相撲協会もマスコミも文科省も"ごっつぁん体質"

川端文科相、相撲協会役員の総替え要求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000022-dal-spo 川端達夫文部科学相は29日の会見で、日本相撲協会が野球賭博に関与した力士らに対する特別調査委員会の処分勧告受け入れと、名古屋場所開催(7月11日初日・愛知県体育館)を決めたことを受け、場所開催を了承。役員体制を総替えし、新体制で名古屋場所で取り組むように要望した。また、協会の出羽海理事らはこの日、文科省を訪れ、前日の臨時理事会について、鈴木寛副大臣へ報告。鈴木副大臣は9月末に予定されている外部による改革委員会を前倒して新設するなど、改革へのスピードアップを求めた。
そもそも相撲協会は、ごっつぁん体質だ 「ごっつぁん」と言う「いただきます」や「お願いします」の意味の相撲業界用語があるくらいだから、いろんなものを貰うのは日常的なのだろう。 だから、28日に開催された日本相撲協会臨時理事会の結果会見での、あの偉そうな武蔵川理事長と特別調査委員会の伊藤滋座長の態度の場違いさに気づかないのだろう。とにかく、ごっつぁん体質を見直さない限り、自浄作用は無限に働かないと思う。 マスコミもごっつぁん体質丸出し 今回もマスコミ報道は煽るは落とすはのやりたい放題。「相撲協会には自浄能力が無い」とか「NHKは名古屋場所を中継すべきでない」とか言いたい放題。しかし、日常茶飯事のテロップミスを始め、やらせ演出や偏向報道に対して、どれだけの自浄能力があると言うのだ。 今日昼のテレ朝『ワイド!スクランブル』も酷かった。これまで散々ボロクソ扱いしてた大嶽親方を単独取材して、鼻水を垂らし泣きながら「琴光喜関は私をかばっただけ。なんとか将来をつぶさないで」と訴える大嶽親方を繰り返し流していた。更に、入門当時から大嶽親方(当時の貴闘力)の面倒をみてきたスタジオゲストの花田憲子さんに対し、「育て方を間違えたと思いますか?」と的外れな質問。新聞記事を読むだけで時間つぶしして番組にしたり、ごっちぁん体質丸出し。 最もごっつぁん体質なのは文科省官僚 想像するに、今まで文科省は相撲協会に物言いがしにくかったのだと思う。いくら官僚と言えども、あの裏社会と相撲協会に介入できずにいたはず。数年前の"しごき殺人"や"薬物汚染"に続いての"野球賭博"だから、本来は監督官庁の文科省に突っ込みの矛先が向くべきなのに、相撲協会の酷い体質とマスコミの偏向報道の影にうまく隠れ、「これからは監督官庁として厳しく指導します」と偉そうに。 文科省官僚こそ、負けず劣らずのごっつぁん体質だ。文科省には、相撲協会への指導不足の責任問題を明らかにし、今後どう指導し公益法人格をどうするのか明確に説明することを求めたい。 それにしても、この状況で名古屋場所開催を決定したのに比べると、朝青龍への対応(仕打ち)は厳しすぎるような気がするんだが・・・ 【修正 2010-06-30 22:32】記事中の「文部省」を「文科省」へ修正しました。
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む     プロ野球「カネとタブー」[文庫]別冊宝島編集部 大相撲の経済学 [単行本] 中島 隆信 (著) 大相撲タブー事件史 (別冊宝島 1509 ノンフィクション) 大相撲大変 [新書] 松田 忠徳 (著)
スポンサーサイト

[相撲協会もマスコミも文科省も"ごっつぁん体質"]の続きを読む

岐阜県可児市の中学の事件と、その事件報道を考える

中1女子の裸撮影、メール送信=上級生5人がいじめ―岐阜・可児
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000047-jij-soci 岐阜県可児市の市立中学校で、1年の女子生徒(12)が2年の生徒5人からいじめを受け、裸の映像を携帯電話のカメラで撮影された上、十数人の生徒にメール送信されていたことが29日、分かった。中学の校長は同日記者会見し、いじめ行為があったことを認め、「事前に察知できず申し訳ない」と謝罪した。 同校によると、いじめは5月から今月にかけ、計5回あったという。中2の女子4人と男子1人の5人が女子生徒をスーパーの駐輪場や自宅に呼び出し、下着を脱がせた姿を携帯電話のカメラで撮影。5人を含む同校の生徒十数人にメールで送信するなどした。 同校は21日に女子生徒から相談を受け、調べたところ、5人とその両親がいじめを認め、女子生徒に謝罪の意思を示したという。同校はメールを受信した生徒らに動画をすべて削除させたとしている。
梅雨でジメジメして気分悪いのに、更にイヤぁな気分にさせるニュースが飛び込んできました。幾つか気になるので、忘備録的に書いてみます。 学校や教育委員会の謝罪会見に違和感 この手の学校でのいじめ報道では、学校と教育委員会の謝罪会見が定番化している。確かに「いじめの信号は必ずある。見逃すな」と教育評論家は言うが、そんな簡単に学校側がいじめを発見できるだろうか。これは後に触れる報道の問題と関連するが、どうも本末転倒しているような気がする。 世の中の風潮が「学校は謝罪すべき」みたいなになってる。しかし、謝罪すべきは、保護者=親である。学校や教育委員会が世間体のために会見するならば、どうしたらいじめが無くなるかをもっと真剣に考える必要が高まったと会見すべきだと思うが。 子供たちへの悲しみと、親たちへの憤り このニュースを見て、最初に感じたのは、「愚かな行為に走った子供たちへの悲しみ」「学校から言われて謝罪したと言う保護者たちへの憤り」。 中2の女子4人と男子1人が、1人の中1女子の裸の動画を撮り、十数名にメール送信したなんて、どんな理由あろうと冗談で済ませられるレベルじゃない。そんなことを学校や校外で簡単にやっちゃう子供たちが存在するって事の悲しみ。 そして、その子どもたちを生み育てた親たちへの苛立ち。もちろん、親だって完璧じゃない。でも、事実が確認されたのなら、何はさておいても自分の息子やバカ娘と一緒に、被害者へ謝罪すべきでないのか。 こちらの報道によれば、学校側から面会の場を提供して、謝罪に行ったとあるが。 "いじめ"と"強制わいせつ"をきっちり区別しない報道に違和感 どうやら少年法と言う時代遅れの法律で、14歳未満の少年の刑事責任は問われないため実質無罪だそうだ。しかし、市民感覚としてはこれは"いじめ"を超えた"強制わいせつ罪"ではないだろうか。 最近の報道では、"被害者の人権"よりも"加害者の人権"が過剰に重視される事が多い。あとで事実がひっくり返ったりした時を恐れているのか、加害者の立場も尊重する方がインテリっぽく見えるからなのか。そろそろ、報道機関も本腰を入れて、少年犯罪の取り扱いを考える時期に来てると思う。 真剣に少年法を考え直すべき 本件では、スーパーの駐輪場でも動画撮影が行われたと言う。目撃者は本当に居ないのだろうか。学校内や自宅や公共施設で、このような卑劣な行為が行われる度にこう思う。 大人や子供に限らず、他人に無関心を装い、無責任を貫き、自己主張のみするのなら、もはや性善説に基づいてなんて悠長なことを言わずに、少年法を改正して、少年犯罪の抑止力を高める必要があると。 もちろん、私も偉そうなことを言える程、立派な人間ではないのですが、このニュースを見たら今の気持ちを書き残しておこうと思ったので・・・。そして、映画『告白』の公開について改めて考えました。 【当blog内関連記事】映画「告白」感想と採点 ※ネタバレあります
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む     少年法の理念 (単行本) 少年事件 心は裁判でどう扱われるか―弁護士と児童精神科医の対話― (単行本) 死刑でいいです --- 孤立が生んだ二つの殺人 (単行本) 告白 (単行本)

[岐阜県可児市の中学の事件と、その事件報道を考える]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR