Q10(キュート) (第3話 10/30) 感想

10/16から日テレで始まった『Q10(キュート)』公式)の第3話 『私はブスじゃない! 文化祭でおきた奇跡とQ10の正体』の感想。

面白いだけに、もったいない!

先週でリタイアしそうだったが、何となく気になるのがロボット・ドラマ。期待しなかった分、より面白く感じた。第2話の感想で書いた通り、“毎週テーマで括って、主人公が成長していくのは面白い! ”も何とか保ってるし、テーマ自体も何気に“深イイ話”として成立してるし。ただ、面白いし、若い俳優さんたちの演技もなかなか良いだけにもったいないと思う部分が目立つ…

“深イイ話”を詰め込み過ぎ!

“学園ドラマ+ロボット”が本作の特徴であり面白い部分。しかし、どちらも平等に(平均的に)描こうとしているように思う。そのため、各生徒たちのエピソードもそれぞれ面白いし泣けるし、それなりに良く出来てる。Q10のくだりも、相変わらず昭和の人が考えるレトロチックな設定だが、かわいいロボットに描かれつつある。
しかし、やはり詰め込み過ぎ。あれこれ描きたいのはわかるが、プロなら足し算でなく引き算で物事を考えるべき。もっと整理整頓するなり、週毎に分けるなり考えないから…

やや“主人公不在”感が漂う…

肝心の主人公・平太(佐藤健)とQ10(前田敦子)のやりとりが希薄になっている。それを察してか、ドラマ冒頭と最後に平太のモノローグ(独白)でテーマを長々語るという演出は手抜きと言われても仕方が無い手法。
それを映像で見せてこそドラマ。読み聞かせじゃないんだから、エピソードを削ってでも、視覚化すべきだと思うし、その方が面白いはず。

誰に向かって作ってるのか?現役高校生はどう観てるのか?

妙に物分りのいい教師たち、個性的で奇抜な生徒たちが多い私立鹿浜橋高等学校なのに、毎回問題はうま~く解決。また、民子(蓮佛美沙子)がヒッピーみたいにギターを担いで路地を歩いたり、恵美子(高畑充希)が♪風を歌ったり。何となく団塊の世代を意識したような演出。
それに、各登場人物たちを見て、40歳過ぎのおじさんには、「戻れない高校時代」にキュンとしたりするわけで、そのあたりを含めて、現役高校生はどう感じているのかなと思ったり…


出演者たちは売れっ子アイドルばかりなのに、昭和や団塊の世代への応援歌的な部分も見え隠れすると言う、チグハグ感が漂います。その辺が好き嫌いの分かれ目なんでしょうかね。とにかく、もう少し引き算して交通整理すれば、もっと面白くなると思っちゃいます。

特殊メイクで遊ぶシーンにキュンときちゃいました。私、高校時代にやってましたから。
8ミリフィルムでホラー映画を作った時、撮影で使った粘土で作った血まみれの生首を紙袋に入れて、終電の日比谷線に乗りました。
すると、突然に紙袋が破け、生首がゴロゴロと…。当然乗客は悲鳴を上げたので、急いで生首を持って次の駅で降りたら、家に帰れなかったってことを思い出しました(笑)


【これまでの感想】
第1話 第2話

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

ウエストワールド [DVD] ユル・ブリンナー (出演)
ウォーリー WALL・E[Blu-ray]
ショート・サーキット [DVD]
アンドリューNDR114 [DVD]
スポンサーサイト

[Q10(キュート) (第3話 10/30) 感想]の続きを読む

野沢那智さん死去

アラン・ドロンさん吹き替え、野沢那智さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101030-00000608-yom-ent
アラン・ドロンの声の吹き替えなどで知られた、俳優で声優の野沢那智(のざわ・なち、本名・やすとも)さんが、30日午後3時36分、肺がんのため亡くなった。72歳だった。告別式は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。喪主は長男、聡(そう)さん。
 東京都出身。1962年、劇団薔薇座を結成。演出家として、芸術祭賞を受賞した「スイート・チャリティー」など多くの舞台を手掛けた。
 60年代から、テレビのアニメや洋画の吹き替えで活躍。アラン・ドロンのほか、ブルース・ウィリス、アル・パチーノら、二枚目から個性派まで幅広い役柄の吹き替えをこなした。アニメでは、「新エースをねらえ!」「スペースコブラ」などに出演した。

パックインミュージック

野沢那智さんが肺がんで亡くなった。72歳だった。野沢さんと言えば、吹き替えも有名だが、私はそれ以前に『パックインミュージック』が最初に思い出される。1967年から15年間続いて長寿ラジオ番組だ。白石冬美さんと「ナッチャコ」と呼ばれれて大人気だった。今の思うとラジオ全盛期の良い時代だった。

ブルース・ウィリスとクリント・イーストウッド

やはりブルース・ウィリスの吹き替えが忘れられない。あの自由なアドリブを巧みに生かしたコミカルな役作りは名人芸。二枚目なら山田康雄さん亡き後のクリント・イーストウッドも吹き替えしていた。山田さんのイーストウッドとは一味違うあの声を思い出す。


だいぶ前に、あるナレーションをお願いしたところ、「今は演出業に専念してる」とのお話でした。ご自身で劇団のプロデュースや演出をされていたようです。もっと、あの声を聴きたいと思いますが…
ご冥福をお祈りいたします…

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む

   



KENJI TOK=加古隆
ルパン暗殺指令 ― ルパン三世 TVスペシャル第5弾 [DVD]
新・エースをねらえ! DVD-BOX
劇場版 エースをねらえ! [Blu-ray]

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR