べっぴんさん (第99回・1/31) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第18週『守るべきもの』『第99回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


すみれ(芳根京子)は、父・五十八(生瀬勝久)と共に、赤ちゃん用肌着の素材となるメリヤスを作る工場を訪ねる。工場の経営は、傾いており経営者も体調を崩している状態だった。すみれは肌着が作れなくなることを心配し、継続して作ってもらえないかと頼むが、工場はすでに他の経営者に売却されることが決まっていた。その経営者はすみれも五十八もよく知っている人物で…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

深刻なのかコミカルなのか、実に中途半端な印象のアバン

今回の感想は、ちょっと長めです…

一言、アバンタイトルの編集が雑過ぎる。内容的には前回の終盤の1分間のダイジェスト版なのだが、前回の終盤の構成はこんな順番になっていた。

  1.みんなで廃業の手紙を見る
  2.武のメリヤス工場の回想
  3.「明日、工場に行って来ます」と言うすみれ
  4.すみれが、バッグを持って出掛ける準備
  5.父・五十八の来訪
  6.すみれと五十八が出掛ける

本来は「4」は不要で。「3」の後に時間経過のための「工場の看板のアップ」をインサートして、その直後に、五十八とすみれは工場内にいるカットを繋げ、よりサクサク感を出す編集をして、「つづく」とするべきだった。この編集の方が明らかにテンポ良く物語が進んでる印象を与えられるはずだから。

なのに、まず前回のラストで引き延ばした上に、今回のアバンでは「1」と「5」が直結した。更に場違いな劇番が流れて、深刻なのかコミカルなのか実に中途半端な印象。映像が無いからこんなアバンしか出来なかったのだろうが。これは今回も期待薄、と言うことに違いない…

メリヤスの大切さを、「語り」で強引に補強するな

はな(N)「丁寧に編まれるメリヤスは
     キアリスの肌着を作るのに
     欠かせないものになっていました…」

テレビを前にしてため息が出てしまった。恐らく現時点で「キアリス」は創業11年か12年位だと想像するが、創業当時以来のメリヤスの話を、こんな「語り」で強引に補強するとは、ため息と苦笑しかない。もちろん、肌着の製造過程を事細かく映像化して見せろなんて言うつもりはない。

しかし、どう好意的に解釈しても無駄に多いとしか思えない、仏頂面の娘やドラム演奏やチンピラ風の息子らを描く時間があるのなら、「キアリス品質が出来るまで」や「人気肌着の工夫」や「キアリス製品に関わる人たちとの交流」が見たかった。いや、絶対に描くべきだった。

なぜ、年明けから栄輔と「エイス」を描かなかった?

そして、ため息の後は大きな落胆だ。なんとメリヤス工場の新経営者が栄輔(松下優也)と言うではないか。おいおい、この流れが始めから分かっていたなら、どうして年明けの第1週目で、ナイトクラブに栄輔を登場させなかったんだ。

年明け早々に、栄輔がナイトクラブで遊んでるさくら(井頭愛海)をすみれの娘と分かり家に帰したら、それで “さくらの乱” は決着が継いだではないか。更に、こう言う展開になるなら、年明けの第2週目を使って、栄輔と「エイス」がどのような経緯で起業し、どんな会社なのかもたっぷりと描かたはず。もったいない。

栄輔の "ダークなイメージ払拭" のためにも…

一見、さくらと栄輔は同じ脇役に見えるが、実は役割が全然違う。さくらはヒロインの娘と言う特別待遇だけ。しかし、栄輔はヒロインの過去、仕事、そして何より「キアリス」の経営に関わる重要人物。もちろん、さくらの反抗期が今後「キアリス」の経営にがっつりと関係するなら話は別だが…

だた気になったのは、メリヤス工場のシーンのラストで栄輔がすみれに偉そうなこと言って出ていくが、私の目には夫が出征して悲しんでる前から目を付けていた人妻に付け入ろうと娘のさくらを手懐けた男と言うイメージが栄輔。

だから、栄輔のダークイメージ払拭のために、栄輔と「エイス」を描くべきだったのだ。時既に遅し…

驚愕!すみれが夜なべの作業中に栄輔を思い出しちゃった

そして、今回の15分間で一番残念で仕方なかったのが、夜に自宅ですみれが1人で新たに入手した他社製品のメリヤスで縫い物をしている、あと1回で大台を迎える第99回のラストシーンだ。

なんと、すみれはメリヤスで子供服を作りながら、栄輔に「あなたは人の心が分からん人や」と言われてことを思い出してしまう。これは、本作で一番やってはいけなかった構成であり脚本であり演出では?ここで思い出すべきは、娘のさくらのことでなければならなかったのでは?もう、苦笑や残念を超えて絶望感さえ…

ここは、さくらを思い出さないと。不倫疑惑が蘇るから…

だって、「キアリス」存続の最大のピンチを乗り越えるために、新しいメリヤスで子供服を縫っているのだから、ここで思い浮かべるのは、本来は創業当時に夜なべしてベビー服を作りながら娘のさくらをあやしてる場面とか、無いならここでこそ「ヨーソロー」でしんみりしているさくらの映像でしょ。

ここで、栄輔を思い出したら、栄輔に出征中の夫の浴衣を風呂上がりに着せた あの “不倫疑惑” を私は思い出してしまった。どうして、こう言う脚本と編集をするのだろう。「それはあなたが強引にくっつけてるだけ」と言われるかもしれないが、毎日見ている人にそう思えるように作り込んでいるのが本作だってことだ。

あとがき

「騒動至上主義」によって、物語が進んでいるように感じはさせていますが、登場人物の内面は相変わらず丁寧には描かれていません。それにしても、栄輔の使い方が下手ですね。折角、一度退場した登場人物を再登場させるのなら、何か策があると思いきや、そうでもなさそうです。さっさとさくらの話は終わらせたら良いのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9439/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446502244.html でも受付けております。

スポンサーサイト

[べっぴんさん (第99回・1/31) 感想]の続きを読む

突然ですが、明日結婚します (第2話・2017/1/30) 感想

突然ですが、明日結婚します

フジテレビ系・月9『突然ですが、明日結婚します』公式
第2話『大波乱のプロポーズ』の感想。
なお、宮園いづみ氏の漫画「突然ですが、明日結婚します」」は未読。



あすか(西内まりや)は‘結婚する気がない’名波(山村隆太)のことが気に掛かる。そして、一緒にカフェにいた証券会社の神谷(山崎育三郎)のことを聞かれると、あたふたしてしまう。そんな中、あすか、莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)が再び小野(森田甘路)の部屋に招かれた。あすかは名波から「結婚は理解できないが一緒にいたい」と言われ、戸惑う。一方、名波は女優の夕子(高岡早紀)とトーク番組をやることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ベタな恋バナとしての連ドラとしては、正常進化した

前回の感想では、以下の3点を来週も観たくなる『月9』になるための提案とした。

 ● 全体的に、堅苦しい印象。もっと軽快で気楽にしたら?
 ● 丁寧な演出は悪くないが、何となく古い印象が…
 ● メインが若くて目新しいから、脚本も演出も合わせたら?

では、第2話はどうだったか?結論から言うと、合格点には遠く及ばないもの、かなり頑張った印象だ。

特に良かったのは、物語をあすか(西内まりや)と名波(山村隆太)に絞り込んだこと。また、あすかと名波の感情表現を演技に依存せず台詞と言うカタチにして分かり易くしたこと。また、かなり編集で音楽を効果的に活用してコミカルな雰囲気を盛り上げたり、若者らしく SNS を使ったやり取りをふんだんに挿入したり。

脚本が2人体制に。演出家も交替して新鮮味が出た

クレジットを見たら、脚本が、前回のやや硬派な作品が多かった山室有紀子氏に加えて、『隣のレジの梅木さん』『ラヴソング』の倉光泰子氏の2人体制になった。きっと、セリフ回しが今風で軽快になったのはこれが原因だろう。

演出は、本作初担当で『私が恋愛できない理由』『SUMMER NUDE』の石井祐介氏。演出面で現代風の若者群像劇的になったのは、このせいだろう。従って全体的にはベタな恋バナとしての連ドラとしては、正常進化したと言える。

あすかと名波に輝きを。そして、設定を映像で描こう

ただ、問題は山積とまでは言わなくても、目に見えて見える。それは、主人公の2人が主人公らしい輝きに乏し過ぎるってこと。そして、あすかと名波がモテモテであるように映像的に映っていないこと。この2点は、恋バナに関係なく、テレいドラマとして致命的と言わざるを得ない。

たとえば、あすか。「恋愛結婚を経て専業主婦に押し付きたい」と連呼するが、言ってるだけでは視聴者から「専業主婦をバカにするな」と反感を買うだけ。やはりここは、料理学校に通うとか、スゴイきれい好きとか、家事全般を母親に任せていない…等の目に見える描写は絶対に必要。

名波については、「イケメンで優秀だが絶対に結婚したくない男」は何とかクリアしたとして、ドラマ的には一見冷静で冷たそうだけど、仕事や恋にやる気を出すと情熱的みたいなギャップを魅せないとダメ。さっぱりした顔で小声の人気アナだけでは明らかに魅力不足だから。

苦手な出演者を "観ている内に好きになる" な作品を

やはり、魅力は映像で伝えるべき。散々難航した配役だから、俳優の魅力に頼りたいし、演技力や存在感を考えればそこしか頼りようがない苦しさも理解するが、このままでは出演者のファンだけが楽しめるドラマまっしぐらは間違いない。

世間の評判を聞いても、主役の2人への違和感や嫌悪感があるのは確か。しかし、そこを登場人物の魅力でカバーしなくては、本当の意味でのドラマの面白さは出ない。実際に嫌いだった俳優を “観るている内に好きになる” ことは多い。そこが一番苦手で手抜きをしてきたのが最近の『月9』。だから、やるしかない。

あとがき

これを言ってはおしまいですが、最大の問題は脚本と演出でどうしようもない部分をどう攻略するかでしょうね。それは、主演の2人の演技力。これは、演出家に頑張って演技指導してもらうしかないでしょうね。そこが少しでも解消されれば、かなりオーソドックスではありますが、恋バナと見られる作品になると思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】Motion(DVD付)(カードカレンダー付)
【早期購入特典あり】Motion(カードカレンダー付)
<突然ですが、明日結婚します 1 (フラワーコミックスアルファ)
突然ですが、明日結婚します コミック 1-5巻セット (フラワーコミックスアルファ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9438/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446499744.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR