西寺実 Presents HARDなYAON 2009 、に行ってきた

2009/04/29に日比谷野外音楽堂での『西寺実 Presents HARDなYAON 2009』に行ってきた。 説明するまでも無いですが、今年アルバムデビューした、日本を代表する3大ハードロックバンドのVocal3人、EARTHSHAKER 西田昌史・SHOW-YA 寺田恵子・LOUDNESS 仁井原実によるスペシャルユニットが「西寺実(にしでらみのる)」。昨夜はそのイベント。当日の参加メンバーは公式サイトで。 春の暖かな日差しの日比谷公園に昼間からリハの音がガンガン漏れ、人生の大先輩方が「?」を頂きながら野音の前を通過すると言った微笑ましい雰囲気に「日本のロックも定着したなぁ」なんて妙に納得したりして。 詳しいセットリストは省略しますが、オープニングアクトの『lay(公式blog)』さんも爽やかな歌声が春の陽気に合ってたし、若手の『SCREW(公式サイト)も『sug(公式サイト)』も個性的で良かった。観客がいつもと違う彼らも演奏し辛いだろうが、おじさんも結構大変だよ。でもこう言う機会で知ることができ、CDとか買うこともあるからお互い貴重だね。なんとピックを貰った。こう言うことは年齢に関係なくワクワクします! さて、お目当ての山本恭司さんですが、まあ3時間出てきません。そして、やっと登場したら機材トラブルで音が出ず。WILD FLAGで3daysの後で機材も疲れちゃったのかな?結局悪さをしていたらしいチューナーを外して演奏開始。こんなことで慌てる恭司さんやローディーさんでは無いのだ。 開演までのBGMではVOWWOWがかかったりしていましたが、本番ではBOWWOW関係は『HEARTS ON FIRE』1曲のみ。ツインギターの相手は仁井原さんのサポートなんかやってる田川ヒロアキ(公式サイト)さん。盲目とか弾き方とかそう言う次元じゃなくて彼のリズム感溢れる個性的な演奏は素晴らしかった。もちろん、恭司さんが弾けばステージ全体がBOWWOWワールドになってました。 それにしても、EARTHSHAKERSHOW-YALOUDNESSXYZ→A等々、殆ど立ちっぱなし、歌いっぱなしの4時間。足も声も耳も疲れたけれど、貴重な体験ができました。それと、ずっと目前で演奏していたSHOW-YAのBASS:仙波さとみさんに見とれちゃいました(笑)勿論、寺田さんもオトコから見てもカッコ良かったし。メンバー&スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)    
スポンサーサイト

著作権問題、まずはJASRACを解体したら?

権利者軽視では結論出ない? 著作権制度「大所」からの議論開始 2009/11/26 19:29 INTERNET Watchより一部抜粋
JASRACのいではく氏は、「権利者を尊重すべき」という前提で議論を展開すべきとコメント。また、補償金制度の結論が出ない理由については、「人のものを黙って取ったり使ってはいけないという、人間の基本的なところが尊重されていない」ためと指摘。「無から有を生み出す労力を無視して、利便性を求める議論だけをしても結論は100年たっても出ない」として、権利者側が尊重されていないと批判した。  さらにいで氏は、過去の著作権分科会で主婦連合会常任委員の河村真紀子氏が、「自家用車で聞くために、消費者はもう1枚同じCDを買うのか」と疑問を投げかけたことを取り上げ、「当然だと思う」と説明した。「家にあるコーヒーを車で飲みたければ、持ち出すか外で買えば良いのと同じ。車で聞きたければCDを持って行くか、それがいやならもう1枚買えば良い。CDの自宅内でのコピーは認められてはいるが、コピーを持ち出すのは『基本的に全面OK』ではない。自宅内で使うものは仕方がないから認めるという程度。そういうことがきちんと理解されず、既得権のように当たり前になるのは非常に危険だ。」
JASRACのいではく氏って議論が破綻してますね。私を含め周囲の人たちの感覚とはだいぶずれていると感じます。そう思うのは3点。 1.JASRACはピンはねし過ぎていないか? CD(に限らないが)利用者(ユーザ)は、その楽曲を作ったアーティストやクリエーターたちに、ちゃんと対価を支払おうと言う気持ちはあると思います。ただ、「JASRACと言う組織がピンはねして、きちんとアーティストに支払っていないのでは?」と言う疑念がもう何十年も蔓延していると思う。それが「CDが高い」って議論が続く原因では? 2.コピー用のディスクや機器を販売してるわけだし CDやDVDだってコピー用のディスクやコピー機が普通に売られてる。確かに自身で演奏したり撮影したもののダビング用と言うのが建前でしょうが、映像はともかく自作自演で音楽活動している人なんてどれだけいるのか?売っといて「使うな」はおかしくないですか。しかも、最近は自動車のCDプレーヤーに入れると自動的にHDDに記録して次回から「そのCDは不要です」ってメッセージまで出る時代だって知ってるのか疑問。もう、無意識にコピー好意に加担しちゃうんですよ、現代は。 3.新たにアーティストに効率良く透明に著作権料を支払うシステムを作れないの? これだけITも進んでいるわけだし、JASRACを解体して、新たな課金・集金・配分システムをレコード会社や権利者たちで考えた方が早そう。JASRACありきで問題解決しようとするからこんがらがる、と思う。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)    

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR