サザン「真夏の大感謝祭LIVE」DVDの詳細決定!

当blog『「サザンオールスターズ 真夏の大感謝祭 LIVE」 DVDリリース決定! 』でも紹介したDVDの詳細が発表されました。

ライブ最終日(8月24日)の演奏をベースに、全4日間、全カメラ素材からベストショットを追加したオリジナル編集に加え、初日(8月16日)のみ演奏された『せつない胸に風が吹いてた』を含む全47曲収録! 初回盤は、3時間半を超すボリュームのライブの完全パッケージDVD2枚に加え、2時間半にも及ぶ貴重な秘蔵映像やインタビュー映像、30周年記念シングル『I AM YOUR SINGER』のビデオクリップ2バージョンが収録された特典DVDがついた3枚組!サザン史上最長、6時間を超えるフルボリューム作品となります。初回盤はその特典DVDも含め6大特典つき。

初回限定盤は10,500円とちょっと高価ですが、内容を考えるとお買い得ですね。早速予約しなくちゃ。 これと同時に発表されて気になるのが『★オリジナルアルバム全14タイトル“初のリマスタリング盤”12/3(水)発売決定!!』と言うニュース。「真夏の大感謝祭LIVE」で私は買い忘れていたCDアルバムを3枚ほど買い増ししましたが、やはり初期の作品はゲインが低いし、正直言って音は良くないです。そして定価は2,300円。Amazonあたりで1,980円。それが、今夏のリマスタリング盤は2,500円とは。折角発売が決まってたら夏に発表して欲しかったです。もうみんな30年もファンをやってるんですよ。応援団にだってチケットが当たらないのわかっていても入団し続けてるファンも多いはず。そろそろファンを信じて商売して欲しかったです。 と言いつつ、どのリマスタリング盤を買おうか・・・ ※初回盤の金額を訂正しました(2008/11/02 03:16)
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)   
スポンサーサイト

[サザン「真夏の大感謝祭LIVE」DVDの詳細決定!]の続きを読む

エクソシストの監督が怖がるホラー映画ベスト13

ハロウィン前夜、エンターテインメント・ウィークリー誌が、ホラー映画の金字塔とも言うべき「エクソシスト」(73)のウィリアム・フリードキン監督が、「見るたびに悪夢にうなされたような気分になれる」と太鼓判を押したホラー映画13本を紹介している。 フリードキン監督がよく見る悪夢とは、「誰かが自分を殺そうと追いかけてくる」というリアルなものらしいが、それを反映したラインナップになっているようだ。最近のいわゆるホラー映画は面白くないと言うなか、ミヒャエル・ハネケ監督の「ファニーゲーム」とダビッド・モロー&グザビエ・パリュ監督の「THEM/ゼム」というヨーロッパ系の2作品を高く評価している.

そして、以下がその13本。 ▽「サイコ」(60) アルフレッド・ヒッチコック監督 ▽「エイリアン」(79) リドリー・スコット監督 ▽「ローズマリーの赤ちゃん」(68) ロマン・ポランスキー監督 ▽「悪魔のような女」(55) アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督 ▽「鬼婆」(64) 新藤兼人監督 ▽「サスペリア」(77)「サスペリア2/紅い深淵」(75) ダリオ・アルジェント監督 ▽「肉屋」(70) クロード・シャブロル監督 ▽「ファニーゲーム」(97) ミヒャエル・ハネケ監督 ▽「THEM/ゼム」(06) ダビッド・モロー&グザビエ・パリュ監督 ▽「謎の下宿人」(44) ジョン・ブラーム監督 ▽「らせん階段」(46) ロバート・シオドマク監督 ▽「悪魔のいけにえ」(74) トビー・フーパー監督 なかなか鋭いリストですね。私は「謎の下宿人」以外すべて観ています。どれも記憶に残る作品ばかりですが、私には「エイリアン」はSF映画ですけど当時はSFホラー映画と言うジャンル分けがあったような気もします。 「らせん階段」「肉屋」あたりは相当なホラー映画ファンでないとお目にかからない作品ですね。新藤兼人監督の「鬼婆」も渋いです。秋の夜長、久し振りに往年のホラー映画のDVDでも観たくなりました。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)   

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR