拍手コメントへ返信 (2012-06-29,30分)

ご来訪の上、コメントと拍手をありがとうございます!

これ程好き勝手に書いておりますと、厳しいコメントも頂きますが、たくさんのご賛同の拍手やコメントも頂戴し、何よりの励みになります。いつもありがとうございます。

"拍手コメント"に返信します!

すべての"拍手コメント"は、読ませて頂いておりますが、返信機能が無いため、出来るだけこの場で返信させて頂きます。

※基本的に翌日以降にお返事を差し上げます(謝)


☆名無しさん (2012-06-29 21:09:05)
リーガル・ハイ(第11話 最終回・6/26) 感想
拍手&コメントありがとうございます。

 “みっきーさんが面白い・楽しいと感じる3つの要素を興味深く読ませていただきました。
 1は視聴者サイドの問題なので省きますが、最近は2も3も当てはまらないモノが多くて寂しい限りです。原作や俳優の人気と知名度に依存した安易な企画が増えていますし、脚本家の筆力も落ちています。間違いなくテレビ離れの要因のひとつでしょう。
 そんな中、『リーガル・ハイ』は毎週リアルタイムできちんと見たいと思えたドラマでした。奇を衒うこともなく視聴者に媚びることもなく無駄な放送時間拡大もなく、最後まで"らしさ"がブレませんでした。
 もっと数字が取れてもいいと思うのですが、そこそこの数字だったから逆に良かったのかも知れません。守りに入って無難な展開に陥られても嫌ですしね。企画に脚本に演出に配役、全てが噛み合った素晴らしいドラマでした!”
とのコメントを頂きました。

テレビドラマは、スポンサーのCMを多くの視聴者に見せるかがが第一目的であり、そのために視聴者に支持されるような作品を作る訳ですよね。ですからあの手この手を使って視聴者の心を掴む努力をするのがプロであって、それを感じるドラマに共感しますし、そういうスタッフやキャストが作るドラマこそ面白いのだと思います。。


☆名無しさん (2012-06-29 21:22:04)
パパドル! (第10話 最終回・6/28) 感想
拍手&コメントありがとうございます。

 “配役にも不満はありますが(遥役の優香さんは個人的にイマイチでした)、脚本と演出がどうしようもなく、いろいろもったいないドラマでした。最初から大島さんが全話の脚本を書いてくれていたら、もっとマシなドラマになっていたと思います。土台の脚本が悪いと他でカバーするのも難しかったのでしょうね。
 初回以外は1ケタの視聴率だったようですから。でも決して錦戸さんの所為ではありません。次こそは役に恵まれることを願います。”
とのコメントを頂きました。

私も大島里美氏の脚本の回(第3,6,8話)が良かったと思いますが、視聴率で言うと、最高が第1話の11.6%(金子ありさ氏脚本)、最低が第8話の6.7%(大島氏)と言う結論なんですよね。でも、注目は第2話で3.5%も一気に下がっている点です。かなりの人が2話を待たずにリタイアしたってことは、やはり第1話が失敗したんでしょうね。


☆九州人さん (2012-06-30 03:53:33)
ATARU (第11話 最終回・6/24) 感想
拍手&コメントありがとうございます。

 “みっきーさん、こんばんは。 小ネタに関しては、シナリオを全く読んでないので断言できないのですが、演出が原因なのではないかと思います。木村ひさし氏が演出を担当した回は、特に過剰気味で、他の方(吉田・韓の両氏)の時は逆に抑え気味だった様に感じます。
 ミステリー物と銘打っている以上、小ネタは殆どノイズにしかならず、鬱陶しいことこの上なかったですね。 登場人物に関しては、僕は「あぁ櫻井さんだなぁ」と思いながら見ていました。
 「相棒」でもそうですが、個人的に櫻井脚本の特徴の一つに、「登場人物が満遍なく動く」ところがあると思っていますので。でもそれが人によっては無駄に映っているように見えたのかもしれませんが(苦笑)。 最終回に関していえば、チョコザイが突如饒舌になった事に違和感を覚えました。”
とのコメントを頂きました。

小ネタの扱い方については、木村ひさし氏がメインのディレクターですから、他の二人はそれに準ずると言うスタンスだったように思います。明らかにテンションが違ってましたから。櫻井武晴氏の脚本は、確かにその作品らしさよりも全部の登場人物を平均的に動かすことを重視するような傾向がありますね。チョコザイについては出番を増やすと言う営業目的のために、饒舌にせざるを得なかったのかもしれません。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。


     

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術 [単行本]
シナリオの基礎技術 [単行本] 新井 一 (著)
1週間でマスター 斉藤ひろしのシナリオ教室 [単行本] 斉藤 ひろし (著)
ミステリーの書き方 [単行本] 日本推理作家協会 (著)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3705/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

スポンサーサイト

2012年7月期の夏ドラマの期待度

2012年の夏ドラマを予想してみる…

これまでは、『2012年4月期の春ドラマはどうだろう?』のように録画予定を書いていたが、今期から「私の期待度」を書いてみようと思う。
何せ4月期の春ドラマで期待通りだったのは『鍵のかかった部屋』くらいで、続いて良い意味で期待を裏切って面白いのが『リーガル・ハイ』と『ATARU』、期待ハズレが『パパドル!』『三毛猫ホームズの推理』などなど。なかなか蓋を開けてみないとわからない…

私の夏ドラマの期待度一覧!

今期のチェック予定作品は、14作品(前期は15作品)。リメイクや続編が目立って、新鮮味が薄いような。しかし、今期は、7/25~8/12までロンドン五輪があるため、企画に対して若干消極的になるのも解らない訳でもない…
  ※記号の意味…◎(期待度大)、○(やや期待)、△(期待薄)

放送日
CH
番組名 出演者、原作、その他情報 期待度
月20
TBS
浪花少年探偵団 【出演】多部未華子、小池徹平…
【原作】浪花少年探偵団 /東野圭吾
月21
フジ
リッチマン、プアウーマン 【出演】小栗旬、石原さとみ、相武紗季…
【脚本】安達奈緒子氏オリジナル
火22
フジ
GTO 【出演】AKIRA(EXILE)、瀧本美織…
【原作漫画】「GTO」/藤沢とおる
火25
TBS
ドラゴン青年団 【出演】安田章大(関ジャニ∞)、蓮佛美沙子
【演出】映画『ソラニン』『僕等がいた』の三木孝浩氏他
水21
テレ朝
新・警視庁捜査一課9係 【出演】渡瀬恒彦、井ノ原快彦(V6)…
※今回第7シリーズ
水22
日テレ
トッカン 特別国税徴収官 【出演】井上真央、北村有起哉、鈴木砂羽…
【原作】「トッカン 特別国税徴収官」 /高殿円
木21
テレ朝
遺留捜査 【出演】上川隆也、斉藤由貴、八嶋智人…
【脚本】オリジナル「遺留捜査」
木22
フジ
東野圭吾ミステリーズ 【出演】中井貴一(ナビゲーター役)、唐沢寿明、松下奈緒、観月ありさ、反町隆史、長澤まさみ…
【原作】短篇集「犯人のいない殺人の夜」「怪しいひとびと」「あの頃の誰か」/東野圭吾
※11話を11名の主演がオムニバス形式で。
金22
TBS
黒の女教師 【出演】榮倉奈々、木村文乃、市川実日子…
※山下友弘氏ら4名によるリレー脚本
金23
テレ朝
ボーイズ・オン・ザ・ラン 【出演】丸山隆平(関ジャニ∞)、上田竜也(KAT-TUN)…
【原作漫画】「ボーイズ・オン・ザ・ラン」/花沢健吾
土21
日テレ
ゴーストママ捜査線
~僕とママの不思議な100日
【出演】仲間由紀恵、君野夢真、志田未来…
【原作漫画】「ゴーストママ捜査線」 /佐藤智一
土23
フジ
主に泣いてます 【出演】菜々緒、中丸雄一(KAT-TUN)…
【原作漫画「主に泣いてます」 /東村アキコ
日21
TBS
サマーレスキュー
~天空の診療所~
【出演】向井理、尾野真千子、小池栄子…
【脚本】秦建日子氏オリジナル
日21
フジ
ビューティフルレイン 【出演】豊川悦司、芦田愛菜、三浦翔平…
【脚本】羽原大介氏オリジナル

期待度◎(二重丸)の三本!

今季一番の期待はフジの木曜22時『東野圭吾ミステリーズ』。東野圭吾氏の原作はともかく、11夜で11人の主演でと言う一話完結の企画意図に期待したい。
そして定番の月9『リッチマン、プアウーマン』。最近女性としても女優としても光ってる石原さとみさんと、いい感じの大人の俳優になりつつある小栗旬さんで、ベタなシンデレラ・ストーリーを観たい。ただ脚本が最大の不安要素だ。
それとテレ朝の金曜23時『ボーイズ・オン・ザ・ラン』。原作には全く興味ないが、最近脇役ながら存在感のある芝居をする関ジャニ∞の丸山隆平さん主演ってのに期待したい。

他は似たり寄ったりと言うか…

上記3作品以外はリメイクや続編で大凡の出来は見えるし、新作は新作でジャニーズ系以外のドラマは、特に情報も無いため観るまでのお楽しみ?日曜9時はどちらも脚本家に期待薄だし、TBSは熱血モノとフジは父娘モノの定番対決で興味薄…
因みに、武井咲さん主演のフジ火曜21時『息もできない夏』と、剛力彩芽さんがゴールデン連ドラ初ヒロインのTBS木曜21時『ビギナーズ!』と、NHKのドラマは基本的には観ないのであしからず。


期待しても何も変わりませんが、一応年中行事化してきたので書いてみました。このままだと土日に楽しめそうなドラマがありません。夏は婚礼の仕事が少ないので、観る気と書く気は十分なのに…(苦笑)

最近は、出演者の人気におんぶに抱っこな企画が多いし、自分が好きな出演者が観られれば良いと言う視聴者も多い上に、脚本や演出など作り手側の能力低下も加速してますから、第2話を観ても先が見えない作品が多いような気がします。

また、春ドラマは低視聴率で打切りになったドラマが、2作品もありました。と言う事は確実に「何となく観る」って人も減っているように思います。さて、夏ドラマから大ヒットが生まれるか楽しみですね。皆さんの期待度ナンバーワンはどれですか?


【参考にさせて頂いたサイト】
【2012年夏ドラマ】7月期のドラマ視聴率ランキング
2012年7月の新ドラマ・夏ドラマ情報の一覧まとめ
2012年夏(7月期)の連続ドラマ一覧 新ドラマQ
ドラマ特集 夏号 - Yahoo!テレビ.Gガイド
夏ドラマカレンダー webザテレビジョン

     

新装版 浪花少年探偵団 (講談社文庫) 東野 圭吾 (著)
トッカン―特別国税徴収官― (ハヤカワ文庫JA) 高殿 円 (著)
犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫) [文庫] 東野 圭吾 (著)
怪しい人びと (光文社文庫) 東野 圭吾 (著)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3704/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/278008532.html でも、受け付けております。


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR