時をかける少女 (第4話・2016/7/30) 感想

時をかける少女

日本テレビ系・土曜ドラマ『時をかける少女』 [5話完結]公式
第4話『衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋』の感想。
なお、原作:筒井康隆による小説『時をかける少女』は既読。劇場映画『時をかける少女(1983)』など既存映像作品はほぼ全作鑑賞済み。


夏休み。未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)は遊びに出掛ける。一方、未羽に思いを伝える機会を失った吾朗(竹内涼真)は、複雑な心境のまま塾の夏期講習に参加していた。その日の夕方、吾朗は進路のことで父・努(田口浩正)と口論になり、家を飛び出す。帰宅した未羽は、吾朗の母・唯(猫背椿)から家出の件を知らされ、翔平と捜し回るが見つからない。そこで、吾朗が家を出た時間に、2人で‘タイムリープ’することにする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

原作に一歩近づいた "連ドラ" になった…

私の解釈では、あの名作を原作にしたドラマとしては、第3話のラスト1分でやっと物語の本筋が動き出したって感じだった。従って、今回の第4話は、これまでの「ひと夏の3人の高校生の三角関係の思い出話」に “タイムリープ” を効果的に取り入れて、原作に一歩近づいた連ドラになったとは思う。

ただ、2016年にリメイクするなら、もう少し “今風” でも良かったし、全5話の構成ももう少し “工夫” できたと思う。ただ、本作で描くべき「青春」はそれなりに描かれてはいるし、演技力云々を考えると、上手くいってる方かもしれない。

最終回の1時間で、あれこれに "ケジメ" をつけらるか?

そして、最終回を前にして最も気になるのは、1時間で原作が持っている様々なことに “ケジメ” をつけられるのかな?ってこと。膨らんだ風船が突然にしぼんでいくような最終回にならないことを期待したい。

あとがき

フィルムカメラを絞りもシャッター速度も変えずに毎回撮影するカットがあるとか、演技をしてるのかリハーサルでのオフショットをそのままOKテイクにしているような中途半端な演出とか、細かいことも気になりますが、もう最終回を残すだけなので、これ以上は突っ込まないことにします。

とにかく最終回は、膨らんだ風船が突然にしぼんでいくような最終回にならないことを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「時をかける少女」 オリジナル・サウンドトラック
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」初回限定盤
【早期購入特典あり】恋を知らない君へ【初回スペシャルBOX】(2CD+2DVD)(「恋を知らない君へ」ポストカード付)
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
時をかける少女 4K Scanning Blu-ray
時をかける少女 [Blu-ray]
時をかける少女 【完全生産限定版】 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8729/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440586446.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

スポンサーサイト

とと姉ちゃん (第102回・7/30) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第17週『常子、花山と断絶する』『第102回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


広告を載せた新刊が出来上がる。同じ頃、花山(唐沢寿明)は闇市で売られているパンを見て、小麦を使った料理を次の特集にすることを思いつく。嬉しそうに編集室に戻る花山だが、最新号を見て表情が変わる。資金が足りず、こうするしかなかったと説明する常子(高畑充希)。もう君と雑誌は作れないと、花山は部屋から出て行く。突如、花山抜きで始めることになった企画会議。その空気は重苦しく、ただ時間だけが過ぎていった…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

自業自得…

本来なら、雑誌に広告を掲載することが如何に社長としての重要な経営判断で、編集長が広告を掲載しないことでこの “雑誌の使命” を描けたのに、そのチャンスをまた失った。なぜなら、視聴者に対して雑誌の内容もきちんと説明しないし、今回の常子(高畑充希)たちの言動が完全に “自業自得” に見えてしまったから。

そう映ってしまったあとに、どんなに常子たちが悩んだ映像を見せても何の説得力もないのだが。なのに、緑(悠木千帆)が茶を出した時に、常子が机に肘をついたまま礼を言うようなカットを入れるから、益々常子に共感できなくなる。

うーん。その後も「信頼」していた年下の経営者陣に裏切られた失意の花山(唐沢寿明)のことなど心配することなく、雑誌の存続、会社の経営だけを考える小橋一家が描かれるだけ。そして、予告編を見たら、花山が復帰するのもわかってしまうお粗末な編集。せめて、もう少し期待させてほしい…

あとがき

ここまで、常子たちの悪い印象が刷り込まれちゃうと、ちょっとしたエピソードや演出や演技を相当に注意しないと、好感度が下がるだけに思います。でも、視聴率は上がってるからNHKは、これで良いのかな?どうにも解せません…


『とと姉ちゃん』のキャラクター設定に疑問をお持ちの方におススメの本があります。なぜ、登場人物に魅力がないのか? なぜ、登場人物に共感できないのか? その答えの一つが見つかります。
『[読書] 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方- (小池 一夫/著・講談社) 感想』
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7447.html

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
大橋鎭子と花森安治 美しき日本人 (PHP文庫)
大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり (中経の文庫)
花森安治のデザイン
花森安治伝: 日本の暮しをかえた男 (新潮文庫)
花森安治 増補新版: 美しい「暮し」の創始者 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8728/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440571692.html でも受付けております。

[とと姉ちゃん (第102回・7/30) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR