い大阪のお兄ちゃんたち” と言うイメージが強かった。

ただ、私個人は2曲目の2010年発売の「LIFE~目の前の向こうへ~」の頃には、既に錦戸亮さんは『にぃにのことを忘れないで』、大倉忠義さんは『ヤスコとケンジ』、横山裕さんは『ザ・クイズショウ』等のドラマに出演し、俳優として見ている部分が多かったからあまり “バンド” のスタイルへの思いは気付かなかった

いや、むしろ、デビュー前からずっとバンド活動もしていたと勝手に考えていた。とにかく、この楽曲のロックバンドとしての一塊感や疾走感は半端ない。この曲を聴いてから、「ロックバンドのメンバーが俳優業もやれるんだ」と言う私の中の意識改革が起こったのを覚えている。楽しそうに演奏する姿、カッコ良過ぎる!

関ジャニ∞が描く "未来" が見える新曲「今」

3曲目の「今」は、『関ジャム 完全燃SHOW』で最新アルバム「ジャム」の制作企画発表から「今」の作曲、作詞、編曲、振付、PV撮影のそれぞれの段階を観ていたから、最近の音楽番組で歌われることが多いこの「今」と言う楽曲には、個人的な思い入れも乗っかってる。

これまでの関ジャニ∞とは違った斬新なダンスナンバーでライヴ映えする楽曲に仕上がってる。特に「手を伸ばし君の肩を叩くから」の歌詞の部分の振付稼業air:man氏のダンスがベタで最高。まさしく “今” の彼らの魅力が詰まってる。自分たちの力で色々な道を切り開いて来た7人の、真摯な思いと強い絆を感じた25分間だった。

あとがき

幸運にもスタジオ収録に参加出来たファンの人たちの弾けっぷりも、観ていて楽しくなりました。やっぱりアーティストとファンが一体化しているですね。才能豊かな関ジャニ∞のメンバーだから、多種多様な活動に広がって行っても、最後は関ジャニ∞と言うバンドに戻って来る。更に関ジャニ∞を好きになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ジャム (初回限定盤A)(DVD付)(オリジナルポスター[侍唄(さむらいソング)・罪と夏ver.]付)
【早期購入特典あり】ジャム(通常盤)(オリジナルポスター[なぐりガキBEAT・ジャムver.]付)
関ジャニ'sエイターテインメント(初回限定盤) [DVD]
関ジャニ∞(エイト)『47』初回限定盤 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10086/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451369055.html でも受付けております。


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR