映画「秘密」の英語版リメイク「The Secret」予告編映像らしい

今日、久し振りに関東ローカルですが、映画「おくりびと」オスカー受賞記念として、滝田洋二郎監督×ヒロイン広末涼子のコンビ映画「秘密」を放映していました。 そこで、ふと思い出したのが、「確かフランスとアメリカでリメイクするって話があったな?」ってこと。そこで知らべてみると、こんな記事を見つけました。 東野圭吾原作「秘密」フランス版リメイク、予告編 2006/01/10 allcinema headline
東野圭吾の傑作ミステリーを小林薫、広末涼子主演で映画化した「秘密」をフランスでリメイクした「The Secret」の予告編が公開に。主演はデヴィッド・ドゥカヴニーと Olivia Thirlby、監督はヴァンサン・ペレーズ。
そして、更にくぐってみると予告編が見つかったので、リンクを貼っておきます。予告編1予告編2予告編3予告編4です。 更に2007年に『Si j'étais toi (2007) 』と言うタイトルで完成しているような事が、The Internet Movie Database (IMDb)にありました。どうやらDVDもBD盤も既に発売されているようで、アメリカのAmazon.comでは発売済みでしたので、DVDはここ、BDはここから自己責任でご購入ください。 YouTubeにあった予告編を見ても、ミステリーっぽい雰囲気なので、日本のオリジナルとイメージが違うので未公開のままなのか、それとも私の知らないところで既に公開済みなのかわかりません。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)    
スポンサーサイト

[映画「秘密」の英語版リメイク「The Secret」予告編映像らしい]の続きを読む

お茶の間代表が「視聴者は頭の悪い人」とはね

テレビがつまらなくなった理由って?(お茶の間編) 2009/02/26 12:28 / 提供:COBS ONLINE ビジネスコラム
テレビ、なんでつまらなくなっちゃったんでしょうか? 「一言でいえば、テレビの制作者がバカに見せるために番組を作っているからでしょう。だからCM前後に同じ映像を流したり、無意味でだめ押しのようなテロップを入れたりする羽目になるわけです」(今井舞さん) どうすれば番組はもっと面白くなるんでしょうか? 「実際に権限のあるテレビ局の偉い人は、自分の局が放送している番組を見ていないんじゃないでしょうか。だから、もっと自分の番組をちゃんと見て改善しろ! って思います」(同)
当blog『テレビはお茶の間に必要か?』で触れた元記事の続きなので、私も一言。 お茶の間代表としてテレビ批評家・コラムニストの今井舞さんがインタビューを受けています。今井さんって的外れが多いのですが、今回はお茶の間代表なのにお茶の間をバカ呼ばわりして、制作者を擁護してるとは呆れます。 制作現場を見たって、マスコミ就職のセミナーを覗いたって、そして何よりテレビ番組を見れば、制作者の質が下がっているのは歴然です。予算や視聴者のせいにして隠してるつもりになってるだけ。 確かに視聴者全員が賢いとは言いませんが、大衆とはそう言うもので、百歩譲ってバカな視聴者に内容を迎合している時点で既に終わってる話。それに今までテレビ局にとっては顧客はスポンサーだったら、そっちの顔色ばかり見て作ってただけ。それがいきなりお茶の間相手するから、お里がバレるの。 少なくとも去年25周年を迎えても、未だ集客・収益を上げ続ける東京ディズニーリゾートの賢い経営を見習ったほうが良いです。どう言われようと私のようにリピーターがいるんだから。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)    

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR