ひよっこ (第50回・5/30) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第9週『小さな星の、小さな光』『第50回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


工場閉鎖が決まり、仕事を見つけた工員たちは新しい職場へと移っていく。彼女たちを笑顔で送り出す愛子(和久井映見)。その姿を見たみね子(有村架純)たちは、一番つらい思いをしているのは愛子だから、自分たちもずっと笑っていようと約束する。そして、それぞれが転職活動を始めることに。両国にあるせっけん工場の面接を受けたみね子と澄子(松本穂香)が結果を待っていると、社長の原田(諏訪太朗)が寮を訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

愛子のみね子への無茶振り、あと何回見られるんだろう…

今回は、桑田さんの主題歌でなく、ティンパニーの印象的な劇番で始まった第50回。やはり「向島電機の終わりの始まり」を強調したスタートだ。前回が11/28で今回が工場閉鎖を9日後に控えた12/11。給料が下がった時点で再就職先を探し始めた3人が工場を辞めて行く。

こんなのわざわざ描く必要は無いように感じるかもしれないが、「普通」を描く本作としては、こんなことも至って「普通」のこと。むしろ、女工さん全員が向島電機に思い入れたっぷりで、最後の最後まで涙々で一緒に働くなんてのがウソ。

そんな「普通」の別れのシーンで、いつもの愛子(和久井映見)のみね子(有村架純)への無茶振り。この無茶振りもあと何回見られるのだろう?と見ていると、物語は “愛子の笑顔” にシフトしていく…

脇役の将来にも最後まで光を当てて描くのが『ひよっこ』

が。ここからの表現が実に本作らしくて興味深い。食堂の場面から部屋でのトランプ遊びまでで、みね子たちは、一番辛い思いをしているのは愛子だから、自分たちもずっと笑っていようと約束したことと、各人が転職活動を始めたことを、全てみね子のモノローグで処理をした。

これまでなら、人知れず部屋で一人で泣く愛子のカットや、6人が話し合うかっとなど混ぜながら、10分間くらいは使って笑いあり涙ありで描いていたのに、今回はモノローグであっさり風味。その後の転職活動のくだりも、基本的にはみね子のモノローグ。

これ、好みが分かれる作風だ。なぜなら、みね子と時子(佐久間由衣)以外の4人に興味関心の薄い視聴者には不要だから。それに「すずふり亭編」以降の新キャストも既に発表済みのため、愛子以外の「向島電機チーム」は再登場の可能性は薄い。

しかし、こんな脇役の将来にも最後まで光を当てて描くのが『ひよっこ』風。「普通の人」にもそれぞれ大切な将来があるってことを描いている、そう信じてる。そんな場面での愛子の「あら、ババ抜き?嫌い」が、益々愛子の存在を印象深くしていく。もうすぐ退場なのに…

でも、別れが決まってからの方が、その人の良さや優しさや気遣いが、つくづく心に深く沁みて来るってないだろうか?転勤や結婚で辞めて行く上司や同僚や部下なんかに…。恐らくこれも「普通」のことを描いているんだ。

「みね子、澄子行っちゃダメだ!」とテレビを揺さぶった

そんな普通の日常に、ついに「非日常」がやって来た。みね子と澄子(松本穂香)が面接を受けた石鹸工場の社長・原田(諏訪太朗)のこの↓一言だ。

原田「閉鎖してもらって助かったよ。アハハハハ」

タイミングよく、みね子が澄子の手を握り締めるカット。何となく原田社長に不安が募ったのはみね子だけじゃないはずだ。そして、更に追い打ちを掛けるこの↓一言も。

原田「バウムクーヘン!400円もしたんだから。アハハハハ」

本作を好意的に見ている全国の視聴者が一斉に、銭ゲバ社長を見て「みね子、澄子行っちゃダメだ!」とテレビを揺さぶったのでは?まあ、直後の愛子のフォローに私も心を落ち着かせたが。それにしても、数十秒の登場で爪痕を残した諏訪太朗さんのスゴサに感服だ。

「お世話になりました」にホッコリ…

久し振りに、みね子と時子の2ショットのシーン。みね子の就職先が時子と同じ向島電機に決まったあの夜の牛舎を思い出した。不安でいっぱいの気持ちを “がんばる” ってことで、互いに支え合い乗り越えようとする2人の関係は、あの時とおんなじだ。「お世話になりました」がホッコリした土手のシーンだった。

いつもの「お父さん…」と違うモノローグの意図は?

夜、身体が弱かった優子(八木優希)が田舎に帰ることをみんなに伝える。優子の言葉から、働きたい所で働きたい人たちと働ける幸せ、いや働けることの幸福感がじんじんと熱く伝わって来た。

みね子(M)「お父さん。笑っていようって決めたけど、
      やっぱり泣いてしまうこともありました」

ところで、この↑みね子のいつもの「お父さん…」で始まるモノローグだが、今回はいつもと少し違う。いつもなら「泣いてしまいました」と過去進行形なのに、今回は過去形。いやもっと時間が経ってる感じの過去完了形にも聞こえる。これ、どう言う意図なんだろう?

あとがき

温かい友情を描いた15分間でしたね。終盤での優子の言葉に肩を寄せ合って泣く乙女たちの姿に、座敷童のことや手拭いのことだけでなく、最初の夜のことから走馬灯のように思い出した人がたくさんいたでしょうね。決してドラマチックでないけれど、誰にでもありそうな、あった出来事を丁寧に描く。これで良いと思います。

また、日曜日に書いた「2か月間の総括」に102回、前回の感想に99回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。とても切ない物語になっていますが、どこかほんわかしているし、元気を貰えますね。私もこれから東京に仕事に行ってきます(千葉のお隣ですが)。仕事がある幸せを噛み締めて…

と言う訳で、当blogは、引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9966/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450355101.html でも受付けております。

スポンサーサイト

[ひよっこ (第50回・5/30) 感想]の続きを読む

貴族探偵 (第7話・2017/5/29) 感想

貴族探偵

フジテレビ系・月9『貴族探偵』公式
第7話『名探偵との直接対決!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人登場!』の感想。
なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(小説)は未読。



愛香(武井咲)は切子(井川遥)の死に貴族(相葉雅紀)が関わっているのか調べるため、切子が最後に手掛けた事件を調べる。1年前、切子は恩義のある社長・都倉(小木茂光)が密室状態の自宅書斎で自殺したと聞き、現場へ急行。後妻・光恵(広末涼子)、秘書・真佐子(森口瑤子)らに迎え入れられた切子は、密室自殺を偽装した殺人だと見抜く。そこへ貴族の一行が現れ、切子は真相にどちらが先にたどり着くか勝負をするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

広末涼子さん贔屓だが、ミーハーな感想は控えめに…

当blogの常連さんならご存知のはずだが、管理人は広末涼子さん贔屓だ。その上、テレビドラマ『トリック』のファンだから、広末涼子さんと仲間由紀恵さんが出演されると言う、この1週間の本作の番宣には正直言って胸を躍らせた。

中でも、大手電子部品メーカーの社長・都倉健一(小木茂光)の後妻・光恵役を演じた広末涼子さんは、2007年の『ガリレオ』以来10年ぶりに月9ドラマに出演と言うだけでなく、夏の月9では名作『ビーチボーイズ』があるから。とまあ、ミーハーな感想は出来るだけ控えて、感想を書いてみる…つもりだ。

視聴率狙いだろうが、マンネリ化の打破は大成功だ

さて、今回の第7話は、正直言うと、好みが完全に分かれる作風で、月9にしては低視聴率から絶対に脱出しようと言う試み、いや企てだったのだろう。いつも通りの愛香(武井咲)も鼻形(生瀬勝久)らの登場せず、本作お約束の愛香のへっぽこ推理も無い。

正直、これまでのお約束な展開と、ブレまくりの貴族(相葉雅紀)の設定に、少々うんざりしていたから、視聴率狙いだろうが結果的にマンネリ化の打破に一役買ったのは間違いないから、これはこれで良かったのではないだろうか?

3人の女優が演じた3人の登場人物がとても魅力的だった

良かったと言えば、大きく3つある。1つは切子(井川遥)と貴族の推理合戦の面白さ。今までの愛香の稚拙な推理では、どうしても貴族探偵の存在感が薄過ぎた。それが、切子によって見応えある推理対決になった。

もう1つは、後妻・光恵(広末涼子)の登場で、貴族が「美しい女性のために何でもして差し上げる」と言うキャラクターに磨きがかかったこと。最近、女性への態度で貴族らしさを見せるのが少なかったから、今回のように積極的に取り入れたのは正解だ。

そして、3つ目は仲間由紀恵さんの役どころの面白さ。これまでは、愛香の携帯端末に装備された検索ソフト「ギリ」の声を担当していただけだが、今回で1年前には「鈴木」と言う名の貴族の使用人の1人で、今回は貴族に切子の殺害を命令されると言う新鮮な役。俄然、面白くなって来た。

あとがき

脚本に難アリなのは、十分承知していましたが、4人の中堅実力派女優を加えただけで、まるで別のドラマを見ているかのような錯覚に陥りました。井川遥さんの貫禄十分な演技で、愛香と切子の差別化が完全に成功したし、広末涼子さんは殺し屋も薄幸の美女も自在に出来るキャラを上手く光恵に活かしてくれました。

そして、森口瑤子さんはベテランの味でこう言う役は本当に上手いし、ついに顔を見せてくれた仲間由紀恵さんの謎めいた雰囲気と役柄が見事に合致してました。貴族を演じた相葉雅紀さんも、これだけ貴族を盛り立てる配役に囲まれたら、一気に貴族らしく見えましたね。彼の演技力にも、まだまだポテンシャルがあるってことです。

これまでで一番面白くて見応えもあり、最終回まで見逃せない展開になりそうになって良かったです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「貴族探偵」オリジナルサウンドトラック
貴族探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
I'll be there(初回限定盤)(DVD付) フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌
I'll be there フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9965/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450353039.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR