●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

謎解きはディナーのあとで (第7話 11/29) 感想

10/18からフジで始まったドラマ『謎解きはディナーのあとで』公式)の第7話『殺しの際は帽子をお忘れなく』の感想。尚、東川篤哉氏の原作は未読

「そもそも…」なんて言いたくないが…

もう第7話にして、そもそも論など言いたくないが、やはり気になる点が幾つか。帽子屋・藤咲(田山涼成)の登場で麗子(北川景子)の富豪ぶりがきちんと描かれたのは良かったが、なぜ藤崎が今回一度きりなのか。
そもそも麗子のお嬢様ぶりは執事の影山(櫻井翔)からしか漂わないのが良くない。もっと洋服屋や百貨店の外商とかチラッと見せれば良いし、藤崎だって連続ドラマらしく過去に登場させれば良かったのに残念。

もう一つ「そもそも」を…

麗子がぎっくり腰で缶詰状況になったことで、影山が推理をすることに違和感が無くなったのは良かった。また、映像を記録するなんてくだりも、富豪ぶりにはピッタリ。ただ、この方法が選択肢にあるなら、そもそも毎回記録しておけば良いってだけ(笑)
それと、麗子が富豪の家の娘なのは散々説明されていても、「お嬢様」らしさが殆ど見えてこない。まっ、今更だが…


今回は、本作を順序を変えて『HUNTER―その女たち、賞金稼ぎ―』のあとに観ました。すると、本作の方が遥かに作者の伝えたい部分が明確なのがわかりました。それは賞金稼ぎのお話なのに賞金稼ぎをしないドラマより、執事が一方的でもタイトル通り謎解きをするドラマの方が面白いと言うことです。

更に。私は15分延長の意味すら感じませんでしたが、物語としてはなかなか筋道もきちんとしていましたし、ゲストの田山さんも有効活用されており、悪く無かったです。来週もこの位の完成度は確保して欲しいと思います。だって、仕上がりの差がありすぎます(苦笑)


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

謎解きはディナーのあとで [単行本] 東川 篤哉 (著)
特上カバチ!! DVD-BOX 櫻井翔, 堀北真希 (出演)
フジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」オリジナルサウンドトラック
名探偵コナン ド 工藤新一への挑戦状 ~怪鳥伝説の謎~ (初回限定盤) [DVD] 溝端淳平 , 忽那汐里 (出演)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3209/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/237837570.html でも、受け付けております。

映画「アーサー・クリスマスの大冒険(3D・日本語吹替え版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

アーサー・クリスマスの大冒険(3D・日本語吹替え版)

映画『アーサー・クリスマスの大冒険(3D・日本語吹替え版)』公式)を本日TOHOシネマイレージデイにて劇場鑑賞。キャパ219名にたった3名、それも全員オジサン(笑)。

採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。★3つと迷いましたが、後味が良かったので★4つにしました。

ざっくりストーリー

サンタクロースと彼の優秀な息子スティーヴは、北極の氷の下にある超ハイテク基地で、100万人の妖精たちと超ハイテク巨大“そり”を使って、世界中の子供たちにクリスマスのプレゼントを送り届けている。
しかし、何らかのミスで600万人の子供たちの内で、たった1人にプレゼントを配達できなかったことに気付く。そして、2人は「たった1人ならしょうがない」と配達を諦めてしまう。
しかし、末っ子のアーサーは諦めなかった。世界中の子供たちから届く熱意のこもったプレゼントのリクエストを整理し返事を書く“手紙係”のアーサーには「たった1人」と無視することなんてできないのだ。プレゼントを持ってアーサーの冒険が始まる…

「サンタってこうやって一晩で配達するんだ」と妙に納得…

「サンタクロースってどうやって一晩で世界中の子供たちにクリスマスプレゼントを配達するんだろう?」って誰でも一度は考えたことがあると思う。本作は、その疑問にキッチリ答えてくれる。
それも今風な超ハイテクな巨大宅配便システムみたいなオペレーションで。これが妙に説得力があって、こんな偏屈な私でも後味スッキリと納得できてしまった。
現代風なパステル調のグラデーションが素晴らしい3Dアニメーションもさることながら、やはり物語が秀逸だ。特に古典的なサンタクロースの伝説とスピーディーなハイテク配達が織り成す、ある意味で「サンタ一家の世襲秘話」を見事にテンポ良く見せてくれる。
誰にもおススメできると言う意味では、久し振りの良作だと思う。


「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

[映画「アーサー・クリスマスの大冒険(3D・日本語吹替え版)」 感想と採点 ※ネタバレあります]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR