ごちそうさん (第28回・10/31) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』公式
第5週『フォンとうの気持ち』【第28回】の感想。


駆け落ちを企てため以子(杏)は、悠太郎(東出昌大)の説得で、家に連れ戻される。イク(財前直見)は思案し、夏休みを迎えため以子に家事を基本から仕込む。ひと月、悠太郎に会わずに励むうち、め以子は家族それぞれに心遣いをして料理することを覚える。桜子(前田亜季)に誘われて海に行き、久しぶりに笑顔を見せるめ以子。一方、悠太郎は亜貴子(加藤あい)に、め以子のために大阪ではなく東京で就職する決意を打ちあける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「門前の小僧習わぬ経を読む」ではないのか?

木曜日になって、突然に味噌汁を作るのにも驚いたが、味噌汁づくりを教えるイク(財前直見)の台詞にビックリ。

イク「意見が通らなきゃ、むくれて飛び出す。
        相手の立場で物を考えることもできない。
        鰹節一つ掻けない。
        ああ、あたしが姑でも、
        なんでこんな娘をって思うねえ」
実の母親が言うなって感じ。そう言う娘に育てたのは誰なんだ。それにしても「門前の小僧習わぬ経を読む」と言う諺があるが、卯野家には通じないようだ。

やっとめ以子が料理をし始めた!

ただ、突然だがやっとめ以子(杏)が料理をし始めたのは良かった。特に昨日懸念材料だったレシピノートは登場しなかったが、誰が料理を教えたのか、料理を毎日やっている(海辺での台詞でだけだが)くだりは描かれた。

このように、め以子がちゃんと料理に興味を持ち毎日作ってると言うことをきちんと見せて積み重ねてこそ、ヒロインに共感できるのだと思う。なぜこのスタッフはそれを拒むのかわからない…

あとがき

もはや何となく観てるって感じです。二、三日どころか土曜日だけ観れば良いような。やはり、毎日描かれるエピソードの断片化が問題だと感じます。朝の連続テレビ小説なのに、連続性が無いのが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ごちそうさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ごちそうさん 完全ノベライズ (上)
連続テレビ小説 ごちそうさん オリジナル・サウンドトラック「ゴチソウノォト」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4927/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/379010921.html でも、TB受付けております。

スポンサーサイト

[ごちそうさん (第28回・10/31) 感想]の続きを読む

リーガルハイ 第2シリーズ (第4話・10/30) 感想

フジテレビ『リーガルハイ 第2シリーズ』公式
第4話『お隣り付き合いは蜜の味!?嫉妬渦巻く隣人裁判!!』の感想。


古美門(堺雅人)は、隣家の主婦・なつ(佐藤仁美)に賠償と引っ越しを求める主婦の冬海(猫背椿)の代理人に。以前からもめていた両家だが、騒音問題がこじれて冬海がなつに刺されるという事件が発生。しかし、羽生(岡田将生)がなつの代理人を務めた刑事裁判では、正当防衛が認められ、なつは無罪になっていた。民事裁判を起こすと息巻く冬海の依頼を引き受けた古美門だが、裁判長が天敵の別府(広末涼子)だと判明して…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第1シリーズとは違うドラマと割り切るべきか?

メインの出演者は同じだ。しかし、古美門(堺雅人)と対立する新キャラの羽生(岡田将生)の立ち位置や扱う事件のスケールの違いで、第2シリーズは第1シリーズとは違うドラマになったと割り切るべきだろうか。割り切れば、大きな不満の無いオモシロ裁判ドラマなのだから…

割り切れるはずがない!

いや、割り切れるはずがない。善を盾にしたような羽生をこてんぱんに打ちのめしてこそ古美門だし、その強引な戦法の中に見え隠れする古美門の正義が面白かったのに、第2シリーズには主人公の背中に一本通った筋みたいなものを感じにくい。

もっと古美門らしさを魅せて欲しい!

裁判所による和解と言うオチが悪いとは思わない。ただ、本作は「法律」と「笑い」と言う全く異なる要素を絶妙なバランスで組み合わせたコメディーのはず。

となれば、羽生の裏工作みたいなもので最後にモヤモヤさせずに、きちんと法廷でのやり取りで決着をつけるべきだし、そもそも古美門のブロードウェイ弁護こそ本作の醍醐味なのに、それを却下する裁判官の設定もどうかと思う…

あとがき

もっと古美門のブロードウェイ弁護を観たい。それだけです。羽生は二段オチ要員なのかわかりませんが、これがある限り古美門へのスタンディングオベーションは送り辛い気がします。面白いのですが今一つつまらない。そんな感じ。第5話に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方 (マガジンハウスムック)
オリ☆スタ 2013年 10/14号 [雑誌]
オトナファミ 2013年 11月号 [雑誌]
「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4926/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/379008017.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR