映画「この世界の片隅に」 [Blu-ray鑑賞] 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「この世界の片隅に」  [Blu-ray鑑賞] 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『この世界の片隅に』公式)を Blu-ray鑑賞。
なお、原作の こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)は未読、2018年7~9月に TBS『日曜劇場』で放送の実写ドラマ版は観賞中(投稿時)。
採点は、★★★★☆☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。




ディレクター目線のざっくりストーリー

昭和19年(1944)、18歳のすずは、突然の縁談で、生まれ故郷の広島市から軍港の町・呉市に嫁いできた。すずの新しい家族は、夫・周作、夫の両親、義姉と姪。すずは、一家の主婦として、貧しい配給生活の中で食事に工夫をしたり、服を縫ったり、大好きな絵を描いたりしながら、日々を生きていた。

昭和20年(1845)、乏しい配給の中で工夫を凝らして食事を作り、衣服を繕ったり、時には大好きな絵を描いたりしながら、日々の生活を積み重ねていった。そんな暮らしを送る中で、日本海軍の根拠地である呉は大空襲に遭い、町は破壊され、すずが大切にしているものが次々と奪われて行く…

戦中は特別でない、1つの時間軸上に存在した継続する時間

日本海軍の根拠地である広島・呉を舞台に、絵を描くのが好きな少女・すずが結婚し、大切なものを失いつつも懸命に生き抜く姿を描いた長編アニメーション映画が『この世界の片隅に』だ。

戦争や広島と聞けば、容易に物語に悲劇が襲い掛かり主人公が追い詰められると想像しがちだが、本作は戦争の悲惨さや怖さや暗さを観客に押し付けない。

終始、本作が徹底して描くのは、主人公・すずの視点を通して、戦中と言う時代が特別なものでなく、戦前も戦後も1つの時間軸上に存在する継続した時間に過ぎないと言う、誰もが決して忘れることも逃げ出すことも出来ない明白な真理だ。

硬軟、強弱のさじ加減が絶妙だから飽きさせない

だが、本作は一切小難しい手法は使わない。おっとりとして明るい性格の主人公は、結婚して主婦になっても絵を描くのが好きで夢見る少女のままだ。でも、主婦としては家族や衣食住をこよなく大切にする真面目さも併せ持つ。

が、買い物に行けば迷子になるし、軍事機密である軍港の風家をスケッチして憲兵に叱られもする。空襲の描写も、恐ろしい非日常が次第に日常になってしまうユーモラスな部分もある。硬軟、強弱のさじ加減が絶妙だから飽きさせない。

すずと周作が思いを通わせ合い、本当の夫婦になる愛の物語

さて。物語は、少女時代のすずに偶然出会って心を奪われた少年の周作が、大人になって彼女を探し出し結婚するのだが、それに気付かないすずが、少しずつ周作との距離を縮めて行く過程が描かれる。そう、本作は、すずと周作が互いの思いを通わせ合って、本当の夫婦になって行く「1組の夫婦の愛の物語」だ。

そんな “すず” たちと同じような市中の一般の人たちの細やかな幸せを、容赦なく破壊するのが戦争に於ける圧倒的な暴力だ。本作は、主人公を中心とした登場人物たちの日常を恐怖心だけでなく可笑しさも合わせて丁寧に優しく描くことで、主人公の心身を傷つけ痛めつけた戦争の非があからさまになった。

アニメーションでしか再現できない特異な世界観を創出

映像的には、水彩画のような柔らかなグラデーションを活かし、輪郭を描かぬことで自然界をほんかとした世界に描いた背景画と、人や物は輪郭を描き、色彩数は限りなく少なくして、背景と人物の描き分けがしっかりしており、アニメーションでしか再現できない特異な世界観を創出した。

また、1シーン1シーンが独立しているにも拘らず、まるで 1枚1枚の連続した紙芝居のような一体感もある。更に、水彩画の紙芝居のような語り口と、主人公の絵心が見事に重なって、正にアニメーションの醍醐味が味わえた。

悲しみや辛さが押し寄せて来るが、鑑賞後には希望が残る

本作の主人公・すずの声を演じたのは、能年玲奈から改名したのん。彼女独特な優しくヌケた声と、いつまでも生き生きと瑞々しい演技が無ければ、本作の完成度はここまで高まったかどうかと思ってしまう程だ。

とにかく、観客は “のん” が演じる “すずさん” と一緒に戦争の時代を生きているような感覚に陥ると思う。そして、悲しみや辛さがこちらに押し寄せて来る。しかし、本作の鑑賞後には希望が残る。それは、本作の中に生きることの喜びや素晴らしさが詰め込まれているから。

7/22に Blu-rayが届いて、毎日観ているが、観る度に、まるで層をめくるように、新たな発見と感動があるアニメーション映画。劇場で観るべきだった…

あとがき

主人公・すずの視点を通して、戦中と言う時代が特別なものでなく、戦前も戦後も1つの時間軸上に存在する継続した時間に過ぎないと言う、誰もが決して忘れることも逃げ出すことも出来ない明白な真理を徹底的に描き込んだことで、私たちが生きる今も戦争と地続きであることを実感出来る作品です。

減点理由は、少し登場人物が多過ぎる点と一部の説明不足、そして中盤までの展開が平坦なこと。

とは言え、全体的には、少女のすずにとっての日常が、結婚と戦争によって非日常になり、それがやがて日常になり、その日常が終わって元の日常に戻って行き、それが現代とも繋がっていると言う “地続きの時間の解釈” が見事な作品でした。未見の方は、是非ご覧になるのをお勧めします。

【追記 2018/07/27 10:35】
2018年12月、新たな場面を約30分付け足した別バージョンが劇場公開されることが決定!
劇場用長編アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公式サイト
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報(YouTube)

『この世界の片隅に』に新場面を追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開が決定 / すずが出会う遊郭の女性リンとの交流を描きます
     https://youpouch.com/2018/07/26/521706/

2018年12月、この作品に新たな場面を約30分付け足した別バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が劇場公開されることが決定! 本日7月26日にサイトがオープンしたほか、YouTubeには特報映像も公開されています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)
この世界の片隅に [Blu-ray]
劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11646/

スポンサーサイト



NHK 広島発ドラマ「火の魚(バリアフリー劇場版)」 [DVD鑑賞] 感想 ※ネタバレあり

NHK 広島発ドラマ「火の魚(バリアフリー劇場版)」 [DVD鑑賞] 感想 ※ネタバレあり
映画 『火の魚(バリアフリー劇場版)』をDVD鑑賞。なお、本作は2009年にNHKで放送された広島発ドラマ『火の魚』の劇場版。
なお、原作の小説・室生犀星「火の魚」は、だいぶ前に既読。 採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。



広島の小さな島から届けられる物語。テーマは「命の輝き」。島に住む老作家・村田省三(原田芳雄)のもとに、原稿を受け取るため東京の出版社から女性編集者・折見とち子(尾野真千子)が通ってくる。小説家と編集者は、年は違うがプロ同士。たがいに一歩も譲らず、丁々発止のバトルが繰り広げられる。あるとき小説の想定を、燃えるような金魚の「魚拓」にしたいと思いついた村田は、折見に魚拓を作ることを命じる。魚拓を取るには、金魚を殺さなければならない。小さな命をめぐって、二人の間にさざ波が立つ。やがて村田は、折見の“秘密”を知ることになる…。
---上記のあらすじは[NHKドラマ]より引用---


原作:室生犀星「火の魚」
脚本:渡辺あや(過去作/メゾン・ド・ヒミコ、カーネーション)
演出:黒崎博(過去作/メイドインジャパン、ひよっこ)

観る人により "別の意味の作品に見える脚本" が素晴らしい

原作である室生犀星の『火の魚』は、だいぶ前に既読。とは言え、原作と実写化ドラマは比較しない立場だから、最初にだけ、原作とドラマ版について触れておく。まず、このドラマ版が原作の設定を巧みに変えて、2つの異なったドラマに見えるように作り込まれているのが素晴らしい。

もちろん、これは私の想像だ。ドラマ版で官能小説家となっているのは、原作者の室生犀星氏本人のことであり、女性編集者となっているのは、のちに著名な装幀(丁)家となる栃折久美子氏のこと。

原作は “生・死・性” をテーマに多くの名著を遺した作家・室生犀星と女性装丁家の室生自身の小説『蜜のあはれ』(1959年)の表紙「金魚の魚拓」の製作を巡る物語だ。しかし、ドラマ版での小説家は落ちぶれたポルノ小説家のイメージとなり、装丁家は若き編集者となった。

そのために、表面的に、特に前半は「歳の差が離れた大人の小さな恋物語」のようにも見える。もちろん、後半を見れば「恋物語」と言う紋切り型で片付けられる話ではない。しかし、ラスト近くで村田から花束を貰った折見との会話を聞くと…

折見「私、今、もてている気分でございます」
村田「強ち、気のせいでもないぞ」

それこそ、本作を「歳の差が離れた大人の小さな恋物語」のように視聴者が捉えても、「強ち、気のせいでもないぞ」と脚本家・渡辺あや氏の許容範囲の広さ、懐の深さを表現しているように見える。なぜ、そう思うのか。それは、本作が「広島発ドラマ」として制作されたから。

一人でも多くの視聴者に広島の良さを知って貰おうと言う意図があると考えれば、深読みしたり、文学的な解釈をせずとも楽しめるドラマの一面を持たせたりと、考える方が自然では無いだろうか。

演出の "ダブルミーニング風な表現" も面白い

さて、本作の演出は黒崎博氏だ。最近では、連続テレビ小説『ひよっこ』であの「奥茨城編」の多くを演出担当したディレクターだ。印象的な演出は幾つもあるが、まず挙げるとすれば、村田が折見のために買ったマグカップの絵柄が「赤い金魚」であることを視聴者に提示するカット。

これが本作を「歳の差が離れた大人の小さな恋物語」と錯覚? させる要因にもなるのだが、あとからこのマグカップを使う折見が描かれることで、若くて “生” を謳歌している(ように見える)折見と、“生と死” の間を彷徨い、もがき苦しむ村田が、一本の糸で結ばれたように見える。このあたりの、ダブルミーニング風な表現は面白い。

ほぼ同じ構図の2カットで、登場人物の心の変化を巧みに表現

また、演出的に印象に残ったカットが2つある。どちらも終盤だ。1つは先に挙げた病院で、村田が折見に花束を渡す少し前のカットで、折見が「先生。死を意識されたことは、おありですか?」と問うカット。画面の上手(右側)が 1/3近く手前の木の幹で覆われて、2人の座る部分が “ほぼ正方形” になっているカット。

以前に投稿した記事『[演出プチ講座] 映像の掟~画面内の人物の位置や視線(目線)の向きには意味がある~』にあるように、工場人物が画面上のどの位置にいるかには、何らかの演出家の意図があるのだ。

しかし、このカットでは、全体的に2人が下手(画面左)に寄っているから、「不安・寂しさ・弱者」を表すのだが、2人がいるのが正方形の真ん中にいることで、それ程に強調されず、むしろ「不安と安心」「寂しさと嬉しさ」「弱者と強者」の中間地点にいるように映る。

これと、ほぼ同じ構図のカットが、3分後の船に乗る村田の後ろ姿で観ることが出来る。この場合は、画面を覆っているのは船の壁のようだが、構図は全く同じ。いや、正確に見ると、このカットの村田は正方形の中でほんの僅かだけ上手(右)に寄っている。

NHK 広島発ドラマ「火の魚(バリアフリー劇場版)」 [DVD鑑賞] 感想 ※ネタバレあり
©TOEI COMPANY,LTD.

と言うことは、「安心・嬉しさ・強者」の側面が強いとなる。実際の台詞でも、明らかに序盤の村田よりも前向き思考になっている。このような演出に気付くと、益々ドラマの楽しみ方が増えやしないだろうか。

折見の魚拓が、村田の "死への偏り" を "生への拘り" へ

前置きが長くなったが、本作が訴えるものは、よくぞ53分で描き切ったものだと言わざるを得ない。先にも書いたように「歳の差が離れた大人の小さな恋物語」のようにも見える。

しかし、本作の根底で脈々と描かれるのは「冥土カフェ」で一見ユーモラスに描かれる村田の「“生” よりも “死” への偏り」であり、折見が自分の病気を隠しながら、文字通りに村田へ体当たりでぶつかって “死への偏り” を “生への拘り” へ変えようとする生きたいと言う力。

だが、なかなか村田に “火” が点かず、結果的に折見の病気のことを知って初めて村田の “生への拘り” に “火” が点くと言う、「死」を覚悟したからこその「生」への素直さやひたむきさ、折見はそれを二度経験したからこその強さがあり、村田は一度経験したにも関わらず日々の生活の中で忘れかけて行く。

それに “火” を付けたのが「魚拓」となった「金魚」だと言うことだ。だから『火の魚』。もちろん、もっともっといろんな意味が含まれているし、私が気付いていない部分もたくさんあると思う。

原作、脚本、演出、俳優のタッグが見事に高次元で融合した秀作

また、間違いなく言えるのは、原田芳雄さんだからこそ若かりし頃の写真など含めて作り込むことが出来た、世間から取り残され島に引き籠った老作家・村田省三であり、初々しくて力強くて可愛らしさのある尾野真千子さんの演技があったから出来た、時間を慈しむように丁寧に生きる女性編者・折見とち子だった思う。

そして、渡辺あや氏の “日常” を丁寧にしっかりと書きながら人間の内面をえぐるような衝撃的で且つ優しさ溢れる脚本と、黒崎博氏の赤色を巧みに使って描いた “生への拘り” や、ひと夏の広島の自然を美しく切り取った映像なども素晴らしかった。見応えのある作品だった。

マイナス理由は、独白の多さと、折見の設定説明のやり方

一応、マイナス点の理由を。1つは、原作者と脚本家の作風なのは十分に理解した上で、映像的なモノローグの多さによる文学作品的な匂いの強さ。やはり、原作を変えたのなら映像勝負で行って欲しかった。

もう1つは、折見の設定にあれこれ背負わせ過ぎたことで、おのずと展開が読めてしまった点。人形劇は出来るは、魚拓は取れるは、絵の才能があるなど。劇中で説明は為されていたが、すれば良いと言うものではない。台詞はあくまでも映像の補助的役割だから。

それなら、例えば、幼少期からから絵を描くのが好きで、その趣味が高じて大人になったら人形劇をボランティアでやっていて、父親譲りの釣り好きと言うのを序盤で映像で見せても良かったと思う。少なくとも絵が上手いのは海辺での海藻で書いた龍で説明したのだから、桟橋とか防波堤で釣り好きも説明できたはず…

あとがき

先週、読者のヒトハタウサコさんから教えて頂いた『火の魚』を、早速Amazonにて購入し見てみました。うん、「渡辺あや×尾野真千子」で『カーネーション』の2年前に、このような秀作が完成していたのですね。

この結果で糸子役が尾野真千子さんになったのかは知りませんが、渡辺あやさんの細かい台詞の言い回しを、尾野真千子さんが上手に具現化されていますね。全編がほぼ原田芳雄さんと尾野真千子さんの2人芝居のドラマですが、映像的にも美しく凝ったカット割りも多くて、見ていて楽しい作品でした。

もちろん「生きる」ことの素晴らしさも再認識させられました。教えて頂き、ありがとうございました。もし、未見の方は是非ともご覧になってみて下さい。(無料や有料の)動画配信サービスでは提供されていないようですが、DVD購入でご覧になれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
劇場版 火の魚【DVD】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11555/


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR