“東京プリンとたいせつな仲間たち”が歌う『明日笑っていられるように』に感動!

東京プリン・牧野さん“遺作”が本日発売!

既にご存じの方も多いと思いますが、“東京プリンとたいせつな仲間たち”が歌う『明日笑っていられるように』が本日4/30発売です。ミュージックビデオはちょっと暗めなトーンですが、楽曲そのものはすごく明るくて前向きで、東京プリンらしい社会風刺もちょっと匂わせた歌詞で感動的なので、この場でご紹介します。

東京プリンとは?

ご存じで無い方のために簡単な解説を。東京プリンとは1997年にプリンの被り物にサングラスにスーツと言う破天荒な外見と時代や社会風刺を取り入れた楽曲が魅力の伊藤洋介氏と牧野隆志氏の男性2人組の歌手。

肺がんステージ4からの闘病生活と音楽活動…

そして、牧野氏が2010年7月に肺腺癌ステージ4を公表。2013年秋頃から2人の楽曲制作が始まりますが、牧野氏は歌うことが出来ず、伊藤氏が声をかけた牧野氏の音楽仲間13組により2014年1月からレコーディング開始。その楽曲が、東京プリン最後の楽曲として発売されることとなったのです。

明日笑っていられるように今を一生懸命生きる!

しかし、残念ながら牧野氏はこの完成曲を聴くことなく、2014年2月7日死去。49歳没。「明日笑っていられるように…」と様々なシチュエーションが歌われますが、一つ一つが「今を悔いの無いように生きることが、明日笑っていられることなんだ」と誰にも心に響いてきます。なお、収益の一部は日本対がん協会に寄付されます。

あとがき

牧野さんって私とほぼ同年代なんですよね。奥さまと12歳になるご子息を遺してと思うと言葉が出ません。また、楽曲の所々に伊藤洋介さんの声が挿入されていて、それがまた切なくて…

昨日、高校時代の同級生たちと飲み会をやったのですが、その時の別れ際の言葉は、「今度は6月の○日にやろう。みんな、それまでは生きてろよ」でした。私もその日まで一日一にを一生懸命に生きようと思います。
牧野さんのご冥福をお祈りいたします。
そして、この楽曲を世に送り出してくれた人たちに感謝します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
明日笑っていられるように-東京プリンとたいせつな仲間たち[Single, Maxi]
明日笑っていられるように-東京プリンとたいせつな仲間たち ダウンロード
明日笑っていられるように-東京プリンとたいせつな仲間たち ダウンロード
ザ・ベスト・オブ 東京プリン・2


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5501/

スポンサーサイト

花子とアン (第27回・4/30) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第5週『波乱の大文学会』【第27回】の感想。


なぜ主役を引き受けのたかと問うはな(吉高由里子)に蓮子(仲間由紀恵)は「家の者に復しゅうするため」と答え、「私の復しゅうにつきあってくださらない?」と呼びかける。はなは取り合わず、とにかく一生けん命稽古して成功させよう、と説得するが蓮子はへそを曲げてしまう。蓮子がまったく稽古に来なくなり、ますます途方にくれるはなたち。一方甲府では、軍隊入りを強く望む吉太郎(賀来賢人)が、あるところへ向かっていた…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

はなって、真っ直ぐで単純だったの?

蓮子「そりゃあ、捻くれてますよ。
        私はあなたたちより8つも年増なんですから」
はな「年増?」
蓮子「あなたみたいに真っ直ぐ単純になんか
        なれっこないでしょ」
蓮子(仲間由紀恵)が8つ年上だから捻くれるってのも良く解らなければ、「年増」に引っ掛かるはな(吉高由里子)も意味不明。

しかし、ここで驚いたのは、はなが真っ直ぐで単純な性格だったことがわかったこと。過去にそんなエピソードあったっけ???私が知るのは、本好きと学校で一番英語が得意ってことだけなんだが…

いつまで「村岡花子一代記」を引っ張るの?

はな「徹夜で書き上げた脚本です。
        私なりに脚色を加えました。
        これを読んでやるかどうか決めて下さい」
だ、か、ら。翻訳と脚色は全く異なる作業であり才能だろうに。なんでそれを一つの台詞に突っ込んじゃうの?どれだけ翻訳が大変で、脚色にどんな工夫を施したのか、その辺をもっと上手に描きつつ進めれば、それなりに「村岡花子一代記」の序章として楽しめるようになるのに、なぜ引っ張るの???

主人公はなを魅せて欲しい!

おとうの活動のくだりや甲府の兵隊のくだりも要らない。とにかく、次第に強まる蓮子の主人公化を何とか抑えて、はなにヒロインの座を取り戻してやって欲しい。一生懸命に美輪さんの語りではなを補完・補強しても、頭には内容より美輪さんの声の印象しか残らないのだから…

あとがき

誰のお話なのか完全に解らない状態です。どんなに作者が「葉山蓮子」に思い入れがあるのか知りませんが、主人公が「村岡花子」なのは間違いないはず。ならば、今の流れがおかしい位の事は意図的にやってる自身のための自己満足か視聴者への嫌がらせとしか思えない。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5500/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395899988.html でも、TB受付けております。

[花子とアン (第27回・4/30) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR