ヤンサン休刊で、ドラマや映画の原作は大丈夫か?

小学館(本社・東京)は30日、漫画誌「週刊ヤングサンデー」を、7月31日発売号で休刊すると発表。併せて、女性漫画誌「Judy」も8月発売の10月号で休刊する。読者の志向が雑誌から単行本などに移り、部数が減少したことが主な理由という。(中略) 現在も「Dr.コトー診療所」(山田貴敏)や「クロサギ」(黒丸/原案・夏原武)など映画やドラマ化されたメガヒット作品が連載中だ。livedoorニュース 2008年05月31日08時15分) 以前、黒沢時代劇のリメークは打ち止めが賢明、に共感するでも書きましたが、日本映画やドラマの原作の多くが漫画に頼っているのが現状です。これは残念なことですが、止むを得ない一面もあります。 まず、シナリオ・ライターの質の低下。シナリオ・ライターとは名ばかりで、殆どが(つまらないセリフだけしか書けない)ダイアローグ・ライターだからです。シナリオには「行間」や「ト書き」と言った重要な要素があるにもかかわらず、その部分がおざなりな作品が多いです。 そして、世の中のスピードと不景気も原因です。流行のサイクルが早過ぎてゆっくり企画を温めて作ろうとしても完パケになった時には時代遅れになるケースや、不景気ゆえに大きな冒険が出来ずヒットを確実視できるものしか作れません。そのため有名俳優やタレントのスケジュールを数年前から押さえるので、こちらも完パケが出来た頃にはブームは終わってることも多いです(特に、テレビドラマ原作の映画で)。 そう言う中で、漫画の原作は安定したヒットを生みやすい。まず、ストーリーが多くの人に知られているから宣伝しやい。原作があるからシナリオを書きやすい(と思ってる)。監督やディレクターも原作を参考に出来る(しちゃってる)。こうして日本映画は何とか景気を保ってますが、今回のヤンサン休刊のように「原作の宝庫」としての漫画雑誌がなくなっていくと、テレビ局や映画会社は次にどこへ原作を探しに行くのでしょうね。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)   
スポンサーサイト

「NHKがYouTubeに公式チャンネル」でネットでも受信料か?!

●『NHKがユーチューブに公式チャンネル 藤原紀香やPerfume出演の動画配信』(MSN産経ニュース 2008.5.29 16:36) ●『NHKがYouTubeにチャンネル開設、宣伝動画を試験配信』(INTERNET Watch 2008/05/28 13:59) NHKがYouTubeに「NHKOnline」と言う公式チャンネルを開設。そこでNHK総合で6月6~8日に放映される特別番組「SAVE THE FUTURE」の宣伝動画(各30~120秒)を16本を掲載。藤原紀香や福原愛、Perfumeらのビデオメッセージや、坂本龍一がプロデュースするイメージソングの紹介や、北海道洞爺湖サミット関連の広報動画も見せるらしい。 実際に見てみるとPC画面上では全く高画質ではないし、それ以前に何故著作権を持っているNHKがYouTubeと提携するのか?記事にはNHKが「NHKの番組に関する動画ですので、皆さんが楽しむだけでなく、ご両親やもしかしたらおじいちゃん、おばあちゃんとのコミュニケーションにも役立つかもしれません」とあるが、そもそもYouTubeを利用できるような高齢者はYouTube上で書き込んだりしないでしょ?もっとITを利用しているはず。 また、NHKは公共放送ゆえに宣伝動画にCMを付けての広告収入を得られないけれど、YouTubeからはいくらかの情報提供料なのか、契約金なのか貰えるのだろうか?日本では既にYouTube上に公式チャンネル「スカイパーフェクTV」と「TOKYO MX」があるが、一度放送した普通の番組が多いから当然閲覧回数はそんなにヒットしていないし、これでは費用対効果も薄そう。 となるとYouTubeの「VIDEO ID」との連携で、新たな受信料の徴収方法を模索しているのか?「VIDEO ID」は簡単に言うと「動画に付けるデジタル指紋」みたいなもの(詳しくはここ)で今後デジタル放送化された番組を勝手にネット上で公開しないようにしたり、逆に観た人を特定できたりするもので、現在世界中で話題&問題視されている機能。 近い将来、「お宅はインターネットをご利用ですか?」「インターネットでNHK観てるでしょ?」ってことで受信料を請求されるかも。請求手段を考える前に、払いたくなるような番組を作るべきではないか。
人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉) ※リンク先を一部修正しました。(2008/05/30 10:40)

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR