弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~ (第8話・5/31) 感想

日本テレビ系『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』公式
第8話『不祥事!!』の感想。
なお、原作小説(高橋秀実/著『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー』)は未読。


甲子園大会県予選の初戦は武宮、勝てば堂学と当たることが決まった。青志(二宮和也)はグラウンドは‘実験’の場だと説き、残り1カ月を各々がテーマを持って臨むよう指示する。そんな折、大学の研究室の准教授から、来春ラボを再開するとの連絡が入る。しかし、青志から大学に戻ると知らされた部員たちは納得がいかない。一方、赤岩(福士蒼汰)と白尾(中島裕翔)は柚子(有村架純)が他校の生徒に告白されたと知る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

35分までは、毎度変わらぬ学園ドラマ風…

突然に「ようやく監督のハードなスケジュールに身体馴染ませたのに」と言ったかと思えば、その練習の成果を見せる折角の練習試合のシーンは途中でカット。でも反省会は大盛り上がりった流れのまま、必要かどうか意味不明なスイカで兄弟ゲンカ。ここまで35分も費やした。流石に今日はもうダメかと思った時…

45分から一気に巻き返し!本作らしさを初めて観た!

急に頭の良さを練習に活かした野球のくだりが始まった。40分過ぎからは、これまでの野球部員の青春友情物語で終わっていた今作が、見違えたとまで言えないが、CM明けからかなり進学校の野球部らしい練習とその理論が描かれたと思う。もっと前からこの位に“らしさ”を描いていたら良かったのに、時は既に第8話…

強引でも良いから“野球部の話”で盛り上がれ!

今日くらいに毎回“野球部の話”を描けば、今回の青志(二宮和也)の「今年の夏がお前たちとの最後の夏だ」の台詞も胸に熱く響いただろうし、第8話の予告編ももっと興味関心を持って観られたと思う。まだ“普通の学園ドラマ”が見え隠れするが、強引でも良いから残りの話数は“野球部の話”で盛り上がって欲しい。

あとがき

やっと描くべきことを描いてきた、そんな1時間でした。それと、やっぱり青志先生役は二宮和也さんで良かったと思います。東大でずっと生物を研究してきた青志が、野球部員たちを“面白い変な生き物”として興味を持ち、受験勉強のように野球で勝たせてやろうと言う、これまた不思議な教師像を上手く演じているからです。と言うことで、次回こそ期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)
弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5629/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398382153.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
スポンサーサイト

花子とアン (第54回・5/31) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第9週『はな、お見合いする』【第54回】の感想。


はな(吉高由里子)と望月(川岡大次郎)の見合い話が壊れたと知って激怒する徳丸(カンニング竹山)の元へ、吉平(伊原剛志)が乗り込む。ののしり合っていたふたりだが、どういう訳か「徳丸の商品を吉平が行商で売りさばき、借金を返して行く」という成り行きとなる。やがて、吉太郎(賀来賢人)入営の日がやってくる。吉平は見送ることなく先に出かけ、吉太郎はふじ(室井滋)や周造(石橋蓮司)たちに見送られて出発するが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これが週のまとめなの?

地主の前でへらへらするおとう、唐突に吉太郎(賀来賢人)入営の日、ちょっと性格が悪くなった?蓮子(仲間由紀恵)、そして、これまで数分間しか描かれていないはな(吉高由里子)の教師のシーンの締めくくりなのか、卒業式に“想像の翼”と英語と花束を添えて。作者はこれで週のまとめと思うのか?

予告編、観なけりゃ良かった…

来週もいろいろやるようだし、何を描こうが勝手だが、第9週が終わっても、一向にヒロインのはなが何にを目指し何になろうとしているのかが描かれない。殆どの視聴者が知っているのに描かない。これではいつになったら『赤毛のアン』につながるのか先が見えない。予告編は観ない方が良かったかも。

あとがき

確かにヒロインのはなは登場しました。蓮子も登場しました。時間経過もありました。しかし、はなについては何も話が進んでいません。どうして、はなの物語を先に進めないのか理解に苦しみます…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5628/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398341061.html でも、TB受付けております。

[花子とアン (第54回・5/31) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR