まれ (第28回・4/30) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第5週『情熱ミルフィーユ』『第28回』の感想。


経営コンサルタント・安西(六角精児)に輪島塗のことをしゃべってしまった圭太(山崎賢人)は、弥太郎(中村敦夫)から破門を言い渡される。希(土屋太鳳)は、自分が安西を紹介したのが原因だと破門の取り消しを求めるが、弥太郎の決意は固い。それならと圭太の父で、市役所の上司・博之(板尾創路)に相談をするが、こちらも取りつく島もない。破門を言い渡され希望を失った圭太は、一子(清水富美加)にある提案をする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

うーん、言葉が出ない…

今日も、ほぼ輪島塗と輪島塗職人の話。おまけにGW中だからか、一層輪島塗の宣伝色が濃くなってる。連日描きたいのは勝手だが、間違いないのはヒロイン・希(土屋太鳳)とは全く関係のない話ってこと。それを今日で4日目。うーん、言葉が出ない…

希が「回数が多い=良いもの」ではダメでしょ?

さて、本日の唯一のヒロインらしい出番が移住希望者へのミルフィーユの味見。昨日の記事で「ミルフィーユ」は何の比喩なのか?を考えてみたが、まさかどちらも不発に終わるとは思わなかった。だって、6回と7回を比較してどうする?って話。単純にもっと回数の違いで見せなきゃ意味が無いと思うが。

それ以前に、希が「回数が多い=美味しい=良いもの」的な価値観を持っているのにちょっと驚いた。これまでの輪島塗の作業工程のこともそうだし、何時ぞやのロールケーキコンクールでもそうだし、桜餅の隠し味の一件もそうだが、「丁寧な仕事=美味しい=良いもの」にならないとおかしくないか。

そう言う希の価値観にしてこそ、お約束の「地道にコツコツ」が活きてくると思うが、希の「地道にコツコツ」は回数を重ねるってことだと、ヒロインとしての魅力がガクッと下がってしまった。まあ、公務員とお菓子職人が対峙関係に描かれている時点でどうしようもないのだが…

あとがき

希の人生を描かないで、本作は何を伝えたいのでしょうか。第1週は津村家の引越しを、第2週は恋バナを、第3週は卒業を、第4週は桜餅ネタで桶作家を、そして今週は輪島塗ネタで紺谷家を描いてますが、肝心の津村家、津村希はいつになったらメインで描かれるんでしょう? 明日は5月ですけど…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まれ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まれ 上 [Kindle版]
NHK連続テレビ小説 まれ 上
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6977/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/418170977.html でも、TB受付けております。

スポンサーサイト

[まれ (第28回・4/30) 感想]の続きを読む

心がポキッとね (第4話・4/29) 感想

心がポキッとね

フジテレビ系『心がポキッとね』公式
第4話『一人にしないで…。おかしな関係崩壊!』の感想。


春太(阿部サダヲ)との過去を隠していた上、その後も心(藤木直人)に対して気遣いがないと、みやこ(水原希子)が静(山口智子)を責める。心は自分を心配してくれたみやこを、親愛の情からハグ。春太はみやこの胸中を知るだけに、この展開に慌てる。一方、静も奇妙な四角関係に戸惑っていた。人生前進しかないと決めたはずが、つい立ち止まったり振り返ったり。しかも、以前は理解できなかった春太のことが今は理解できるようになり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回が良くなったから、期待したのに…

前回の感想の「あとがき」で、“やっと、ほのかに『最後から二番目の恋』の香りを感じました” と書いたのだが、残念ながら今回はその延長線上にはあらずだった。前回は、何となく4人の “心の機微” みたいなものを描いていたのに…

なぜ「全体的に騒々しいだけのドラマ」になったのか?

誰が見ても解かるように、主人公を春太(阿部サダヲ)、(藤木直人)、みやこ(水原希子)、静(山口智子)の4人と捉えると、圧倒的に賑やかなのは女性2人。その圧倒的なのを弱まるためなのか、直接みやこと静のキャラを抑えずに、周囲の女性脇役を賑やかに設定し直して、賑やかな女性たちを作ってる感じ。

結果、ドラマの全登場人物の構成が、静かめな男性陣と賑やかな女性陣になってしまって、今回は「とにかく全体的に騒々しいドラマ」に仕上がった。脚本家の意図を好意的に考えると、一度こうしておいて、徐々に4人の掛け合い漫才的な魅せ方に軌道修正しようとしているのかもしれない。

今後は、メインの4人を一塊として魅せるのか?

要は、第3話までは4人の個々のキャラのぶつかり合いで魅せようとしてきたのを、メインの4人を一塊として捉えて魅せようとする、『最後から二番目の恋』風の魅せ方に近づけようとしているってことかも。

ただ、如何せん小ネタも含めて全体がワイワイと大騒ぎしているだけの印象が強いし、キャラクターも相当好みが分かれる設定なのは変わっていないから、ダメな人はダメって典型的な作品になってるのが残念だ。

賑やかと騒々しいのは紙一重なんだから

でも、今回もラストのシーンは悪くなかった。春太が心を殴ることで、大騒動に一区切りがついた印象だ。とにかく賑やかと騒々しいのは紙一重。賑やかなのは構わないが、“病んでるオトナ” を描くなら、観ているオトナのために、もう少し落ち着いた脚本と演出を望みたい。

あとがき

ちょっと女性陣のキャラが賑やか過ぎますかね。それと、毎度の心の仕事のくだりも笑えるようなパターン化になるには難しいような。個人的にはもう少し抑えたキャラの脚本と、センスある演出で、落ち着いたドラマに仕立てて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「心がポキッとね」オリジナルサウンドトラック 瀬川英史
星野源「SUN」(初回限定版) ドラマ「心がポキッとね」主題歌
【劇中使用】心がポキッとね Lio Bonitoマグカップ
【劇中使用】心がポキッとね LEAVE ME ALONEステンレスマグカップ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6975/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/418167895.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR