ブラック・プレジデント (第4話・4/29) 感想

フジテレビ系『ブラック・プレジデント』公式
第4話『わがまま社長が物申す!無理は負け犬の言葉だ!』の感想。


学園祭が近づき、三田村(沢村一樹)は映画サークルの面々に模擬店をやろうと提案する。だが賛同は得られず、杏子(黒木メイサ)たちの代から、採算の合わない模擬店はやるなという言い伝えがあると知る。学生生活の定番といえるイベントを体験したい三田村は、健太(高田翔)を手始めに部員たちを個別に説得。その気にさせることに成功し、焼きそば店を出すことに。一方、三田村の会社には特注で作った商品が返品されていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“ツカミ”がお見事!

アバンタイトル後から「今日は映画サークルで行きます」と言うつくり手の宣言が見えたような解り易い導入も良いし、三田村(沢村一樹)がお菓子を頬張りって口から飛ばしながら熱弁するのをカットせず活かした演出も編集も良い。

これらでこれから三田村がこれからブラックを大学に持ち込んで大騒ぎになる期待感を上手く訴求していた。見事な“ツカミ”と言える。

会社と大学のバランスも、
模擬店危機までの経緯も上手い!

見る見るうちに映画サークルが、三田村の色に染まっていく様子も楽しく描けているし、会社での騒動もちゃんと学園祭に繋がっており、大学と会社のバランスも違和感なし。

更に、杏子(黒木メイサ)が両者の中互いになっているから、社員でも生徒で無い“講師”と言う立場が活かされている。模擬店危うし!までの流れもスムーズで文句なし。

めでたしめでたしで済ませないオチも秀逸!

模擬店の危機を難なく乗り越え、エプロンも飛ぶように売れ、充実感を味わう打ち上げの飲み会の席で、調子に乗った学生たちに突然に“ブラック・プレジデント”が火を噴くのもオチも、経営者として“ゆとり”へのメッセージになっていて秀逸だった。

あとがき

第4話にして、全体が上手く回り出してきたと思います。多少“ブラック企業”色は薄まってはいますが、タイトルは『ブラック・プレジデント』ですから、三田村の毒気がとても上手く活かされているので、それはそれで良いと思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
陽だまりの道 [Single, Maxi] コブクロ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5499/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395896101.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

ビター・ブラッド (第3話・4/29) 感想

フジテレビ系『ビター・ブラッド』公式
第3話『魔王の登場』の感想。
なお、原作小説(雫井脩介/著)は未読。


脱走癖のある署長(山田明郷)の飼い犬を預かることになった夏輝(佐藤健)と明村(渡部篤郎)。だが、明村が犬嫌いのため、夏輝が世話をすることになる。一方、瞳(忽那汐里)は父・修一を殺した犯人の手掛かりを求め、情報屋の貝塚(及川光博)とひそかに接触していた。瞳から事情を聞いた夏輝は心配しながらも犬用ゲージを買いに行き、そこで親子の万引犯を捕まえる。そんな中、瞳は資料を見るため、貝塚の自宅へ向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これって、ホントに“親子の刑事ドラマ”なの?

刑事が捜査している描写も少なく、親子刑事である親子関係の描写も少なく、ただただ出演者のファンだけが楽しめるような、本編にはどうでもよいようなサービスカットの連続。とにかく、刑事ドラマなのに事件の部分が極端に少ないのは、刑事ドラマを観たい私にとっては大問題である。

前回より出演者のファンだけが楽しむドラマ化が急加速!

及川光博さんと彼が演じる貝塚が目論んでいる“何か”はとても気になりますが、その他の出演者には特に興味がある訳で無いから、出演者のファンだけが楽しむドラマ化がこのまま進むなら離脱しようと思う。

前半のほぼ25分間の夏輝(佐藤健)のくだらない日常描写が、脚本に書かれており編集で残っているのは、私には理解しにくい。

あとがき

離脱します。新しい親子刑事のドラマを期待しただけに残念です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)
(仮) 2014年4月クール フジテレビ系火9ドラマ「ビター・ブラッド」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5498/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395890073.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR