NHK「超入門!落語 THE MOVIE」 完璧なアテブリ芝居が生み出す不思議な臨場感

NHK「超入門!落語 THE MOVIE」 完璧なアテブリ芝居が生み出す不思議な臨場感

落語初心者向けの超真面目で遊び心満載の企画ドラマ

2016年3月に第1弾、7月に第2弾、そして10月19日からレギュラー放送となった『超入門!落語 THE MOVIE』(公式)なる番組をご存知だろうか。今回は、この番組を紹介してみる。

番組の主旨は、とかく「長い」「単調」「難しい」と言われがちな落語に、完璧な「アテブリ芝居」を被せたドラマ仕立ていしたら、落語初心者でも「面白くわかりやすい新たなエンタメ」になるのでは?と言う、超真面目で遊び心満載の企画ドラマと言ったら良いだろうか。

これまでも、落語の演目を題材にした映画などはあった

これまでも、落語の演目を題材にしたり、登場人物の設定を借りてきた映画やドラマはあった。古くは映画『幕末太陽傳』(川島雄三監督・フランキー堺主演/1957年)が主人公が落語『居残り佐平次』からの引用で、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などの噺が入ってた。

映画『やじきた道中 てれすこ』(平山秀幸監督・十八代目中村勘三郎主演/2007年)は、落語『東海道中膝栗毛』でお馴染みの弥次さん喜多さんの珍道中を映画化。 中村勘三郎さん、柄本明さん、小泉今日子さんのコメディ映画で、何れも落語口演の方が面白いが、映像作品としてはなかなか楽しめた。

     

徹底的に"声と唇の動きを合わせる"演技が最大の見所

しかし、本作は違う。要は、噺家の落語(語り)に合わせて、時代劇の中の再現役者の口が動くのだ。つまり、俳優はクチパクで、声を出さない(聞こえない)。ただこの説明では、「単なるアテブリ芝居」に思えるかもしれない。

しかし、本作のスゴイのは “声と唇の動きを合わせる” 所謂「リップシンク」に徹底的に拘ってる点。一見は江戸時代の「噺」を時代劇ドラマにしたようなのだが、声は1人の噺家で、演じるのは複数名だから、落語の登場人物たちが実際に話しているような不思議な臨場感が出るのだ。

"キャスティングと演出"に運命が懸かる企画

第2回(10/26)に放送されたのは「粗忽長屋」と「目黒のさんま」。

特に良かったのが「粗忽長屋」。無精でそそっかしい八五郎(神保悟志)は、身元不明の行き倒れの死体(脇知弘)を見て、似た者同士で兄弟同様に仲が良い親友の熊五郎(内山信二)だと早合点。熊五郎の家に押しかけてって「お前が死んでいる」と…こんな話で、神保悟志さんが、マメで粗忽(そそっかしい)八五郎を熱演していた。

実はこの企画、完全に俳優と演出で面白さが決まってしまうのだ。なぜなら、耳は落語口演で目は時代劇だから、まずかなり役と俳優のイメージがピッタリ合っていないと違和感を覚える。また、基本的に癖があり早口の落語口演の独特のテンポとスピードに、俳優の演技が完全にシンクロしないとつまらない。

何となく合っているレベルでは面白くないのだ。それに、演出も大事。特に噺家の演技(動作)がオチになっているような話だと、落語家の見せ場がない訳だから、元の落語を知っていると肩透かしを食らってしまう。とにかく、キャスティングと演出が運命のこの番組。実力派の俳優さんが出演してくれるかどうかに懸かってる。

【番組情報】
番組名:超入門!落語 THE MOVIE 放送局:NHK総合
放送日時:水曜 午後10時50分
再放送:金曜 午前1時25分(木曜深夜)

あとがき

初めて観た時は、かなりの衝撃でした。「俳優さんの演技力ってスゴイんだなあ」って。落語をあまり知らない人には、落語入門編として悪くないと思います。もちろん、本作をきっかけに本物の落語に興味を持ってほしいです。落語入門編のCDを下記に4つ紹介しました。名作を耳で味わってみて下さい。

次回(11/2)の見所は、柳家三三さんの落語「転失気」で小坊主を演じる鈴木福くん、林家たい平さんの落語「粗忽の釘」で女房役を演じる田中美里さん。何せ、林家たい平さんの男性の声と田中美里さんの女性がどうマッチするか。今から楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション
やじきた道中 てれすこ [DVD]
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション [DVD]
しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
落語十八番集
決定盤 落語十八番集 その二
落語名人寄席 其之壱 ( CD10枚組 ) BCD-004
古典落語入門 ベスト


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9082/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

スポンサーサイト

べっぴんさん (第25回・10/31) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第5週『お父さまの背中』『第25回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


すみれ(芳根京子)は、仲間の明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と協力して、靴職人の麻田(市村正親)の店の一角を借り、子供服の店「ベビーショップあさや」をオープンする。お客さん第1号として現れたのはすみれの父・五十八(生瀬勝久)だった。お嬢様育ちで頼りないすみれたちに、五十八が商売の基本を教えることに。そこへ姉のゆり(蓮佛美沙子)が青ざめた表情でやってきて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回の感想は、前半は高評価、後半は懐疑的に書いてみる

放送開始から2か月目の初日だけに、今後の展開を予想・判断するにはかなり評価が難しい内容だった15分間だった。そこで、卑怯な方法かも知れないが、感想の前半は高評価に、後半は懐疑的に書いてみる。

戦後なのに、ヒロインの時間と空間だけおとぎ話のよう…

まずは、高評価に捉えた部分…

主人公たちの “再出発”
物語の本格的な “始まり”

を感じさせるワクワクする脚本と、それを楽しく見せる演出で、エキストラまでも生き生きとした演技で登場人物たちを魅せる俳優たち。正に、ドタバタせず和やかに進んでいく本作。

戦後なのにヒロインの周りの時間や空間だけが、美しい映像と共に別世界のおとぎ話のように描かれるのは、朝ドラとしては新鮮。その意味では、前々作や前作との差別化も上手く行ってる。

短所を真正面から描く"ヒロインの描き方"が新鮮

また、ヒロインの描き方も新鮮だ。やたらヒロインの活躍や成功を見せつけるかのような、強引な “ヒロインアゲ ” は完全に排除して、むしろヒロインの短所を真正面から隠すこと無く描く。このことが、ファンタジーの中のリアル、虚構の中の真実として、ドラマ全体が放つ “神秘性 ” に大きく繋がっている。

また、ヒロインの自分たちの商品への “価値の見出だし ” や、価格に対する考え方が、父が心配する位にのんびりムードで呑気に描かれているが、これも本作のヒロインらしい描写。

商売を始めるなら当然、最初からコスト管理して値段を付けておくのは当然なのだか、それが思い付かないほどに“思い”が先行して、店を始めることになったことに合わせて、ヒロインのお嬢様育ち故の天然さが、今回の“値付け”のエピソードで描かれた。

商売は、意外と"まずは1人でやってみる"から始まる…

そう言えば、私が十数年前に独立した時、自分の創り出す商品の買い手から見た金銭的価値もわからなかったし、価格表を作る時もこちらから値段を提示するなんて申し訳ないなんて思ったことを思い出した。

実は商売を始めようとする人すべてが、金儲け第一でなく、「まずは一人でやってみる」ところからスタートするのでは?そんな部分も意外に現実的に描かれているとは言えないか。

父から商売を一から教わる過程も、大きな見所になるはず

また、四人それぞれの価値観や役割の違いも、少しずつ見ることができ、今後少しずつ顧客のニーズや自社製品の価値の向上など、ものづくりへの “思い” に、独自な “価値” を見出すための、お客様からの “信用” を得ることの大切さを、似たもの同士の父が娘に教えていく過程も、大いに見所になっていくだろう。

ゆりたちの"良からぬこと"の挿入の仕方が気になった

ここから、懐疑的な部分…

ただね、気になることがあるのは確か。まず一つ目は、先週の土曜日の最後に取って付けたように描かれた姉ゆり(蓮佛美沙子)たちの “良からぬこと” のくだりの続きのインサートの仕方が気になった。

当然、7分過ぎに割り込むのもどうかと思うが、土曜日の最後は一人取り残されるゆりのアップで終わったのに、今回は輩たちに取っ捕まるところから始まるから土曜日の続きに思えない。

せめて、土曜日が逃げる姿で終わっていれば、今回のインサート部分がその後の “今” になるのに。これは、校正や編集の雑と言うより明らかな失敗。折角の良い雰囲気が続いている中に割り込ませる意味が、まずわからないが…

今後のためにも、"値段"の付け忘れは一度で良かった…

そして、やはり気になるのは、“値段” のこと。確かに、上で書いたように “値段” を考えていないと言うのは、ヒロインの様々な特徴を表現するアイテムになっている。ただ、連続ドラマとして考えると首を傾げたくなる。以前にすみれ(芳根京子)が父の靴を解体した時にも出たような気がするが…

そもそも、値段のことを最初に言ったのはの麻田(市村正親)。すみれに写真入れを売ったら良いと言われた時に劇中で値段の話は出てたはず。それに、麻田自身も商売しているのだから、値段のことは真っ先に言っても不思議で無い。だって、売るもなにも買いたくても買えないのだから。

せめて、外人に売った時に値段がついていないくだりが無いか、店が「麻田屋」の店先でなければ、天然だとかおっちょこちょいだとかお嬢様だとか、好意的に解釈できなくもないが、やはり何度も「値段のことを考えていない」のが描かれると、すみれの学習能力を疑ってしまう。

まあ、幼少期のエピソードで何度言っても言うことを聞かないと言った描写もあったが、その時は やると決めたら貫く芯の強い性格と思ったが…

やはり、“値段” のことは、何度も繰り返したのは得策じゃないような。確かに、四人が互いに欠けている部分を補っていくとは想像出来るが、流石に四人で始める時は気付いて欲しかった。基本的な事柄は出来る上での個性で無いと、都度都度おかしなことになる。これは、連ドラとして厳しいのでは…

あとがき

応援もしたいし、期待もしているんですが、脚本や演出が私にとってはブレたり雑に見えてしまう部分があって、どうしても感想なり評価なりを一つの方向に絞り込めずに一か月が過ぎた、そんな感じでしょうか。

なぜ、値段をつけないと言うエピソードを繰り返したんでしょう?主人公が成長していく過程を描くのに、成長していないってことと同じですから。確かに、五十八が商売を教えるまで取っておきたい気持ちもわからなくもないでますが、それならそれで、順番なり場所を工夫したら良かったのに。がんばれ、脚本家さんと演出家さん。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9080/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443275709.html でも受付けております。

[べっぴんさん (第25回・10/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR