●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 (第8話・2016/8/30) 感想

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

フジテレビ・関西テレビ系・『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』公式
第8話『CHAOS』ラテ欄『美しき殺人鬼が脱走…悪夢の扉開く』の感想。
なお、原作:内藤了による小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズは未読。


比奈子(波瑠)は中島(林遣都)に会い、自らの決意を語る。一方、連続猟奇殺人事件の犯人・都夜(佐々木希)が勾留中の施設を脱走。比奈子が再び標的になることを心配した厚田(渡部篤郎)は、東海林(横山裕)を警護につける。そんな中、各所で惨殺された動物と人体の一部が見つかる異常犯罪が発生したという連絡が。臨場した比奈子は妙子(原田美枝子)から、一連の事件の最初の犯行が、長野の自分の元実家近辺で起きていたことを知らされる。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

劇中で、やっと比奈子の単独行動にダメ出しが出た

今回の大収穫は、劇中で比奈子(波瑠)の単独行動にダメ出しが出たってこと。これによって、やっと普通の刑事ドラマになったって感じ。でも、正直それだけかな?

やはり、7話の間、ずっと女刑事が個人的な興味本位だけで異常犯罪や異常な死体を追いかけるだけの描写が続いたから、最終回直前にまともな線路の上を走り出しても、これまでの印象が強過ぎて、むしろ違和感にまでなってしまった。やはり、過ちの積み重ねは根強いってことだ。

最初から、刑事ドラマのバディの描き方がおかしかった

また、別の意味での過ちと言えば、いろんな意味でいろんな事を盛り込み過ぎで、物語が散漫になったこと。煽り過ぎってのも、引っ張り過ぎってのもある。

結局、第8話のような展開に収束させるなら、やはり最初から海外ドラマ『X-ファイル』のように、異常犯罪に感心が高い刑事と怖いのが嫌いな刑事の対照的なバディでの捜査ドラマにするべきだった。比奈子と倉島(要潤)のような。

それを、犯罪者は全部許せないと言うある意味刑事としては普通の東海林(横山裕)を、それも中途半端なバディもどきに仕立てたからダメなのだ。やはり、刑事ドラマのバディは共通点と相違点を明瞭にして描いてこそ面白い。それが無かったのが残念だ。

あとがき

毎回書いてきましたが、新人刑事の単独行動を許可している段階で、刑事ドラマとして私は見ることができませんでした。むしろ、比奈子が「異常犯罪専門探偵」で、異常犯罪を嗅ぎ付けては現場に現れて勝手に事件を解決しちゃった方が、納得率は高かったと思います。最終回、強引に伏線を回収して終わりかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
LEAK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
フジテレビ系ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」主題歌 Swan(初回限定盤)(DVD付)/ [Alexandros]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8840/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441496519.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

とと姉ちゃん (第128回・8/30) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第22週『常子、星野に夢を語る』『第128回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。
 本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


星野(坂口健太郎)は、妻が生前再婚を望んでいた事を義父から聞かされ、心が揺れる。数か月に及ぶアイロンの商品試験を終えた常子(高畑充希)は、康恵(佐藤仁美)たちの協力に成果を感じ、読者からテスターを募集することを思いつく。そんな折、常子に青葉(白鳥玉季)から助けを求める電話が来て、急いで自宅に向かう。同じ頃、『あなたの暮し』の記事に憤ぬする電機メーカー社長・赤羽根(古田新太)の手が迫ろうとしていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あまりに唐突、あまりにも不自然な、星野の義父の登場

いやあ、ここまであからさまに且つ堂々とやられると、こちらが怯むし受け入れるしかない。何のことかって?もちろん、星野(坂口健太郎)の義父・弓岡(志賀廣太郎)の登場の仕方。あまりに唐突、あまりにも不自然。

例え、義父が先週から続く “引き際の悪い女” こと常子(高畑充希)の恋バナの盛り上げ役だけの存在だとしても、もう少し上手い理由を付けて、星野の元を訪れないと、それこそ連ドラも連続性もへったくれもない、ただの思い付きエピソードの箇条書き。

そして、更に「5分刻みの構成」も踏襲。まあ今回は4分50秒でエピソードがブツ切れで、雑誌の話に。描くのならまとめて描けば、印象だけでも良いものが残るのに…

完全に、エピソードの順序が間違ってる

そして後半。いつものように商品試験の様子はサクッと削除で「終わりました」の報告カットだけ。その分を、もはやYahoo!テレビの今日のあらすじには名前すら登場しない花山(唐沢寿明)の悩んでるカットを延々と挿入。そして、言いたかないが今更、花山が「商品試験」の記事を書いてる映像までご丁寧に挿入。

完全にプロット、脚本、編集もおかしいよ。こう言う記事を書いたからと言う “原因” と、記事のおかげでこうなったと言う “結果” を描くエピソードは、先週の「トースター試験」でやるべきこと。「トースター事件」のその後を描かずに、今回の「アイロン試験」で入れるの完全に間違ってる。

今更「主婦の目」に気付いた花山も常子も思考停止か?

そして、あらすじに名のない花山が、これまた今更に「主婦の皆さんのご尽力のお陰です」と言わせ、今思い付いたはずなのに「主婦の方にだからこそ見えるものがある。その目を大切にしたいんです」と以前から常子の頭の中で温めていたような言い回しも変。

と言うか、やはり構成がおかしいの。だって、雑誌『あなたの暮し』の存在意義は「主婦のため」だし、これまでも「直線断ち」や「果物箱」などで散々 “主婦の目” を活用したエピソードを放送しておいて、今更に思い付くような構成に仕立てるのは、花山も常子も思考停止状態ですよと見せてるのと同じこと。

"物語の流れを無視&サプライズ優先" は、末期的症状

そして、終盤は「雑誌が飛ぶように売れて、反響がスゴイ」のテンプレート映像のコーナー。尚且つ、 “わざとらしい会話劇しか生み出さない” 雑談する社員たちのコーナー。ホント登場人物以上にスタッフも思考停止かと疑う程。

結局、今回の不自然極まりない “花山が「商品試験」の記事を書いてる映像” は、赤羽根(古田新太)のためのお膳立てに過ぎない。物語の流れを無視して、サプライズを優先するのは、ダメな脚本の末期的症状ではないだろうか。

こんなことをやるから、常子が主婦を利用して主婦から金を搾取して、分け前を社員に分けてるように見えてしまう。事実、社員も「あしたの暮し出版の社員=高給」って言ってるし。ホント、「このドラマはフィクションです」と書けば許される次元じゃないぞ。

あとがき

毎朝、元気を届けてくれるドラマ、それが私にとっての『とと姉ちゃん』です。だって、昨日、2時間の打合せのために千葉と京都を往復して残業して、疲労困憊の今朝でも「感想を書かねば」と思わせてくれるんですから。そして、明日からは『あまちゃん』のパクりを見せて頂けるかな?あー、ありがたやありがたや。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
大橋鎭子と花森安治 美しき日本人 (PHP文庫)
大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり (中経の文庫)
花森安治のデザイン
花森安治伝: 日本の暮しをかえた男 (新潮文庫)
花森安治 増補新版: 美しい「暮し」の創始者 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8838/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441470541.html でも受付けております。

[とと姉ちゃん (第128回・8/30) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR