[読書] 自分でできるお祈り生活のススメ (酒井 げんき/著・二見書房) 感想

自分でできるお祈り生活のススメ (二見レインボー文庫)
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


古神道や風水思想を取り入れた、開運のお祈りや儀式

著者は、出雲大社より正式に認証された、和貴講社(やわらぎこうしゃ)の講長で、出雲大社の若手神職らに暦学や心理学を教えており、神道研究家でもあり、風水師、心理カウンセラー。内容は、古神道を中心に風水思想を取り入れた、開運のお祈りや儀式的なことを、イラストを交えて女性誌のコラムっぽく仕上げた本。

不可思議な現象として捉えている事に、好感が持てる

本書にも「おいしいところ取り」とあるように、古神道を中心に様々な心にまつわる成功への秘訣的なことを、とりあえず古神道の背景を添えて理論的に「プチお祈り」「プチ儀式」として紹介している。従って、非科学的や妄想的な感じはなく、あくまで不可思議な現象として捉えている事に、好感が持てる。

「やってみて損は無い」程度で日常生活に取り入れる

掲載されている「お祈り生活」の方法は、いずれも身近なものを使って思い立ったらいつでも出来るようなものばかり。もちろん、ものを使わず祈りや考え方を少し変えるだけの提案もある。本書は、あくまで些細なおまじないレベルのわざだから、神道との本格的な裏付けは期待せず、「やってみて損は無い」程度で日常生活に取り入れるスタンスが良いと思う。

私が、「なるほど」と思ったお祈り生活

私が、「なるほど」と思ったお祈り生活を幾つかご紹介。

マイ神棚をつくる、お財布を清める、朝ごはんにむすびを食べる、、鏡を使って願掛けをする、悪縁を切るプチ儀式、パワーストーンを塩漬けする、洋服と下着の色を工夫する、ライバルの幸せを祈る、パワースポットで過ごすときには「手のひらの向き」と「イメージソング」を意識するなどなど…

あとがき

最近はラクビーの五郎丸歩選手の「ルーティン」が話題になっていますが、あれも一種の「プチ儀式」だと思います。巻末にこうあります。「理屈ではなくて、とにかく試してみよう!」と。ちょっと迷信に思えるようなことでも、やってみて損は無いと思います。

私も早速、緊張が大きかった日は、軽く晩酌してから寝ようと思います。
※chapter4「悪いものから身を守る」の項の「28・お酒で直会をする」より。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
しあわせな出会いをつかむ おはらい生活のススメ
心がやすらぐ 神棚スタイル
神様があなたのそばにやってくる すごい「お清め」
神さまがやどる お掃除の本

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7710/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書]企画は、ひと言。 (石田章洋/著・日本能率協会マネジメントセンター) 感想
[読書]「読ませる」ための文章センスが身につく本 (奥野宣之/著・実業之日本社) 感想
[読書]伝え方が9割 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書]TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (高橋弘樹 /著・ちくま新書) 感想
【書評】表現の技術―グッとくる映像にはルールがある:高崎卓馬(著) (電通)
【書評】ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 ― もし、あなたがこの天才の頭脳をもっていたら? (プレジデントムック) 勝見 明(著)

スポンサーサイト

あさが来た (第29回・10/30) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』『第29回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。


新しい商いに石炭を掘る炭坑経営を考え始めたあさ(波瑠)。あさは新次郎(玉木宏)の知人に会うため、三味線の師匠の美和(野々すみ花)の家に出かけて行く。美和に少し嫉妬しているあさは、ふと新次郎の着物を見て、縫い目が自分が繕ったものではないことに気付く。新次郎は、袖を縫った女性に会いに行こうとあさを連れ出す。あさと新次郎が向かった先には…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『お姉ちゃんに笑顔を』は良い感じで終わりそう

多くの視聴者とは違うのは重々承知で書くのだが、今週のサブタイトル『お姉ちゃんに笑顔を』に不安しか抱かなかったのだが、次回が残ってはいるものの、今回のあさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)の再会で一段落と言ったところだろうか。

記事にも書いた通り、先週から演出家が交代し、今週の月曜と火曜日は不安しか無かったが、水曜日から主人公あさの商売への情熱もメインに描きつつ、はつと惣兵衛(柄本佑)夫婦もバランスよく描き、新次郎(玉木宏)があさとはつの名アシスト役を演じて、エピソードてんこ盛りながら、楽しい朝ドラになったと思う。

あさとはつの再会のシーンは感動的だった

今日一番良かったのは、あさとはつの再会のシーン。厳しい表情から笑顔に変わるはつを演じた宮崎あおいさんの名演技にもちょっと感動した。もちろん、玉木さんや柄本さんの存在も言葉少なくても良い雰囲気を醸し出していた。

6分間ほどの姉妹の再会のシーンではあったが、こんな感じで、「姉妹の物語」と「2組の夫婦の物語」をヒロインの成長・成功物語に添えるのも悪くないと思った。あとは全体の中でのバランスの問題だと思う。あくまでもメインの話を食わなければ、大いに期待したい。

あとがき

演出家が3人体制なので、今後どうなるか解かりませんが、今週前半と水曜日からのはつの描き方が全然違いました。もしかすると、演出部で何かの基準を設けたのかもしれません。もしそうだとしたら、今後私の不安はかなり解消される予感がします。本作、良い方向に進んでいると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 あさが来た 上
広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7707/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/428746130.html でも、TB受付けております。

[あさが来た (第29回・10/30) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR