●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

匿名探偵[2] (第8話・8/29) 感想

テレビ朝日系『匿名探偵[2]』公式
第8話『探偵と腕のたつ女』ラテ欄『史上最大のライバル登場!!美しき女探偵が誘う甘く危険なハニートラップ!?』の感想。


浮気調査中の探偵(高橋克典)は、調査対象の安岡が頼子という女性と浮気をしている現場を確認。そのまま2人を尾行するが、黒ずくめの女・サキに行く手を阻まれ腹を蹴られる。一方、地下駐車場に連れ込まれた安岡の前で、手袋の男・中西(波岡一喜)が頼子を殺害。安岡はナイフを渡され受け取ってしまう。やがて、人が集まり始め、安岡は訳も分からずサキに連行される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“チーム匿名探偵”大活躍の巻!

今回は『2』史上で最高に“チーム匿名探偵”が大活躍した。実はこれまで少しだけ気になっていたのが主役の高橋克典が中心に物語が進むと、どうしても『特命係長・只野仁』に似てしまうことだった。

しかし、今回のように“チーム”で調査することで、探偵(高橋克典)の全体への押し出しは弱まるものの、総括的に探偵が中心になって事件が解決していると言うことが明瞭になり、その結果、きちんと『匿名探偵』として成立すると言うのが、証明できたような気がする。

残念ながら、『2』は次週で最終回だが、この“チーム匿名探偵”と言うスタイルが、アクション部分にもしっかり反映されたら、もし『3』があるとしても、また新たな『匿名探偵』が観られそうな期待感が生まれた。最終回前に言うのもおかしいが、最終回前の第8話でそれを観られたのは良かったと思う。

ゲスト、お色気、小ネタ、ギャグも冴えまくり!

まさか謎の女サキ役に壇蜜さんがゲストで再参戦するとは思わなかったが、謎の男・中西(波岡一喜)さんとのアブノーマルプレイも、今回多めのお色気シーンに更に色を添えた。また、香織(原幹恵)のアクション含めた仕事っぷりも楽しかった。

シリーズの構成が巧い!

今回は、『2』になってからの「大人の探偵」を少し抑え気味にしたおかげで、「ちょっと若々しい探偵」になり、お色気や小ネタや逆も多めになって、その辺の演出や編集のキレも冴えも良かったのも印象的。

でもこれまで「大人な探偵」をしっかり描いてきたからこそ、この“くずした”スタイルに魅力が出る。やはり、シリーズの構成が巧いと言うことだ。

あとがき

次週が最終回って早いですね。もっと観てみたいです。それにしても今回は見事な仕上がりでした。最終回、大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Can't Stop (TypeA)(初回生産限定盤)
Can't Stop (CD+DVD)
匿名探偵 Blu-ray BOX(5枚組)
匿名探偵(2014) [Amazonインスタント・ビデオ]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5995/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/404579575.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 「匿名探偵」の演出担当・秋山純氏からコメントを頂戴しました。 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~ (第7話・8/29) 感想

テレビ東京系『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』公式
第7話『監察医が挑む時間差死亡の謎!疑惑の芸者凶器は三味線の糸!?』の感想。


橋の欄干近くで倒れた女性が見つかる。近くの店にいた秋田(寺脇康文)らは騒ぎを聞き付けて現場へ。死亡を確認した秋田は解剖を主張する。翌日、身元確認に現れたのは菊野(東ちづる)ら芸者たちで、女性は芸者の深雪(上野なつひ)と判明。首についた筋から絞殺が疑われるが、山倉(渡辺いっけい)は、深雪がふらふらと歩いて倒れたという目撃情報を挙げ、殺人を否定する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あの監察医ドラマに物申す!って感じでスッキリ!

薫子「昨夜彼女に何があったんでしょう。
       どこで首を絞められたのか。
       首を絞められた後、どこに行くつもりだったのか…」
秋田「まあ、あとは警察に任せましょう」
ついに今日はビシッと書いてくれましたね、脚本の尾崎将也氏が。この他にも幾つも名台詞とも言うべき薫子と秋田のやり取りがあった。

そう感じるのは、当blogでは先週から名指ししている今期放送されている監察医ドラマ『ゼロの真実~監察医・松本真央~』(以下“ゼロ”と略)があまりに監察医が捜査に口を挟み越権行為をする主人公を“変人”と称しているからに他ない。

見事な脚本!

まるで、『ゼロ…』のぐだぐださに作家が宣戦布告でもするかのような、今回の監察医と警察の仕事の区分けの明確さ、監察医の変人っぷりは監察医の行動で魅せると言う、本来であればプロなら当然知るべきことが、本作ではしっかり描かれている。その意味でお見事な脚本と言える。

変わり者監察医が活躍する監察医ドラマの1つの完成形!

その上、変わり者でベテランの秋田と、新人でどこか抜けてる薫子とのバディーで、事件を解決していく流れも自然だし、先に書いた通り警察の役割もしっかり描かれ、監察医仲間の協力も楽しいし、おまけに事件そのものもちょっと人情モノの考えさせるエンディング。なかなか秀逸な監察医ドラマに仕上がったと思う。

あとがき

観ていて、「こうこなくっちゃ」の連続でした。主人公は相当の変わり者ぶりを発揮しながら、あくまで監察医で警察紛いのことはしないのが、とにかく素晴らしい。先に書いた通り、変わり者の監察医が活躍する監察医ドラマの1つの完成形ではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~オリジナルサウンドトラック
刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 捜査現場編 (じっぴコンパクト新書)
刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 (じっぴコンパクト新書)
死体監察医 法医学事件ファイル (竹書房新書)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5994/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/404576134.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR